カーディフ中央駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カーディフ中央駅
英語: Cardiff Central railway station
Cardiff Central station (26526139271).jpg
1930年代に建造されたカーディフ中央駅(北口)
所在地
場所 イギリスウェールズカーディフ
座標 北緯51度28分32秒 西経3度10分41秒 / 北緯51.4755度 西経3.1780度 / 51.4755; -3.1780座標: 北緯51度28分32秒 西経3度10分41秒 / 北緯51.4755度 西経3.1780度 / 51.4755; -3.1780
運営
管理会社 ウェールズ鉄道交通サービス英語版
年間乗降員数
2017/18 増加12.952百万人
– 乗換客 増加 1.949百万人
歴史
1850年6月19日 カーディフ駅として開業
1896年 カーディフ・ゼネラル駅に改名
1924年 拡張
1931-34年 改築(北口のほぼ現在の姿)
1940年 カーデイフ・リバーサイド駅を併合
1973年 カーディフ中央駅に改名
2015年 改築(南口の現在の姿)
* カーディフ中央駅の乗降員数はOffice of Rail Regulation statisticsで公開されている切符の年間売上枚数に基づいている。補足:集計方法は年によって異なる場合あり。

カーディフ中央駅ウェールズ語: Caerdydd Canolog英語: Cardiff Central railway station、以前は「カーディフ一・ゼネラル駅」と呼ばれていた)はウェールズの首都における主要駅であり、サウス・ウェールズ本線英語版におけるカーディフの主要駅であり、カーディフ都市部にある2つの主要駅のうち1つである。

カーディフ中央駅はウェールズで最大かつ最も忙しい駅である。カーディフの中心地と言える場所がカーディフ中央駅の前にある。この駅は第二級イギリス指定建造物として登録されている。

駅の施設[編集]

カーディフ中央駅の配置

駅には2つの入り口がある。北のメインエントランスはメインコンコースに通じており、セントラルスクウェアに面している。ミレニアムスタジアム、スタジアムハウス、サウスゲートハウスの3つの主要なランドマークがここから見える[1]

南側の入り口は、Tresillian Wayに繋がっており、駅前248台分の有料駐車場がある。

チケットデスクと自動販売機、ATM、インフォメーションデスク、出発と到着を示す電光掲示板、公衆電話、新聞販売店、食料品店など、施設の大部分はメインコンコースにある。駅にはウェールズで唯一のファーストクラスの待合室がある[2][3][4]

英国交通警察は、カーディフ中央駅に駐留している[5]

プラットホーム[編集]

1930年代に設置された、ホームを案内する標識。現存しない5番線が示されている。

カーディフ中央駅には8つのプラットホームがあり、北から順に、0、1、2、3a / b、4a / b、6、7、8の番号が付けられている。

2番線と3番線の間には、プラットホームが無い通過線が2本存在する。ただし、カーディフ中央駅を経由する定期旅客列車全列車が当駅に停車する。

3番線及び4番線は「A」と「B」セクションに分かれており、2つのローカル列車または9両編成のイギリス鉄道800形列車が入線できる。他のプラットホームも複数の列車で使用できるが、セクション化されていない。

5番線は以前は3,4番線の西側に切欠きホームとして存在していたが、1960年代に撤去された。現在は看板の表示として残っている[6]。0番線は駅の北側にある短いプラットホームであり、1999年に増設された[7][8]

運用[編集]

0番線から4番線は通常、グレートウエスタン鉄道及びクロスカントリーが運営する長距離列車や、ウェールズ鉄道交通サービス英語版が運営する長距離普通列車が発着する。その行先にはロンドン・パディントンブリストル・テンプル・ミーズバーミンガム・ニューストリートマンチェスター・ピカデリースウォンジー英語版ミルフォード・ヘイブン英語版やウェールズ北部方面等が含まれる。

6番線から8番線は、カーディフ・クイーン・ストリート駅英語版、カーディフ北部、サウス・ウェールズ・ヴァレーズ英語版ヴェール・オブ・グラモーガンを結ぶバレーライン英語版の列車で使用される。

列車の運行[編集]

カーディフ中央駅を中心としたウェールズ南東部の鉄道網

カーディフ中央駅には、3社の列車運行会社が乗り入れている。概要は次のとおり。

グレート・ウェスタン・レールウェイ[編集]

