カール・エルンスト・フォン・ベーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カール・エルンスト・フォン・ベーア
Voyages de la Commission scientifique du Nord, en Scandinavie, en Laponie, au Spitzberg et aux Feröe - no-nb digibok 2009040211001-118.jpg
生誕 (1792-02-17) 1792年2月17日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国エストランド県(現在の エストニア)クライス・イェルヴェン ピープ(ピーベ)(現在のラッケ)
死没 1876年11月16日(1876-11-16)(84歳)
ロシア帝国の旗 ロシア帝国エストランド県(現在の エストニア)ドルパット(現在のタルトゥ
研究分野 生物学
発生学
地質学
博物学
自然科学
気象学
地理学
研究機関 ドルパート大学
ロシア科学アカデミー
ケーニヒスベルク大学
ロシア地理学協会
出身校 ドルパート大学
主な業績 哺乳類卵細胞の発見
ベーアの法則英語版 (発生学)
ベーアの法則英語版 (地質学)
主な受賞歴 コプリ・メダル (1867)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ドイツ、ヴェストファーレンからきたバルト移民の家柄、フォン・ベーア, エードレ・フォン・フートホルン家の紋章
1864年ころのカール・エルンスト・フォン・ベーア、自伝を著している所

カール・エルンスト・フォン・ベーア (Karl Ernst von Baer 1792年2月28日ユリウス暦 2月17日)[1] ; † 1876年11月28日ユリウス暦 11月16日)) は、哺乳類卵子を発見したエストニア出身のバルト・ドイツ人発生学者動物学者人類学者地理学者探検家博物学者。発生学の父と称せられる。

におけるベーアの法則英語版だけでなく、コリオリの力によってもたらされる河岸における異なった侵食のはたらきをする同じ用語名(ベーアの法則英語版)を冠した法則も定めた。

19世紀における最も重要な自然科学者の一人。多数の自然科学的分野における成果のため、しばしば、「北のアレクサンダー・フォン・フンボルト」と称せられる。植物や菌類における著者名略記英語版は„BAER“。ロシア名は、カルル・マクシーモヴィッチ・ベール (ロシア語: Карл Макси́мович Бэр)。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

バルト・ドイツ人の政治家で領地所有者ヨハン・マグヌス・フォン・ベーア (Johann Magnus von Baer)(1765年–1825年)およびロシア将校の娘ユリー・マリー・フォン・ベーア (Julie Marie von Baer)(または、ユリアーネ・ルイーゼ・フォン・ベーア Juliane Louise von Baer)(1764年–1820年) の間の子として誕生した。彼は現在のタリンのレヴァルにあったドイツ語騎士学校リッター・ウント・ドームシューレ・ツー・レヴァル (Ritter- und Domschule zu Reval)に1808年から1810年にかけて通った。 その後、1802年に再建された現在のタルトゥ大学であるドルパート大学で1814年まで医学を研究した。在学中、彼にとって最も重要な恩師の一人であったライプツィヒ出身の解剖学者および生理学者のフリードリヒ・ブルダッハは、後に彼をケーニヒスベルク大学に招いてともに働くことになる。彼は(エストニア風土病: De morbis inter esthonos endemicis, 1814)と題する医学研究論文で博士号を取得、さらにベーアは、ウィーン、ベルリン、そして、のちに、彼を新境地に導いてくれたイグナーツ・デリンガー英語版が務めていたヴュルツブルクで学業を続けた。ウィーンにいたベーアは医者として働くことを希望せず、彼は自然科学者の道を選ぶ、ベルリンで1816年から1817年まで自然科学を学んだ。彼は1816年にケーニヒスベルク大学の教授となったフリードリヒ・ブルダッハのもとで死体解剖者 (Prosector)としての職分に就く、そしてまた教授資格認定 (Habilitation)を取得した。  1817年から1834年までベアは最も生産的な時期をケーニヒスベルクで過ごした。彼は天文学者フリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセルと友人であった、ラトケ嚢の発見者マルティン・ラトケ、または、彼がのちに立派な訃報を捧げたアレクサンダー・フォン・フンボルト等著名な自然科学者と連絡をとっていた[2]。ベーアは1819年にケーニヒスベルク出身のオーギュスト・フォン・メデム (Auguste von Medem) († 1864年)と結婚した。この結婚で6人の子供を授かった。同じ年にベーアは准教授に任命された、2年後に彼はケーニヒスベルクの博学者カール・ゴットフリート・ハーゲン英語版から動物学を、1826年には解剖学の椅子をそれぞれ引き継いだ。

