カール・ハウスクネヒト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
H. C. Haussknecht

ハインリヒ・カール・ハウスクネヒト(Heinrich Carl Haussknecht、1838年11月30日 - 1903年7月7日)は、ドイツ薬剤師植物学者である。

略歴[編集]

ベンヌンゲンで生まれた。ヴロツワフ大学で薬学と植物学を学んだ。テューリンゲンニーダーザクセン、ギリシャ、中東の採集旅行を行った。1864年から1869年に現在のトルコ、シリア、イラク、イランなどの中東の採集旅行を行い、多くの植物の記載を行った。中東でチューリップの野生種、ツリパ・アレッペンシス(Tulipa aleppensis)などを発見したことで知られる。1882年にテューリンゲン植物学会の設立者の一人となり、1885年にヘルドライヒ(Theodor von Heldreich)とギリシャ北部を旅した。1896年にヴァイマルに広い育種園を設立し、育種園はハウスクネヒトの没後、植物学者のボルンミューラー(Joseph Friedrich Nicolaus Bornmüller)が管理した後、イェナ大学の植物学科が管理するものとなった。

アカバナ科のアカバナ属(Epilobium)の植物を専門とし、1884年に"Monographie der Gattung Epilobium"を発表した。

セリ科の属名、ハウスクネキティア属(Haussknechtia)に献名されている。

著作[編集]

  • Vorbericht über Prof. C. Haussknecht’s orientalische Reisen / nebst Erläuterungen von Prof. Dr. H. Kiepert. In: Zeitschrift der Gesellschaft für Erdkunde. Bd. 17 (1882).
  • Monographie der Gattung Epilobium. G. Fischer, Jena 1884.
  • Über die Abstammung des Saathabers. In: Mitteilungen der Geographischen Gesellschaft für Thüringen zu Jena. Bd. 3 (1885), S. 231–242.

参考文献[編集]

  • Dietrich von Engelhardt (Hrsg.): Biographische Enzyklopädie deutschsprachiger Naturwissenschaftler. Band 1: A–O. Saur, München 2003, ISBN 3-598-11629-2.
  • F. Karl Meyer: Haussknecht, Carl. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 8, Duncker & Humblot, Berlin 1969, ISBN 3-428-00189-3, S. 128 f.
  • N.N.: Dem Botaniker Karl Haußknecht zum Gedächtnis. In: Thüringer Heimatschutz. 5. Jg. Folge 2, 1939, ZDB-ID 401004-8, S. 9 f.
  • Kristin Victor (Hrsg.): Carl Haussknecht. Ein Leben für die Botanik (= Beiträge aus den Sammlungen der Universität Jena. Band 2). Friedrich-Schiller-Universität, Jena 2013, ISBN 978-3-00-044408-1.