カール・デッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カール・デッカー
生誕 (1897-11-30) 1897年11月30日
ドイツの旗 ドイツ帝国ボルンティン英語版
死没 1945年4月21日(1945-04-21)(47歳)
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国ブラウンシュヴァイク
所属組織 ドイツの旗 ドイツ帝国
ドイツの旗 ドイツ国
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
部門 War Ensign of Germany (1903-1918).svg ドイツ帝国陸軍
War Ensign of Germany (1921-1933).svg ヴァイマル共和国軍
War Ensign of Germany (1938-1945).svg ドイツ国防軍陸軍
軍歴 1914年 – 1945年
最終階級 装甲兵大将
指揮 第5装甲師団英語版
第39装甲軍団英語版
戦闘

第一次世界大戦


第二次世界大戦
受賞 二級鉄十字章1914年章 一級鉄十字章1914年章 DEU DK Gold BAR.png
柏葉・剣付騎士鉄十字章

カール・デッカードイツ語: Karl Decker1897年11月30日 - 1945年4月21日)は、ドイツの軍人。最終階級は装甲兵大将第二次世界大戦における戦功により柏葉・剣付騎士鉄十字章を受章している。

経歴[編集]

1897年11月30日プロイセン王国ポンメルン地域ボルンティン英語版に将校の息子として生まれる。第一次世界大戦勃発直後の1914年8月3日ドイツ帝国陸軍へ入隊し、東プロイセンで初の戦場を経験した[1]。デッカーは敵前で示した勇敢さを評価されて士官候補生となり、同時に二級鉄十字章1914年章を受章した。1915年に少尉へ昇進し、その後一級鉄十字章1914年章も受章している。同年、彼はポーランドロシアクールラント(現在のラトビア)で戦闘に加わり、1916年には機関銃部隊の小隊指揮官英語版(ツークフューラー)を務めた。1917年春から西部戦線に移動した彼は、翌年リスの戦い英語版に参戦した。その際、彼は大隊副官に就いている。なお、この戦闘で彼の師団は大規模な死傷者を出した。1918年中、彼はダルゴウ=デーベリッツ英語版の歩兵学校で武器の指導員を務めた[2]

ドイツ帝国が崩壊すると、デッカーは1920年ヴァイマル共和国軍へ入隊し、第29「イェーガー」予備役連隊、第5「イェーガー」連隊、第6騎兵連隊などに所属した。この間彼は中尉、次いで騎兵大尉へ昇進している。少佐へ昇進すると、ホルスト・ニーマック英語版とともに第5騎兵連隊の参謀となった。その後すぐにミュールハウゼン英語版の第38装甲分遣隊へ割り当てられた。後に彼は分遣隊の司令官となる[2]

この部隊は第2装甲師団英語版麾下となり、ポーランド侵攻ではデッカーの指揮の下クラクフヤブウォンカ英語版峠での戦闘に赴いている。フランスの戦いでは、彼は第2装甲師団・第3装甲連隊の大隊で指揮を執り、マーススダンサン=カンタンアブヴィルなどで戦った。

バルカン半島の戦いが始まると、デッカーの部隊はユーゴスラビアギリシャ北部で展開しアテネを占領、コリントス運河を渡河した。バルバロッサ作戦発動前に彼は第3装甲連隊司令官に就任。さらに1942年春には第9軍参謀となった。1943年4月に第5装甲師団英語版の司令官を拝命。1944年5月4日柏葉付騎士鉄十字章を受章し、同時に中将へ昇進した。

デッカーは第3装甲軍第39装甲軍団英語版司令官となり、1945年1月1日装甲兵大将へ昇進した。彼の部隊は西部戦線に再配備された後、ユルツェン英語版アルザスアメリカ軍と戦火を交えた。4月21日ルール・ポケットでドイツ軍が敗北すると、彼は自決した。

叙勲[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 連邦公文書館には剣付章授与の記録が残っていないが、シャーザーによれば、デッカーの未亡人が夫への授与を伝えられたと主張している。授与日は騎士十字章受章者協会が割り出した。[6]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Wegmann 2004, p. 308.
  2. ^ a b Berger 1999, p. 52.
  3. ^ a b c d e f g h i j Wegmann 2004, p. 311.
  4. ^ Patzwall & Scherzer 2001, p. 80.
  5. ^ a b Scherzer 2007, p. 267.
  6. ^ Scherzer 2007, p. 125.

参考文献[編集]

  • Berger, Florian (1999) (German). Mit Eichenlaub und Schwertern. Die höchstdekorierten Soldaten des Zweiten Weltkrieges. Vienna, Austria: Selbstverlag Florian Berger. ISBN 978-3-9501307-0-6. 
  • Patzwall, Klaus D.; Scherzer, Veit (2001) (German). Das Deutsche Kreuz 1941 – 1945 Geschichte und Inhaber Band II. Norderstedt, Germany: Verlag Klaus D. Patzwall. ISBN 978-3-931533-45-8. 
  • Scherzer, Veit (2007) (German). Die Ritterkreuzträger 1939–1945 Die Inhaber des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939 von Heer, Luftwaffe, Kriegsmarine, Waffen-SS, Volkssturm sowie mit Deutschland verbündeter Streitkräfte nach den Unterlagen des Bundesarchives. Jena, Germany: Scherzers Militaer-Verlag. ISBN 978-3-938845-17-2. 
  • Wegmann, Günter (2004) (German). Die Ritterkreuzträger der Deutschen Wehrmacht 1939–1945 Teil VIIIa: Panzertruppe Band 1: A–E. Bissendorf, Germany: Biblio-Verlag. ISBN 978-3-7648-2322-1. 
  • (English) Hitler's Commanders. Rowman & Littlefield. ISBN 978-1-4422-1152-0. https://books.google.com.my/books?id=lvkahnnYzUsC&pg=PA174&lpg=PA174&dq=karl+decker+hitlers+commander&source=bl&ots=rscc0mcn_g&sig=6WPa7ErZaEUYv3E8r5STUnCrUyM&hl=en&sa=X&redir_esc=y#v=onepage&q&f=false. 
軍職
先代:
エルンスト・フェリクス・フェッケンシュテット中将
第5装甲師団英語版司令官
1943年9月7日 – 1944年10月16日
次代:
ルドルフ・リッペルト英語版少将
先代:
ディートリヒ・フォン・ザウケン装甲兵大将
第39装甲軍団英語版司令官
1944年10月15日 – 1945年4月21日
次代:
カール・アルント英語版中将