発生学の研究[編集]

かつてサンクトペテルブルクのネヴァ川の畔にあったアカデミー本部
老齢のベーア、ユリー・ヴィルヘルミーネ・ハーゲン・シュヴァルツ英語版による肖像画 1867年

発生学において主にキャリアのはじめ数年間で自らを捧げ尽力した研究に、

  • 1827年に哺乳類の卵細胞を発見、
  • 子葉の概念に基づいた比較発生学の根拠、
  • 基本としての脊索の認識、すべての脊椎動物の相同性的凝集性の特徴、そして
  • 反復説命題の体系的な批判。

ベーアは、ケーニヒスベルク発生学の研究を始め、1827年に卵細胞を発見した、 事実哺乳類および特に人間の卵細胞を捉えた。(Von einer Eizelle kann erst nach der Formulierung der Zellentheorie 1838/39 die Rede sein.) ベアは研究の成功を修め、何世紀にもわたる「哺乳類の卵細胞」の調査を完了した。彼は同じ年に、サンクトペテルブルク科学アカデミーへ送ったラテン語で書かれた手紙の中で彼の重要な発見について知られ、(『De ovi mammalium et hominis genesi』ライプチヒ1827)また、1828年にドイツでの論文(Commentar, in Heusingers Zeitschrift für organische Physik)も知られている。1828年、ベーアは最初に脊索として説明、 彼は脊椎動物と共通の特徴を述べた: 「この列は、軸の周りの胚における最初の一部を形成するだけでなく、また本体全体とすべて主要な系列の実際規模」 (so Baer 1828) [3]。この概念化構造は、目ざましくより多く実りある考えに人間の系統群関係の拡大を意味した。 ベーアは発生学的研究、2巻にわたる研究論文『Über Entwickelungsgeschichte der Thiere』(1828/1837)を発表した、 1876年、英国の訃報で、19世紀で最も重要な生物学の著作だったことを認めた[4]。 ベーアは、一般的な具体的特性値の増々の発展を動物および人間における胚発生 (ベーアの法則 (発生学)ドイツ語版) (Baer-Regel)が、哺乳動物と鳥類に加えて、 さらに爬虫類、両生動物、魚類および無脊椎動物でそれを示した。脊椎動物の特性に、最初に鳥、ひよこ鳥、そして最後に飼い鶏で、胚に関して示された。それはローレンツ・オーケンヨハン・フリードリヒ・メッケルその他多数が示されたように、分化増加のこの法則は、反復発生の認識に厳密に対照的である。異なる動物群の間の発展段階に対応、始めからすでに脊椎動物は、脊椎(すなわち脊索の登場)として出現する。たとえば、虫構造や軟体動物等は決して脊椎動物として示され無い。ベーアはのちにエルンスト・ヘッケルが発展させた生物発生原則によって、反復発生仮説の強い批判(vor allem im 5. Scholion der Entwicklungsgeschichte, 1. Bd.)にさらされた。

大学人[編集]

ドルパート (現在のタルトゥ) 1866年

ベーアはサンクトペテルブルク科学アカデミーサンクトペテルブルク大学に勤めていた友人だった発生学者クリスティアン・パンダーの後継として1834年にロシアへ赴く。ベーア1834年から1846年まで動物学者として、1846年から1862年まで解剖学者や生理学者としてそれぞれ勤務した。ベーアは長い間、アカデミーの中心人物であった[5]。 1852年から行われたヴォルガ川流域・カスピ海の水産資源調査には、後の歴史哲学者ニコライ・ダニレフスキーが協力している。1862年、ベーアは教育省の顧問になった。 1820年、ドイツ自然科学アカデミー・レオポルディーナの会員となった。1845年にロシア地理学協会 (Russian Geographical Society)の創設メンバーの一人として関わる。ロシア昆虫学会の共同創設者で初代会長であった[6]。1849年、アメリカ芸術科学アカデミーの外国名誉会員に選出された[7]。翌年、スウェーデン王立科学アカデミーの外国人会員に選ばれた。

探検調査[編集]

