カール・アントン・フォン・マイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カール・アントン・フォン・マイヤー(Carl Anton von Meyer、1795年4月1日 - 1855年2月24日)はロシアで働いた植物学者である。カール・フリードリヒ・レーデブーアとともに、アルタイ山脈地域の博物探検旅行を行った。

略歴[編集]

現在のベラルーシヴィーツェプスクに生まれた。1813年からロシア皇帝アレクサンドル1世によって設立されたデルプト大学(現タルトゥ大学)でレーデブーアのもとで学んだ。いくつかの博物探検に参加し、1826年から1827年にはレーデブーア、アレクサンダー・ゲオルク・ブンゲとアルタイ山脈や東カザフスタンを探検した。この時採集された植物標本が共著書、 "Flora Altaica" (4巻、1829 - 1833)のもとになった[1]。1829年からはゲオルギ・エマニュエル(Georgi Emmanuel)将軍が率いた、コーカサス山脈のエルブルス山の大規模な科学探検にハインリヒ・レンツらの科学者とともに参加した。

1835年からサンクトペテルブルク科学アカデミーの植物学者に任じられ、サンクトペテルブルク帝立植物園長、フリードリヒ・エルンスト・ルートヴィヒ・フィッシャーのもとで働き、1844年にカール・ベルンハルト・フォン・トリニウスが没すると、科学アカデミー植物研究所の所長を継ぎ、1850年にフィッシャーの後を継いで、サンクトペテルブルク帝立植物園長となり、没するまでその職にあった[1]

著作[編集]

  • Enumeratio plantarum novarum a cl. Schrenk lectarum. (フィッシャーと共著), 1841-1842.
  • Flora Altaica; scripsit Carolus Fridericus a Ledebour, adiutoribus Car. Ant. Meyer et Al. a Bunge. (レーデブーア、ブンゲと共著), 1829-1833.
  • Versuch einer Monographie der Gattung Ephedra : durch Abbildungen erläutert, 1846.[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b JSTOR Global Plants JSTOR Global Plants] (biography)
  2. ^ Biodiversity Heritage Library (bibliography)

参考文献[編集]

  • Robert Zander, Fritz Encke, Günther Buchheim, Siegmund Seybold (éd.), Handwörterbuch der Pflanzennamen, 13e édition, Ulmer Verlag, Stuttgart, 1984, (ISBN 3-8001-5042-5).
C.A.Mey.は、植物の学名命名者を示す場合にカール・アントン・フォン・マイヤーを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)