カーブ (球種)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カーブ: curveball)は、野球における球種の1つである。比較的遅い球速で投手の利き腕と反対の方向に大きく曲がりながら落ちる。

概要[編集]

日本ではほとんどの投手経験者が最初に投げるか教わる最も基本の変化球とされており[1]アメリカ合衆国でも投手が速球の次に2番目に投げる球という意味で「デュース」というニックネームが付けられている[2]

ベルヌーイの定理によれば、ボールは回転する方向にカーブするという物理的性質を持っている。つまりは球の回転速度が速ければ速いだけ、カーブの角度も鋭くなる。このため、人間としては手首や腕の柔軟さが上達の程度に影響してくる[3]。トップスピンとサイドスピン(利き腕と反対方向)の中間の回転軸を持ち、回転軸がトップスピン側に傾いていれば縦方向の、サイドスピン側に傾いていれば横方向の変化が大きい物になり、総じて球速が遅く山なりの弧を描くのが特徴である。弧を描く軌道の影響などでホームベースへの到達時間は直線的な軌道の球よりも長くなる。弧を描く軌道に加え、速球との球速差により、打者は錯覚してボールがなかなか来ないことを減速しているように感じることもあり、ブレーキがかかる等とも表現される。

アル・キャンパニスは『ドジャースの戦法』の中で、サイドスローからカーブを投げるのは比較的容易であり、右投手が投げるカーブは右打者に効果的であるが、左打者に対してはあまり有効にはならないため、カーブを投げるのであれば、オーバースロースリークォーターから投げるべきだと説いている[4]

緩急をつけて打者のタイミングを外す目的で使われる場合が多いが、江川卓桑田真澄サンディー・コーファックス工藤公康クレイトン・カーショウなど決め球として投げる投手もいる。

伊東勤岩本勉らは、他の球種と違い全力で投げなくてもよいため疲労が蓄積しないこと、大きく弧を描く軌道が打者の目線とタイミングをずらせることなどを利点として挙げている[1]。また、中西親志金子千尋らはキレがないカーブでもあえて投げることで他の球種を生かす見せ球としての効果があることを指摘している[5]

投げ方[編集]

カーブの握りの例

基本的にはボールの上下か左右に縫い目が来る形から親指を右下の縫い目、人差し指を左上の縫い目のすぐ上、中指もすぐ斜め左下に置き、手首を深く曲げて、リリースの際には指先で弾くように回転を与えるか抜いて投げる。投法やリリースの違いで変化も様々である。また、大きく曲がるカーブは球速を殺しつつ強い回転をかける必要がある事から習得が困難とされる場合もある。

歴史[編集]

キャンディ・カミングスがクラムシェルの貝殻を空中に投げる子供の遊びを参考に1867年に初めて投げたというが[6]、フレッド・ゴールドスミスがカーブの発明者という説もある。1870年8月16日、ニューヨーク市ブルックリンキャピトリン・グラウンズにてスポーツライターヘンリー・チャドウィックの起案により、カーブの変化は目の錯覚でないことを実証するためのデモンストレーションが行われ、ゴールドスミスがカーブを投げた[7]。日本では新橋アスレチック倶楽部の平岡凞が最初にカーブを投げたと言われている。

1949年にはシコルスキー・エアクラフト社の空気力学技師であったラルフ・B・ライトフットが風洞実験を行い、ボールの回転によるマグヌス効果の発生と変化を確認し、カーブの変化の原理が科学的に証明された[8]

日本プロ野球(以下NPB)では最もポピュラーな変化球だったが、スプリットカット・ファスト・ボールツーシームなど高速系変化球の流行もあり、1980年代半ば以降、カーブを投げる投手は減少傾向にある[1]

種類[編集]

スローカーブ[編集]

スローカーブ(英:Slow Curve)とは、速球との球速差・変化量が特に激しく、タイミング・ミートポイントを合わせづらい球種。
場合によっては速球との球速差が40~50km/h以上にもなり、打者から見ればタイミングを合わせにくい。さらに、真上から落ちてくるような軌道でストライクゾーンに入り込んでくるため、非常にミートがしづらい。
直球が速いほど球速差が大きくなって効果的なため、使い手としては金田正一堀内恒夫今中慎二岸孝之[9][10]などの本格派が多い。
逆に直球の遅い投手が緩急をつける目的で多投することもあり、星野伸之山本昌石川雅規などがその典型である。