1837年に北極海ノヴァヤゼムリャの群島で動物や植物を収集した。他の遠征では、フィンランドの南海岸に氷河期の痕跡について調査した(1838/1839)。1851年から1856年まで、北海沿岸、コーカサスカスピ海で漁業や漁業資源について調査した。これらの調査は、1856年にロシア帝国の漁業資源保護に関する法制定へと導いた。ベーアはロシアにおける魚類生物学研究の先駆者である[8]

人類学とダーウィン[編集]

エストニアのタルトゥ(ドルパート)のカテドラルの丘にあるベーアの銅像

ベーアはサンクトペテルブルク人類学地理学生態系や水産業需要家に転向した。1839年にグレゴール・フォン・ヘルメルゼン英語版とともにロシアで最初となる科学本シリーズ(Sankt Petersburg 1839–1900, insgesamt 45 Bände)を創設、ドイツが帝政ロシアの学問へ貢献した。ベーアは、ダーウィン以前に、 クリスティアン・パンダーによって刺激され(すでに1820年代に無制限の種の形質転換を考えられるとした人物)進化に関する考察を共有した。彼の論文『Über Papuas und Alfuren』(1859)の中で、彼は不変型に対して、一定の枠組みの中で種が形質転換すると述べた。彼は進化の新しい型の出現、おそらく最終的に可解問題として人間起源の疑問を見ずに反対した。彼はイングランドへと渡り、彼の友人であるトマス・ヘンリー・ハクスリーと会う、ベーアが亡くなったのちの1882年になってもダーウィンと比べられていた:  「フォン・ベーアはダーウィンと同じ切手の別人だった[9]

彼は1861年にゲッティンゲンでルドルフ・ヴァーグナーとともに頭蓋骨測定は人間の中で標準化されるべきであるとした初めての人類学者会議を設立した。彼は歴史と現存の頭蓋骨などの研究に従事しながら、サンクトペテルブルク人類学コレクションを構築した。ベーアは、最初にロシアの雑誌『Naturalist』(1865–1867)、その後、ドイツのアウグスブルクで発行されている日刊紙『Allgemeine Zeitung』(1873)で公にダーウィニズムを批判的に表明した。しばしば主張されているように、彼は250ページにのぼる論文『Über Darwins Lehre』(1876)で、チャールズ・ダーウィンと進化の概念をあまり批判したわけではないが、説明のモデルとなるべき自然淘汰の理論、進化論から引き出されたハクスリーの類人猿関係の概念との間の人類および遠大なる哲学的結論。彼は革新的な研究仮説、猿のような形から人間の由来、拒否した自然の解釈における目的論の放棄と遠大な進化論者の結論を見た。

隠居[編集]

ベーアの肖像が描かれたエストニア銀行が発行した紙幣

ベーアはニコライ・イヴァノヴィッチ・ピロゴフイリヤ・メチニコフアレクサンドル・コヴァレフスキ英語版といった若い科学者や医師を支援していた。彼らは、ホヤ類の進化について激しく議論を戦わせ、ベーアはコヴァレフスキの脊椎動物における近縁生物の見解について拒絶した。それにもかかわらず、ベーアはコヴァレフスキとメチニコフに発生学の分野で重要な成果のために贈られるベーア・メダルを1869年に贈った。彼は1867年から1876年に亡くなるまでかつて勉学に励んでいた故郷ドルパートに住んでいた。彼はここでダーウィニズムについて論じ、生物学、人類学、科学、文化史、ホメーロスやオフィール (Ophir)などの古代史について多数の記事を執筆した。ベーアは1869年に設立されたベルリン人類学、民族学および先史学学会の会員になった。 1867年に英国王立協会の歴史ある一流の賞コプリー・メダルを受賞した。バルトエストニア・ドルパート友愛団体から名誉ペリシテ位階を授与された。 さらに彼は1849年8月17日にプロイセン王国プール・ル・メリット科学芸術勲章を授与された[10][11]。亡くなるまで科学的な研究に没頭していたベーアは1876年の晩秋に死去し、ドルパートの旧セントジョンズ墓地(タルトゥ・ラーディ墓地)に埋葬された。ドルパートのトーンペアにある1886年に建てられた彼の記念碑は今日においても大学のイベントや学生式典が行われる場所の中心に立っている。タルトゥにあるベアが実際に生活して亡くなった住居が保存されており、現在は博物館と研究施設として使われている[12]。ロシアのサンクトペテルブルクにあるロシア科学アカデミー動物学研究所動物学博物館(Zoological Museum of the Zoological Institute of the Russian Academy of Sciences)に銅像がある。不定期刊行雑誌『Folia Baeriana』(タルトゥ)では1975年からベーアの研究を継続して載せている。ユーロへ移行する前に流通していたエストニア銀行が発行した2クローン紙幣に彼の肖像画が描かれていた。

