カンポット (飲料)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カンポット
Peach kompot.JPG
伝統的なブルガリアのカンポット
種類 飲み物
発祥地 ヨーロッパ(特にスラブの国)
提供時温度 冷、温、室温
主な材料 様々な果物
派生料理 Uzvar
テンプレートを表示

カンポット(Kompot)はスラブ生まれのノンアルコールの甘い飲み物[1]。伝統や季節に応じてあたたかいものと冷たいものがある。イチゴアプリコットモモリンゴルバーブグースベリーサワーチェリーなどの果物を、多量の水と時に追加の甘味料として砂糖レーズンと一緒に調理して作られる。バニラシナモンのようなスパイスを香りを足すために加えることがあり、特に冬は普通あたたかい状態で出される。

カンポット[編集]

カンポットは中央、東、南東および北ヨーロッパにある多くの国の食文化の一部である(アルバニアアルメニアアゼルバイジャンベラルーシチェコウクライナロシアポーランドブルガリアボスニア・ヘルツェゴビナリトアニアラトビアフィンランドエストニア、ハンガリー、イランスロベニアクロアチアマケドニアセルビアモンテネグロスロバキアモルドバタジキスタントルコオーストリアルーマニア)。中央、東ヨーロッパ諸国で冬季に果物を保存するための方法として広く利用されていた。1885年、Lucyna Ćwierczakiewiczowaはレシピ帳にカンポットで保存した果物が新鮮に見えると書いている[2]。1970年代までは一般的であったが、多くの中央アジアの国(ウズベキスタン、キルギス)やポーランド、ハンガリー、スロバキア、ルーマニアや他の東欧諸国(ブルガリア、ベラルーシ、ウクライナ、ロシア)では今でも一般的なものである。多くのレシピをポーランドのレシピ本Kuchnia Polskaで見ることができる[3]

カンポットの消費は1980年代から減少している。中央、東ヨーロッパの多くの国で配給が終了すると、フルーツジュース、ソフトドリンク、ミネラルウォーターにとって替わられた[4]

Uzvar[編集]

Uzvarは乾燥果物から作られた同じような飲み物であり、ハチミツや砂糖で甘くした果実が使われることも時々ある。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.thekitchn.com/kompot-the-fruit-punch-of-eastern-europe-175659
  2. ^ Lucyna Ćwierczakiewiczowa, Jedyne praktyczne przepisy konfitur, różnych marynat, wędlin, wódek, likierów, win owocowych, miodów oraz ciast
  3. ^ Berger, Stanisław (2005) (Polish). Kuchnia Polska (XLVII ed.). Warszawa: Państwowe Wydawnictwo Ekonomiczne, then rebranded into Polskie Wydawnictwo Ekonomiczne. ISBN 83-208-1556-8. http://www.pwe.com.pl/kulinaria/kuchnia_polska_pwe,p336582053. 
  4. ^ Viviane Bourdon, Savoureuse Pologne, 160 recettes culinaires et leur histoire, Paris, La Librairie polonaise, les éditions Noir sur Blanc, 2006

関連項目[編集]