カートリビジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

カートリビジョン(Cartrivision)は1972年に発売されたビデオカセットのフォーマットで、アメリカにおいて最初に入手可能となったビデオカセットフォーマットである。[1] Avco(当時Embassy Picturesをも所有していた)の子会社であるCartridge Television, Inc. (CTI) によって発売された。[2] カートリビジョンはTVセットと一体型だった。[2] カートリビジョンレコーダはAvcoによって製造された。CTIはAdmiral, パッカードベル, Emerson Radio, Montgomery Ward,Sears,同様に生産と開発で協力した。後に2種のカートリビジョンセットが彼らのブランド名で彼らの店で販売された。Montgomery WardのTVはAdmiral シャーシを使用した。全てのMontgomery Wardの航空路線のテレビで使用された。Admiralは独自のカートリビジョンを異なるシャーシで販売した。

最初のカートリビジョンテレビ装置は$1,350だった。[3]そして人気のある映画を借りることができた。フィリプスのVCRフォーマット(ヨーロッパのみで販売)のように正方形のカートリビジョンカセットは半インチ幅のテープが互いに反対方向に収められていたが録画時間は初期のフィリップスのVCRとは異なり最大114分だった。3倍録画と3倍速の早送り、逆再生ができた。

カセットは主流である『戦場にかける橋』や『招かれざる客』がカタログから小売に注文された宅配され、見終わったら返却した。これらのレンタルカセットは家庭用カートリビジョンレコーダーでは巻き戻しができず、1度しか見ることができなかった。巻き戻しは小売店から戻ってから特殊な機械で巻き戻しされた[4]。他にスポーツや旅行、芸術、ハウツートピックスが利用できた。これらのカセットは黒でカートリビジョンレコーダで巻き戻しできた。オプションでカートリビジョン用白黒カメラがEumigから家庭用に発売された。カラーカメラはCTIの破産前には実現しなかった。

Avco社はカートリビジョンを1970年6月ニューヨークのコンシューマー・エレクトロニクス・ショーで発表した。1972年にSears, Macy's,やMontgomery Wardの百貨店で最初に発売された。販売不振で13ヵ月後1973年7月に生産終了した。[1]倉庫に保管されていたカートリビジョンテープは湿度の為に使い物にならなくなったのが見つかった。[2]

1973年カートリビジョンの破産後多くのカートリビジョンTVセットはレコーディング機材、テープや他の部品に分割されカリフォルニアの部品を扱う小売店や多くの電子趣味人が買った。いくつかは独自の家庭用の装置に仕立てられた。RFモジュレータをつければ他のTVセットで現在のVTRのように使うことができた。

カートリビジョンはテレビショウWhat's My Line?で1972年に実演された。

この方式の特徴と言える点に約120°間隔・20Hz回転の3ヘッド、3フィールドごとに2フィールドのフィールドスキップを採用しているということがあげられる。

脚注

  1. ^ a b 1972: Cartrivision — The First VCR with Prerecorded Tapes, CED Magic, cedmagic.com. Article retrieved 2006-12-22.
  2. ^ a b c "Cartrivision — The First ALL American Home VCR!", LabGuy's World (labguysworld.com). Article last updated 2005-01-09, retrieved 2006-12-22.
  3. ^ Television on a Disk, Time, Sept. 18, 1972. Retrieved 2006-12-22.
  4. ^ Cartrivision Cassette, mrbetamax.com. Article retrieved 2006-12-22.

過去1時間の間にもっとも読まれた記事
相田翔子 森進一 沖田杏梨 美輪明宏 中村雅俊 Perfume 平沼紀久 福岡伸一 桜田淳子 野村克也 藤田光里 鈴木早智子 伊東美咲 三田明 市川海老蔵 (11代目) 小林麻耶 サンデードラゴンズ 由紀さおり 青山和子 木村佳乃
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について