著名人等の論評・訃報・批評[編集]

トマス・ヘンリー・ハクスリー、ダーウィン、1860年[13]

  • 新発見した素晴らしき盟友

ゲオルク・ドラゲンドルフ (1836年–1898年) 薬学者、1876年

  • 我々が生きてきた時代の中でいまだかつてないほど最も偉大な博物学者の1人だった

アメリカ芸術科学アカデミーの紀要、1876年の訃報記事

  • 近代発生学の創始者、第一等博物学者、ダーウィニズムの反骨のライバル

エミール・ローゼンベルク (1842年–1925年) 解剖学者、生物学者

ルドルフ・シュタイナー(1861年-1925年)人智学の創始者、1916年[14]

  • 私は、今日、ダーウィンやヘッケルの書籍を少し読んだあと、助言で、モニステンフェレイン支部を設立しに行った、ここで様々なことをしたい。例えば、ヘッケル・エルンスト自身かつてカール・エルンスト・フォン・ベーアを手に取って読み、導かれた。万物組織体の地球は、種床であって、それらは自身を包みこむように、知性的な胚芽が沈んでいる。ベーアは、19世紀の初めに明瞭に真実を言った!

スティーヴン・ジェイ・グールド[15]

  • 正統ダーウィニズムの最も輝かしきライバル

エルンスト・マイヤー[16]

  • 明確に進化論的見解に立ち向かった科学者

著作[編集]

書籍[編集]

  • De ovi mammalium et hominis genesi, Leipzig 1827 doi:10.5962/bhl.title.68345 (hier gibt Baer seine Entdeckung des menschliches Eies bekannt)
  • Über Entwickelungsgeschichte der Thiere, 2 Bde. Königsberg, 1828/1837 (die epochemachende Arbeit zur vergleichenden Embryologie) doi:10.5962/bhl.title.6303
  • Untersuchungen über die Entwickelungsgeschichte der Fische. Leipzig 1835 doi:10.5962/bhl.title.5773
  • Kaspische Studien. 4 Teile. St. Petersburg 1855–1860 (Nachdruck: Saarbrücken 2006)
  • Über das Aussterben der Thierarten in physiologischer und nicht physiologischer Hinsicht überhaupt. 1863 doi:10.5962/bhl.title.42322
  • Der Bau des centralen Nervensystemes der ungeschwänzten Batrachier. Dorpat 1864 doi:10.5962/bhl.title.46901
  • Studien aus dem Gebiete der Naturwissenschaften. Reden gehalten in wissenschaftlichen Versammlungen und kleinere Aufsätze vermischten Inhalts. 3 Bde. Vieweg, St. Petersburg 1864–1876 (Nachdruck: Hildesheim, Zürich, New York 2003–2006) bzw. Braunschweig 1886 (Digitalisat) doi:10.5962/bhl.title.1791
  • Nachrichten über Leben und Schriften des Herrn Geheimraths Dr. Karl Ernst von Baer, mitgetheilt von ihm selbst, als Privatdruck 1864, danach: St. Petersburg 1866 u. ö. (Nachdruck: Hannover-Döhren 1972) (Autobiographie Baers bis 1834, dem Jahr seines Umzugs nach St. Petersburg)
  • Письма Карла Бэра ученым Петербурга, hg. von T. A. Lukina. Leningrad 1976 (Baer-Briefe überwiegend aus der St. Petersburger Zeit)
  • Entwicklung und Zielstrebigkeit in der Natur, hg. von K. Boegner. Stuttgart 1983 (Enthält Reden Baers zum Teleologieproblem, mit anthroposophischer Schlagseite)
  • Materialien zur Kenntniss des unvergänglichen Boden-Eises in Sibirien. Unveröffentlichtes Typoskript von 1843 und erste Dauerfrostbodenkunde, hrsg. von Lorenz King, Gießen 2001 (Digitalisat)

論文[編集]