  • ロンドン・パディントンまで、サウス・ウェールズ本線英語版及びグレート・ウェスタン本線を経由して1時間に2本の列車を運行する。これらのうち1時間に1本はカーディフ中央駅止まりであり、もう1本は西のスウォンジー英語版まで運行する。カーディフ中央駅からロンドン・パディントンまでの所要時間はおよそ2時間10分前後。切符を当日買う場合、ロンドン・パディントンまでの普通車を使用した場合の運賃は47.3ポンドである[9]ロンドン・パティントンヒースロー・エクスプレスに乗り換えることで、カーディフ中央駅とヒースロー空港の間を乗換時間を含めて概ね3時間で結ぶことができる。車両は基本的にイギリス鉄道800形が使用される。殆どの列車でビュッフェサービスが受けられる上、平日の一往復だけではあるが、一等車で予約した者のうち希望者対しプルマンダイニングのサービスが提供される。夕方のロンドン・パディントン発の列車は座席指定をしておくことが推奨されている。
  • ポーツマス・ハーバー英語版へ、1時間に1本の列車を運行している。ポーツマス・ハーバーまでの所要時間は約3.5時間。この列車はブリストル・テンプル・ミーズを経由する。殆どの列車で車内販売が営業している。座席指定も可能であり、朝と夕方の一部列車は座席指定が推奨されている。なお、2019年12月から5両編成に強化されることがアナウンスされている[10]
  • トーントン英語版へ、1時間に1本の列車を運行している。トーントンへは約2時間。この列車もまた、ブリストル・テンプル・ミーズを経由する。なお、2019年12月から、HSTを短編成化のうえリニューアルしたCastle classの車両を使用することがアナウンスされている[11]

クロスカントリー[編集]

ウェールズ鉄道交通サービス[編集]

  • Valleys&Cardiff Local Routesとして知られる地方の都市鉄道網で頻繁なコミューターサービスを運営する。
  • 主にウェールズ南部と西部の地域サービスを、通常1時間に1本から2本、チェプストウ英語版経由でスウォンジー、エブブ・ベール・タウン英語版ミルフォード・ヘブン英語版カーマーゼン英語版マエステッグ英語版チェルトナム・スパ英語版などの目的地まで運行する。
  • マンチェスター・ピカデリーへの1時間ごとのサービスや、ホーリーヘッドへの2時間ごとのサービスなど、ウェールズ・マーチズ線英語版を介した長距離サービスを運用する。プレミアサービスとして知られるホリーヘッドへのプレミアムデイリーリターンサービスも実施されている。
  • アイルランドのロスレア港英語版に向かうステナラインのフェリーに接続する、フィッシュガード・ハーバー英語版に向かう列車も発着する。

参照[編集]

  • ウェールズの鉄道駅のリスト
  • ウェールズの交通
  • イギリスの通勤鉄道
  • カーディフの鉄道輸送

脚注[編集]

  1. ^ Cardiff Central Station view”. Google Maps. 2019年9月4日閲覧。
  2. ^ First Class”. First Great Western. 2019年9月4日閲覧。
  3. ^ First Class Lounges at Major Train Stations”. Virgin Trains. 2019年9月4日閲覧。
  4. ^ Cardiff Central (CDF)”. National Rail. 2019年9月3日閲覧。
  5. ^ British Transport Police, Wales & Western Area”. 2013年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月31日閲覧。
  6. ^ Waters, Laurence. (1995). Railways of Cardiff. Shepperton, Surrey: Ian Allan. ISBN 0711023808. OCLC 34619122. https://www.worldcat.org/oclc/34619122. 
  7. ^ Cardiff Central rail station”. History Points. 2018年11月20日閲覧。
  8. ^ Cardiff resignalled”. RailEngineer. 2018年11月20日閲覧。
  9. ^ Buy Cheap Train Tickets | Great Western Railway | First Great Western”. www.gwr.com. 2019年9月4日閲覧。
  10. ^ Timetable 2019”. www.gwr.com. 2019年9月5日閲覧。
  11. ^ Timetable 2019”. www.gwr.com. 2019年9月5日閲覧。