カーテンウォール施工技能士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
カーテンウォール施工技能士
実施国 日本の旗 日本
資格種類 国家資格
分野 工業
試験形式 学科及び実技
認定団体 厚生労働省
等級・称号 1級-2級・カーテンウォール施工技能士
根拠法令 職業能力開発促進法
公式サイト http://www.javada.or.jp/
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示


カーテンウォール施工技能士(カーテンウォールせこうぎのうし)とは、国家資格である技能検定制度の一種で、都道府県知事(問題作成等は中央職業能力開発協会、試験の実施等は都道府県職業能力開発協会)が実施する、カーテンウォール施工に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。 なお、職業能力開発促進法により、カーテンウォール施工技能士資格を持っていないものがカーテンウォール施工技能士と称することは禁じられている。また、資格を表記する際には「1級カーテンウォール施工技能士」、「2級カーテンウォール施工技能士」のように等級を明示する必要がある。等級の非表示、等級表示位置の誤り、職種名の省略表示などは不可である。

カーテンウォール施工技能士は、職業訓練指導員 (サッシ・ガラス施工科)の試験の一部(二級は実技試験のみ、一級は実技試験と、学科試験のうち関連学科)が免除される。[1]

級別[編集]

1級、2級の別がある。

実技作業試験内容(金属製カーテンウォール工事作業)[編集]

  • 1級
    • 要素試験:写真、図面、実物材料等により、吊込み方法等の判定、ファスナー取付けの判定、取付け方式の判定、打込みアンカーの判定、アンカー納まりの判定、取付け墨の判定等について行う。試験時間=27分
    • ペーパーテスト:図面によりカーテンウォールの施工手順、施工方法、人員計画等について行う。試験時間=2時間
  • 2級
    • 要素試験:写真、図面等により、ファスナー取付けの判定、取付け方式の判定、打込みアンカーの判定、アンカー納まりの判定、附属部材の納まりの判定、吊込み方法の判定等について行う。試験時間=18分
    • ペーパーテスト:図面によりカーテンウォールの施工手順、施工方法、人員計画等について行う。試験時間=2時間

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宮城県 免除範囲の早見表