カール・フォン・ヴュルテンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カール・フォン・ヴュルテンベルク
Carl von Württemberg
ヴュルテンベルク家家長
在位 1975年 -

全名
出生 (1936-08-01) 1936年8月1日(83歳)
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国、ヴュルテンベルク州フリードリヒスハーフェン
配偶者 ディアーヌ・ドルレアン英語版
子女
家名 ヴュルテンベルク家
父親 フィリップ・アルブレヒト
母親 ローザ・フォン・エスターライヒ英語版
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

カール・ヘルツォーク・フォン・ヴュルテンベルクドイツ語: Carl Herzog von Württemberg1936年8月1日 - )は、ドイツの起業家。現在のヴュルテンベルク家家長。

経歴[編集]

ヴュルテンベルク公フィリップ・アルブレヒトとその妻のトスカーナ大公女ローザ英語版の次男としてフリードリヒスハーフェンに生まれる。リートリンゲンの旧制高校に通い、さらにテュービンゲン大学で法学を専攻した。大学卒業後、アルツハウゼン城ドイツ語版ヴュルテンベルク家財産管理局ドイツ語版で家産の運営に関わった。

1959年6月29日に兄ルートヴィヒフランス語版が継承権を放棄したのに伴い、翌1960年1月19日にアルツハウゼン英語版においてヴュルテンベルク家の相続人に指名され、1975年の父の死を受けて家長位を継承した。

同家の財産管理局はおよそ5500ヘクタールの森林、およそ2200ヘクタールの牧草地及び耕地、モンレポス英語版にある50ヘクタールのブドウ農園、カナダオーストリアスペインなどの森林を含む700カ所におよぶ国内外の地所、そして各種企業の株を管理している。さらに管理局はヴュルテンベルク家が旧王家として保持する70の重要文化財の維持費をも負担している。

カールは社会活動や慈善活動にも関わっており、ドイツ赤十字社バーデン=ヴュルテンベルク州文化保護財団ドイツ語版をはじめとした、小児癌患者の支援団体、フリースクール団体、文化保護団体、青少年支援団体に参加している。バーデン=ヴュルテンベルク州文化保護財団では、1985年の創立当初から2002年まで副総裁を、2002年から2008年まで総裁を務めた。またカールはテュービンゲン大学とホーエンハイム大学英語版の名誉理事、テュービンゲン大学友愛会および大学法人総裁を務めている。カールは詩人ルートヴィヒ・ウーラント英語版にちなむ「ルートヴィヒ・ウーラント賞」を創設したが、これは地域研究に功労のある人々に授与される賞である。さらにカールはヴュルテンベルク・ヨットクラブ英語版の名誉会長で、前スペイン王フアン・カルロス1世とは親友の間柄でもある。

2002年、カールは教皇ヨハネ・パウロ2世より、ベネディクト会出身のゲプハルト・フュルスト司教を通じてロッテンブルク=シュトゥットガルト司教区英語版にカトリックの学制を設置する許可を与えられた。2008年11月8日には、ファレンダー哲学・神学大学ドイツ語版より名誉神学博士号を授与された。

結婚と子女[編集]

1960年7月18日、ディアーヌ・ドルレアン英語版オルレアン家家長のパリ伯アンリの四女)と結婚した。ディアーヌとの間に4男2女を儲けた。

  • フリードリヒ英語版(1961年 - 2018年) - 1993年にヴィート侯女ヴィルヘルミーネ・マリーと結婚し、1男2女を儲ける 交通事故で死去
  • マティルデ(1962年 - ) - 1988年にヴァルトブルク・ツー・ツァイル・ウント・トラウフブルク伯世子エーリヒと結婚し、5女を儲ける
  • エーバーハルト(1963年 - ) - 2011年にルシア・デジレ・コプフと結婚、1男を儲ける
  • フィリップ(1964年 - ) - 1991年にマリー・カロリーネ・イン・バイエルン(バイエルン公マックス・エマヌエルの次女)と結婚し、1男3女を儲ける
  • ミヒャエル(1965年 - ) - 2006年にユリア・シュトルツと結婚
  • エレオノーレ・フロイア(1977年 - ) - 2003年にゲース伯モーリッツと結婚し1男2女を儲ける
先代:
フィリップ・アルブレヒト
ヴュルテンベルク家家長
1975年 -
次代:

推定相続人:ヴィルヘルム(孫)