カーラ・ブレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カーラ・ブレイ
Carla Bley
Carla-Bley-supercrop.png
カーラ・ブレイ(2007年)
基本情報
出生名 Lovella May Borg
生誕 (1936-05-11) 1936年5月11日(83歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州オークランド
担当楽器 ピアノ、オルガン
活動期間 1960年 -
レーベル WATT、ECMユニバーサル
公式サイト wattxtrawatt.com

カーラ・ブレイ(Carla Bley、1936年5月11日 - )は、アメリカのジャズピアニスト、作曲家。バップ以後のコンポーザーの中で優れた音楽的才能を持つミュージシャンである。

略歴[編集]

女性の作曲家として知られるカーラ・ブレイは、教会音楽家の父親の手ほどきで音楽の基礎を学び、その後はアカデミズムとは無縁で、ほとんど独学で通した。17歳の頃、ジャズに開眼し、当時ジャズが活気づいていた街、ニューヨークへの移住を決意する。しかし、この頃のカーラはミュージシャンとして生計を立てることができず、ウェイトレスなどの仕事をすることで日々食いつないでいた。

売れっ子どころか日々の暮らしにも事欠いていたカーラに転機が訪れるのは、1957年のポール・ブレイとの結婚以後のことである。最初こそうだつが上がらなかったものの、個性的な楽曲を作り出すようになったカーラは、その音楽を広く認められ、アート・ファーマー(アルバム『ブルースをそっと歌って』等)、ゲイリー・バートン(アルバム『葬送』等)、チャーリー・ヘイデン(アルバム『リベレーション・ミュージック・オーケストラ』等)といったミュージシャンのアルバムに楽曲を提供し、一躍ジャズ界を代表するトップ・コンポーザーのひとりとなった。

1966年、2人目の夫になるトランペット奏者、マイケル・マントラーと共に、「ジャズ・コンポーザーズ・オーケストラ・アソシエーション」を設立、商業主義からのミュージシャンの保護、自由化に多大な貢献を為した。1971年、詩人ポール・ヘインズとの共作にしてLP3枚組の大作ジャズ・オペラ『エスカレーター・オーヴァー・ザ・ヒル』を完成させた。この作品は実験作的色合いが濃厚で、当時のジャズ界に物議をかもした。

その後も、カーラの創作意欲は衰えることを知らず、チャーリー・ヘイデンとの『リベレーション・ミュージック・オーケストラ』の続編である『戦死者たちのバラッド』、3人目の夫になるスティーヴ・スワロウとのデュオ・アルバム、オーケストラ・アルバム『ザ・ヴェリー・ビッグ・カーラ・ブレイ・バンド』などの作品をコンスタントに発表し続けている。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『エスカレーター・オーヴァー・ザ・ヒル』 - Escalator Over The Hill (1971年) ※with ポール・ヘインズ
  • 『トロピック・アペタイト』 - Tropic Appetites (1974年)
  • 『ディナー・ミュージック』 - Dinner Music (1977年)
  • 『ヨーロピアン・ツアー 1977』 - European Tour 1977 (1978年) ※ザ・カーラ・ブレイ・バンド名義
  • 『ミュジーク・メカニーク』 - Musique Mecanique (1979年) ※ザ・カーラ・ブレイ・バンド名義
  • 『ソーシャル・スタディズ』 - Social Studies (1981年)
  • 『ライヴ! (艶奏会)』 - Live! (1982年)
  • 『戦死者たちのバラッド』 - The Ballad Of The Fallen (1983年) ※with チャーリー・ヘイデン
  • 『歌うのなんて好きじゃない』 - I Hate To Sing (1984年) ※ザ・カーラ・ブレイ・バンド名義
  • 『ヘヴィ・ハート』 - Heavy Heart (1984年)
  • 『ナイト・グロウ』 - Night-Glo (1985年)
  • 『モア・ブラームス』 - Sextet (1987年)
  • 『デュエッツ』 - Duets (1988年) ※with スティーヴ・スワロウ
  • 『フルール・カルニヴォーレ』 - Fleur Carnivore (1989年)
  • 『ザ・ヴェリー・ビッグ・カーラ・ブレイ・バンド』 - The Very Big Carla Bley Band (1991年)
  • 『ゴー・トゥゲザー』 - Go Together (1992年) ※with スティーヴ・スワロウ
  • 『ビッグ・バンド・セオリー』 - Big Band Theory (1993年)
  • 『ソングズ・ウィズ・レッグズ』 - Songs With Legs (1994年)
  • ...Goes To Church (1996年)
  • 『ファンシー・チェンバー・ミュージック』 - Fancy Chamber Music (1998年)
  • 『4X4』 - 4x4 (2000年)
  • 『ルッキング・フォー・アメリカ』 - Looking for America (2003年)
  • 『ザ・ロスト・コーズ』 - The Lost Chords (2004年)
  • 『ザ・ロスト・コーズ・ファインド・パオロ・フロス』 - The Lost Chords find Paolo Fresu (2007年)
  • 『アピアリング・ナイトリー』 - Appearing Nightly (2008年)
  • 『カーラズ・クリスマス・キャロルズ』 - Carla's Christmas Carols (2009年)
  • Trios (2013年) ※with アンディ・シェパード、スティーヴ・スワロウ
  • Andando el Tiempo (2015年) ※with アンディ・シェパード、スティーヴ・スワロウ

映像作品[編集]

  • 『ライヴ・イン・モントリオール』 - Live in Montreal (2003年) ※1983年のライブ