パワーカーブ[編集]

パワーカーブ(英:Power Curve)とは、先述のスローカーブとは対照的に、カーブとしては球速が速く、タイミングを外すよりも変化の鋭さで空振りを狙う球種。
MLBではスパイクカーブ (英:Spike Curve) 、NPBではハードカーブ(英:Hard Curve)などと呼ばれ、本格派の投手に多用されている。
代表的なNPBの使い手としては沢村栄治外木場義郎ダルビッシュ有石川柊太などが有名。また、MLBではペドロ・マルティネスA.J.バーネットデビッド・プライストニー・バーネットなどが有名である。
例外として杉浦忠は、サイドスローからほぼ真横に大きく曲がるカーブを投げた[1]

ドロップカーブ[編集]

ドロップカーブ(英:Drop Curve)とは、通常のカーブよりもトップスピン成分が多く、垂直方向に大きく変化する球種。
19世紀から存在し、元々はカーブと別の球種として扱われていたが、変化・投法の類似点から同一種とみなされるようになった。打者の視線を上下させ、目測を狂わすのに効果的。球速や変化量を調節しやすく、球種の少ない時代は大半のオーバースロー投手に多用され、フォークボール普及前のNPBでは「落ちる球」の代表格であった。
NPBでは単にドロップまたは縦のカーブ、MLBでは12to6(トゥウェルブ・トゥ・シックス)カーブ(時計の12時から6時のような方向に曲がることから)と呼ばれている。
日本人投手の最初の使い手は、日本野球創生期に旧制第一高等学校の投手だった青井鉞男横浜外人居留地運動場を訪問時に習得したとされ、1896年(明治29年)5月23日に同運動場で一高ベースボールチームを率いて横浜外人クラブと対戦した際、外国人チームに勝利した記録もある。
代表的なNPBの使い手としては沢村栄治金田正一堀内恒夫権藤博金子千尋武田翔太などが挙げられる。また、MLBではサイ・ヤングサンディー・コーファックスノーラン・ライアンボブ・ギブソンクレイトン・カーショウアダム・ウェインライトなどが有名である。

ナックルカーブ[編集]

ナックルカーブの握りの例
ナックルカーブの握りの例
ナックルカーブ(英:Knuckle Curve)とは、通常のカーブよりも大きく縦に落ちる球種。
人差し指(あるいは人差し指)と中指をボールに立てて握る。立てた指をリリース時に弾くようにして回転をかけるタイプと、立てた指をボールに食い込ませるようにして回転をかけるタイプの2通りの投げ方がある。いずれの握り方にしても、制球が難しいという懸念がある。
日本人選手では古くは廣田浩章が投げていたが、この頃はまだナックルカーブという認知も薄く、廣田本人もナックルとして投げていた。代表的なNPBの使い手としては五十嵐亮太リック・バンデンハークブランドン・ディクソン[11][12]らが有名。MLBではマイク・ムッシーナが知られ[13]ペドロ・マルティネスA.J.バーネットのパワーカーブも握りはナックルカーブである。また、クレイグ・キンブレルなど、握りはナックルカーブでもスライダースラーブに近い変化をする投手も存在する。
指を立てる握り方にナックルボールとの類似性がみられるが、ナックルボールが回転させないように投げるのに対し、ナックルカーブは強い順回転をかけることで変化させる全く別の変化球である。

その他[編集]

ニッケルカーブ
チーフ・ベンダーの投げていたニッケルカーブはカーブの名前を持つが、通常のカーブとは違う変化でスライダーの原型になったとも言われる。
スラーブ
スライダーとカーブの中間的な変化をするスラーブはスライダーの一種として認識されることが多いが、変化が大きい場合はカーブと認識されることもある。
宜野座カーブ
第73回選抜高等学校野球大会に出場した沖縄県立宜野座高等学校はリリース時に手の甲を投球方向へ向けて外側に腕を捻る事で強い縦回転をかけ、打者の手元に来て鋭く落ちる宜野座カーブというカーブで注目された。
ションベンカーブ
変化が小さかったり、キレの無いカーブをションベンカーブなどと揶揄して呼ぶことがある。

脚注[編集]

参考文献[編集]