カーター・キーブーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カーター・キーブーム
Carter Kieboom
ワシントン・ナショナルズ #8
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州コブ郡マリエッタ
生年月日 (1997-09-03) 1997年9月3日(21歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2016年 MLBドラフト1巡目追補
初出場 2019年4月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

カーター・アルスウィン・キーブームCarter Alswinn Kieboom, 1997年9月3日 - )は、 アメリカ合衆国ジョージア州コブ郡マリエッタ出身のプロ野球選手遊撃手)。右投右打。MLBワシントン・ナショナルズ所属。

6歳年上の兄に同じくプロ野球選手のスペンサー・キーブームがいる[1]

経歴[編集]

ナショナルズ時代[編集]

2016年MLBドラフト1巡目追補(全体28位)でワシントン・ナショナルズから指名され[2]、プロ入り。なお、契約しない場合はクレムゾン大学へ進学の予定であった[3]。契約後、傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ナショナルズでプロデビュー。36試合に出場して打率.244、4本塁打、25打点、1盗塁を記録した。

2017年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ナショナルズ、A-級オーバーン・ダブルデイズ、A級ヘイガーズタウン・サンズ英語版でプレーし、3球団合計で61試合に出場して打率.297、9本塁打、35打点、3盗塁を記録した。

2018年は開幕をA+級ポトマック・ナショナルズで迎え、カロライナリーグのオールスターに選出された[4]。6月にはAA級ハリスバーグ・セネターズへ昇格した。7月にはオールスター・フューチャーズゲームのアメリカ合衆国選抜に選出された[5]

2019年はスプリングトレーニングに参加し、25試合で打率.279、3本塁打、OPS.911と上々のパフォーマンスを見せたが、チーム事情によりAAA級フレズノ・グリズリーズで開幕を迎えた。AAA級フレズノでは18試合に出場して打率.379・3本塁打・OPS1.142の好成績をマークした。正遊撃手のトレイ・ターナーが怪我で離脱したこともあり、4月26日にメジャー昇格を果たした[6]。同日のサンディエゴ・パドレス戦でメジャーデビューすると、8回裏の第3打席に初ヒットにして初本塁打となるソロホームランを放った[7]。しかしその後は結果を残せず、5月8日にマイナーに降格した[8]。それでも2年連続でオールスター・フューチャーズゲームに出場した[9]

プレースタイル[編集]

打撃力が売りで、将来はメジャーでも中軸を打てるという評もある。一方、遊撃守備は敏捷さに欠け、二塁手への転向が濃厚と言われている。野球IQの高さも魅力である[10]

詳細情報[編集]

記録[編集]

MiLB

背番号[編集]

  • 8(2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ “NHSI: Walton (Ga.) infielder Carter Kieboom shows he's willing to wait for his opportunity”. USA Today High School Sports.com. (2016年3月24日). https://usatodayhss.com/2016/nhsi-walton-ga-infielder-carter-kieboom-shows-hes-willing-to-wait-for-his-opportunity 2018年8月17日閲覧。 
  2. ^ Bill Ladson (2016年6月10日). “Shortstop Kieboom is Nats' first pick in Draft” (英語). MLB.com. 2018年8月17日閲覧。
  3. ^ Chelsea Janes (2016年6月13日). “Nationals come to terms with first-round pick Carter Kieboom” (英語). The Washington Post. 2018年8月17日閲覧。
  4. ^ Potomac nets six players on Carolina League All-Star squad”. MASNsports. 2019年2月14日閲覧。
  5. ^ Jim Callis (2018年7月6日). “Futures Game rosters packed with prospects” (英語). MLB.com. 2018年8月17日閲覧。
  6. ^ We've selected the contract of INF Carter Kieboom.”. @Nationals. 2019年4月26日閲覧。
  7. ^ Kieboom homers for first career hit”. MLB.com. 2019年4月27日閲覧。
  8. ^ Nats activate Rendon, ship Kieboom to minors”. ESPN.com. 2019年5月7日閲覧。
  9. ^ Nats' Carter Kieboom shines in Futures Game”. MLB.com. 2019年7月8日閲覧。
  10. ^ 「2018 - 2022 全30球団未来予想図 ワシントン・ナショナルズ」『月刊スラッガー』2018年3月号 日本スポーツ企画出版社 61頁

関連項目[編集]