カーディル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カーディル
アッバース朝カリフ
在位 991年 - 1031年

全名 アル・カーディル
出生 947年
死去 1031年
継承 カーイム
王家 アッバース家
王朝 アッバース朝
父親 ターイー
宗教 スンナ派
テンプレートを表示

カーディル947年 - 1031年)は、アッバース朝の第25代カリフ(在位:991年 - 1031年)である。

第24代カリフであるターイーと女奴隷との間に生まれた。学識豊かで、品行方正、人格者で貧者への施しを好んだ。父親はブワイフ朝の完全な傀儡でバッハー・ウッダウラの怒りを買って退位させられ、991年に44歳で即位した。ブワイフ朝から嫁をもらい、逆らわず、よく身を守ったため40年間、在位した。

1000年には、サーマーン朝が滅ぼしたガズナ朝のマフムードに、「栄誉の賜衣(ヒルア khil`a )」が贈り、併せて「王朝の右手(Yamīn al-Dawla)」の尊号が与えた。(程なくして「宗門の後見人(Amīn al-Milla)という尊号も与えている)。

参考文献[編集]

  • 『生活の世界歴史7 イスラムの蔭に』  河出文庫