カール・トリアナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カール・トリアナ
Karl Triana
基本情報
国籍  コロンビア
出身地 ボリーバル県カルタヘナ
生年月日 (1992-10-07) 1992年10月7日(25歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム コロンビアの旗 コロンビア
WBC 2013年2017年

カール・ルイス・トリアナKarl Lewis Triana1992年10月7日 - )は、コロンビア共和国ボリーバル県カルタヘナ出身のプロ野球選手(投手)。

経歴[編集]

プロ入りとダイヤモンドバックス傘下時代[編集]

2010年11月20日にアリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結び、プロ入りを果たした。

2011年は、傘下ルーキーリーグのドミニカン・サマーリーグ・ダイヤモンドバックスで12試合(11試合で先発)登板し、3勝5負、防御率3.06、45奪三振を記録した[1]

2012年は、まず傘下アドバンスルーキーリーグのミズーラ・オスプレイでプレーした。ここでは、14試合に先発登板し、5勝3負、防御率5.64、59奪三振を記録した[1]。これと、傘下ルーキーリーグのアリゾナリーグ・ダイヤモンドバックスでもプレーした。ここでは、1試合に先発登板した[1]。オフの11月には、第3回WBC予選のコロンビア代表に選出された[2]

2013年は、まず傘下アドバンスルーキーリーグのミズーラ・オスプレイでプレーした。ここでは、2試合(1試合で先発)登板し、0勝1負、防御率5.68、3奪三振を記録した[1]。その後、傘下ショートシーズンAのヒルズボロ・ホップスへ昇格した。ここでは、4試合(3試合で先発)登板し、1勝1負、防御率4.60、11奪三振を記録した[1]。7月11日に解雇された。

ダイヤモンドバックス退団後[編集]

2016年3月11日に第4回WBC予選のコロンビア代表に選出されたことが発表され[3]2大会連続2度目の選出を果たした。

詳細情報[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Baseball Reference (Minors)
  2. ^ 2012 Qualifier Roster” (英語). The official site of World Baseball Classic. 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月24日閲覧。
  3. ^ Managers, rosters and game schedules announced for the Mexicali and Panama City WBC Qualifiers MLB.com Press Release (英語) (2016年3月11日) 2016年6月1日閲覧