  • Über ein allgemeines Gesetz in der Gestaltung der Flussbetten. In: Kaspische Studien 1860, VIII, S. 1–6.
  • Ueber das Klima von Sitcha und den Russischen Besitzungen an der Nordwestküste von Amerika überhaupt, nebst einer Untersuchung der Frage, welche Gegenstände des Landbaues in diesen Gegenden gedeihen können. Bull. sci., 1839, 5, S. 129–141, 146–152.
  • Crania selecta ex thesauris anthropologicis Acad. Imp. Petropolitanae. Cum tabulis lithograficis XVI. / Ueber Papuas und Alfuren In: Mémoires de l'Académie Impériale des Sciences de St.-Pétersbourg, VIme série, Bd. 19, 2. Teil, Bd. 8, 1859, S. 241–268 und 269–346 (lateinische Arbeit über Kraniologie mit deutschen Bemerkungen zur Evolution auch beim Menschen)
  • Entwickelt sich die Larve der einfachen Ascidien in der ersten Zeit nach dem Typus der Wirbelthiere?. In: Mémoires de l'Académie de St.-Pétersbourg VII. série 1873, Bd. 8, S. 1–35.
  • Zum Streit über den Darwinismus. In: Augsburger Allgemeine Zeitung 1873, Nr. 130, Beilage, S. 1986–1988.
  • Peter des Grossen Verdienste um die Erweiterung der geographischen Kenntnisse. St. Petersburg 1872.
  • Lebensgeschichte Cuvier’s. Braunschweig 1897.
  • On the Genesis of the Ovum of Mammals and of Man. Introduction by Bernhard Cohen. In: Isis Bd. 47 (1956), S. 117–153 (englische Übersetzung von Baers Arbeit zur Ei-Entdeckung 1827).

講演[編集]

  • Das allgemeinste Gesetz der Natur in aller Entwickelung. Ein Vortrag. In: Reden und kleinere Aufsätze Bd. 1. St. Petersburg 1864 bzw. 2006, S. 35–74.
  • Ueber das Verhältnis des preußischen Staats zur Entwickelungsgeschichte der Menschheit. Am 18. Januar 1834 in der Königlich Deutschen Gesellschaft vorgetragen. In: Historische und literärische Abhandlungen der königl. Deutschen Gesellschaft zu Königsberg, 3. Sammlung, Bd. 8, 1834, S. 229–247.
  • Blicke auf die Entwickelung der Wissenschaft*. Vortrag in der öffentlichen Sitzung der Akademie der Wissenschaften zu St. Petersburg am 29. Dec. 1835. In: Reden und kleinere Aufsätze Bd. 1. St. Petersburg 1864 bzw. 2006, S. 75–160.
  • Welche Auffassung der lebenden Natur ist die richtige? und wie ist diese Auffassung auf die Entomologie anzuwenden? Zur Eröffnung der Russischen entomologischen Gesellschaft im October 1860 gesprochen. In: Reden und kleinere Aufsätze Bd. 1. St. Petersburg 1864 bzw. 2006, S. 237-284 (Hier entfaltet Baer seine berühmte Kritik am Verzicht auf den Zweck- und Zielstrebigkeitsbegriff in den Naturwissenschaften)

訃報 ベーアについて[編集]

  • Leopold von Schrenck: Rede, gehalten am Grabe, von Akademiker Dr. v. Schrenck. In: Reden zum Gedächtnisse C. E. von Baer's, gehalten bei der Beerdigungsfeier in Dorpat. Dorpat 1876.
  • Ray Lankester: Karl Ernst von Baer. In: The Academy Bd. 10, 1876, S. 608–609.
  • Alexander Graf Keyserling: Gedächtnisrede auf Karl Ernst von Baer, gehalten am 18. Dez. 1876 in der literarischen Gesellschaft zu Reval. In: Aus baltischer Geisteswelt. Reden und Aufsätze, Bd. 1, Riga 1908, S. 3–17.
  • Gustav Zaddach: Karl Ernst von Baer. Gedächtnisrede, gehalten in der außerordentlichen Sitzung der physicalisch-ökonomischen Gesellschaft am 16. Februar 1877. Königsberg 1877.
  • Gregor von Helmersen: Karl Ernst von Baer's letzte Lebensstunden. In: St. Petersburger Zeitung Nr. 151, 1877, S. 1–8.
  • Karl Johann von Seidlitz: Gedenkvortrag für Karl Ernst von Baer, 25. November 1876. In: Sitzungsberichte der Naturforscher-Gesellschaft zu Dorpat Bd. 4, 1878, S. 285–305.
  • Georg Dragendorff: Gedenkansprache auf Baer; Lebensabriss Baers. In: Sitzungsberichte der Naturforscher-Gesellschaft zu Dorpat (bzw. bei der Universität zu Jurjew) Bd. 4, 1878, S. 282–285; und Bd. 10, 1895, S. 27–40.
  • Emil Rosenberg: Festrede am Tage der Enthüllung des in Dorpat errichteten Denkmals für Karl Ernst von Baer in der Aula der Universität am 16. (28.) November 1886 gehalten. Dorpat 1886.

