カーウェンズベイバルブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
カーウェンズベイバルブ
品種 バルブ種
性別
毛色 鹿毛
生誕 1690年ごろ(1681、1687年説あり)
死没 1728年?(38歳没)
不明
不明
生国 アフリカ周辺?
生産 不明
馬主 ヘンリー・カーウェン
→チャールズ・ペルハム
競走成績
生涯成績 不出走
テンプレートを表示

カーウェンズ・ベイ・バルブCurwen's Bay Barb、別名ペルハムズ・ベイ・バルブ Pelham's Bay Barb)は、サラブレッドの始祖の一頭で、1698年ごろイギリスに輸入されたバルブ種牡馬である。サラブレッドに対する遺伝的影響は4.2パーセント(異説によると5.6パーセント)であるが、この数値はRuby mareと並び、すべての基礎繁殖馬群のなかでGodolphin ArabianDarley Arabianに次ぐ高い影響力を持つ。

その生涯は極めて不明瞭であり、Taffolet Barbやthe Lowther Bay Barbと同一馬であるとも言われる。もともとはモロッコ王イシマエルからフランス王ルイ14世へ贈られたものだったが、ヘンリー・カーウェンがイギリスへ送ったものという。交配相手は限られていたが、Mixbury Galloway、Hip、Creeping Molly、Monkey、Brocklesby Betty(23号族基礎)などを出した。このほかにも9号族や、12号族18号族の基礎牝馬となったものがおり、Partner(母父)、Crab(母母父)、Herod(4代前)、Matchem(4代前)の血統中にも見つけることができる。また、別の始祖、Alcock Arabianの実父という説もある。

参考文献[編集]

  • Weatherby and Sons, An Introduction to a General Stud Book, 1791, p. 205.
  • Cunningham, E.P., Dooley, J.J., Splan, R.K., Bradley, D.G. (2001). “Microsatellite diversity, pedigree relatedness and the contributions of founder lineages to thoroughbred horses”. Animal Genetics 32: 360-4. PMID 11736806.