カールスバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クラブボトルになる前のカールスバーグ(中国仕様)
カールスバーグ・クラブボトル(スペイン仕様)
カールスバーグ社の門

カールスバーグ(Carlsberg、デンマーク語発音: [kʰɑːˀlsb̥æɐ̯ˀ]英語発音: [ˈkɑrlzbərɡ])は、デンマークビール醸造会社及びそのブランド名である。デンマーク語ではカールスベアと呼ばれる。1847年にデンマークで創立された。140か国以上に製品を輸出し、40か国に醸造所を持つ世界第4位のビールメーカーである。なお、ドイツ西部のザールラント州にも同名のカールスバーグというビール会社があるが両者に関係はない。

沿革[編集]

  • 1847年にデンマーク・コペンハーゲンJ.C.ヤコブセン英語版(J.C. Jacobsen、Jacob Christian Jacobsen、1811年 - 1887年)によって創業された。息子カール英語版(1842年 - 1914年)にちなんで醸造所に「カールの山」を意味するCarlsberg と命名した。
  • 1875年、ビール醸造の研究のためカールスバーグ研究所を開設。
  • 1882年、息子カール・ヤコブセンは父J.C.ヤコブセンの経営に反発して別会社を設立。カールの「ニュー・カールスバーグ」社(Ny Carlsberg)と父の「オールド・カールスバーグ」社(Gammel Carlsberg)は激しい競争を繰り広げる。
  • 1883年、カールスバーグ研究所のエミール・クリスチャン・ハンセン博士によって酵母の純粋培養技術の開発がなされ、ビールの大量供給の道が開かれた。
  • 1888年、カール、「ニイ・カールスベルグ・グリプトテク」(ニューカールスバーグ美術館)を設立。
  • 1904年デンマーク王室御用達となり、その際に宝冠のマークを使用する事が許可された。
  • 1906年、新旧二つのカールスバーグが合併。
  • 1970年、同じくデンマークのビールメーカー、ツボー(ツボルグ、Tuborg)を買収。
  • 1986年日本ではサントリーがカールスバーグのライセンス生産・販売を行う
  • 1992年イギリスのビールメーカー、テトリー(Tetley)を買収。
  • 1997年中国上海での製造を始める。現在中国には上海の他に、恵州広東省)、四川チベットウイグルなど併せて20社以上のローカルビールメーカーを所有。中国でのカールスバーグ生産・販売を行うほか、アジア各国への輸出拠点としている。中国での漢字ブランドは「嘉士伯」。

人魚姫の像について[編集]

コペンハーゲンにある人魚姫の像は王立劇場で観たバレエ「人魚姫」に感激した2代目社長のカール・ヤコブセンが1913年にコペンハーゲン市に寄贈したもの。今では街のシンボルになっている。なお、大阪港天保山の人魚姫の像もコペンハーゲン港と大阪港の友好記念に、1995年にカールスバーグ社より実物の5分の4の大きさの複製が寄贈されたものである。

製品一覧[編集]

カールスバーグ社の主な製品は下記の通り。ツボルグ製品は除く。

  • カールスバーグ(Carlsberg):主力のピルスナーラガー。カールスバーグ・ピルスナーとも言う。
  • カールスバーグ・ライト(Carlsberg Light)
  • カールスバーグ・エクスポート(Carlsberg Export):イギリス限定
  • ヤコブセン・ブラウン・エール(Jacobsen Brown Ale)
  • ヤコブセン・ダーク・ラガー(Jacobsen Dark Lager)
  • カールス・ピルスナー(Carls Pilsner)
  • カールス・スペシャル(Carls Special)

スポーツへの協賛[編集]

関連項目[編集]