日本語文献[編集]

  • 石川裕二『哺乳類の卵:発生学の父、フォン・ベーアの生涯』工作舎 2019 ISBN 978-4-87502-508-5

欧語文献[編集]

  • Georg Seidlitz: Baer und die Darwin'sche Theorie. In: Beiträge zur Descendenz-Theorie. Leipzig 1876, S. 37–170
  • Ludwig Stieda: Karl Ernst von Baer. Eine biographische Skizze. Braunschweig 1878. (erste Baer-Biographie, vom Verwalter des Baer-Nachlasses)
  • Филипп В. Овсянников: Очерк деятельности К.М. Бэра и значение его трудов. St. Petersburg 1879. (russisch)
  • Ludwig Stieda (1902), "Baer, Karl Ernst von", Allgemeine Deutsche Biographie (ADB) (in German), 46, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 207–212
  • Remigius Stölzle: Karl Ernst von Baer und seine Weltanschauung. Regensburg 1897. (Synthese von Baers Weltbild mit theistischer Schlagseite)
  • Wilhelm Haacke: Karl Ernst von Baer. Leipzig 1905. (kurze Biographie)
  • Benno Ottow (Hrsg): Karl Ernst von Baer: Über die Bildung des Eies der Säugetiere und des Menschen. Leipzig 1927.
  • George Sarton: The discovery of the mammalian egg and the foundation of modern embryology. In: Isis Bd. 16 (1931), Nr. 2, S. 315–377 (mit einem Faksimile von Baers Originalarbeit von 1827).
  • Goetz von Selle: Baer, Edler von Huthorn, Karl Ernst Ritter von. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 1, Duncker & Humblot, Berlin 1953, ISBN 3-428-00182-6, S. 524 (電子テキスト版).
  • Theodor Arzt: Die Erforschungsgeschichte der Chorda dorsalis und die Entstehung des Chordaten-Begriffes im 19. Jahrhundert. In: Nova Acta Leopoldina N.F. (1955) Nr. 121, S. 361–409.
  • Benno Ottow: K. E. von Baer als Kraniologe und die Anthropologen-Versammlung 1861 in Göttingen. In: Sudhoffs Archiv Bd. 50 (1966), S. 43–68.
  • Boris Jewgenjewitsch Raikow: Karl Ernst von Baer (1792–1876). Sein Leben und sein Werk. (= Acta historica Leopoldina; Nr. 5). J. A. Barth, Leipzig 1968. (marxistisch-orthodoxe Biographie Baers)
  • Heinrich von Knorre: Die Entstehungsgeschichte von K. E. Baers „Sendschreiben“: De ovi mammalium et hominis genesi 1827 und vier Briefe Karl Ernst von Baers an Carl Asmund Rudolphi. In: Mitteilungen der deutschen Akademie der Naturforscher Leopoldina, Reihe 3, Bd. 17 (1973), S. 237–286.
  • Heinrich von Knorre, Helmke Schierhorn: Karl Ernst von Baer (1792–1876). Eine ikonographische Studie. In: Acta historica Leopoldina Nr. 9 (1975), S. 227–268 (versammelt alle Baer-Portraits)
  • Ospovat, Dov (1976). The influence of Karl Ernst von Baer's embryology, 1828–1859. In: Journal of the History of Biology Bd. 9 (1976) Nr. 1, S. 1–28.
  • T. Ilomets: Karl Ernst von Baer. Tallinn 1976 (estnisch, russisch, deutsch) (Bildband zum Leben Baers)
  • Maie Valt: K. E. v. Baer ja darvinism. Etüüd arenguideede draamast bioloogias. Tallinn 1977. (estnisch)
  • Hans Querner: Karl Ernst von Baer als Anthropologe. In: Peter Schröter (Hg.): 75 Jahre Anthropologische Sammlungen München. München 1977, S. 301–310.
  • Roswitha Lienert: Karl Ernst von Baer und die Entdeckung des Säugetiereies. Diss. Würzburg 1978
  • Hans Querner: Karl Ernst von Baer und Thomas Henry Huxley. Unveröffentlichte Briefe aus den Jahren 1860–1868. In: Sudhoffs Archiv Bd. 62(1978) Nr. 1, S. 131–147.
  • Erki Tammiksaar: Findbuch zum Nachlass Karl Ernst von Baer (1792–1876). (= Berichte und Arbeiten aus der Universitätsbibliothek und dem Universitätsarchiv Giessen; 50/1999). Universitätsbibliothek Gießen, Gießen 1999 (Digitalisat der Einleitung)
  • Erki Tammiksaar: Der „Humboldt des Nordens“. Der Nachlass des Naturforschers Karl Ernst von Baer in der Universitätsbibliothek wird ausgewertet. In: Spiegel der Forschung. Band 17, 2000, Heft 2, S. 14−21 (Digitalisat)
  • Karl Ernst von Baer, der Humboldt des Nordens. Ausstellungskatalog. Universität Gießen, Gießen 2002
  • Thomas Schmuck: Baltische Genesis. Die Grundlegung der Embryologie im 19. Jahrhundert. (=Relationes Bd. 2). Aachen 2009 (über Baer: S. 115–213)
  • Erki Tammiksaar: New Aspects in Karl Ernst von Baer's World View Concerning Darwin's Hypothesis of Natural Selection. In: Э. И. Кольчинский, А. А. Федотова: Чарльз Дарвин и современная биология. Труды Международной научной конференции, Санкт-Петербург, 21–23 сентября 2009 г. St. Petersburg 2010, S. 561–566.
  • Ortrun Riha, Thomas Schmuck: "Das allgemeinste Gesetz". Karl Ernst von Baer (1792–1876) und die großen Diskurse des 19. Jahrhunderts. (=Relationes Bd. 5). Aachen 2011

脚注[編集]

  1. ^ Datum nach seiner Selbstbiografie Nachrichten über Leben und Schriften des Herrn Geheimraths Dr. Karl rnst von Baer, Sankt Petersburg 1865
  2. ^ Zum Andenken an Alexander von Humboldt. Ansprache an die mathematisch-physikalische Classe, am 13. Mai 1859. Separatdruck. Wieder abgedruckt in: Reden und kleinere Aufsätze Bd. 1. St. Petersburg 1864 bzw. 2006, S. 293-296 Der Briefwechsel: http://www.uni-potsdam.de/u/romanistik/humboldt/hin/hin24/schmuck.htm
  3. ^ Arzt: Die Erforschungsgeschichte der Chorda dorsalis... S. 367
  4. ^ „the most important biological work of the century“ (Anonymer Nachruf in den Proceedings of the American Academy of Arts and Sciences 1876/1877, S. 335).
  5. ^ Schrenck, Nachruf auf Baer... 1876, S. 27-28.
  6. ^ A short biography of Karl Ernst von Baer
  7. ^ Book of Members, 1780-2010: Chapter B
  8. ^ A short biography of Karl Ernst von Baer
  9. ^ Zitiert nach Jane M. Oppenheimer: An Embryological Enigma. In: B. Glass, O. Temkin, W. L. Straus Jr. (Hrsg.): Forerunners of Darwin 1745-1859. Baltimore MD 1968, S. 294
  10. ^ Studentenkurier 01/2002, S.3
  11. ^ Quelle: Der Orden pour le merite für Wissenschaft und Künste: Die Mitglieder des Ordens, Band I (1842–1881), Seite 134, Gebr. Mann-Verlag, Berlin, 1975
  12. ^ http://baer.emu.ee/253571
  13. ^ Brief Huxleys vom 6. August 1860, nach J. M. Oppenheimer: An Embryological Enigma. In: B. Glass, O. Temkin, W. L. Straus Jr. (Hrsg.): Forerunners of Darwin 1745-1859. Baltimore MD 1968, S. 295
  14. ^ Vortragsmitschrift http://fvn-rs.net/PDF/GA/GA174b.pdf
  15. ^ St. J. Gould: Darwin nach Darwin. Frankfurt/M., Berlin, Wien 1984, S. 136.
  16. ^ E. Mayr Die Entwicklung der biologischen Gedankenwelt. Berlin, Heidelberg, New York, Tokyo 1984, S. 207