カール・ベーレト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カール・ベーレトカール・ベォーレット(Carl Boehret、1933年7月30日 - )は、ドイツ政治学者シュパイアー行政大学院政治学講座を担当し、2001年に退官。同大学院名誉教授

学歴・職歴

  • 1962年    ベルリン自由大学卒業(政治学士:Dipl.-Politologe)
  • 1965年    博士学位取得(国家学博士:Dr.rer.pol.)
  • 1970年    教授資格認定
  • 1971-1974年 ベルリン自由大学政治学・政治経済学講座教授
  • 1975-2001年 シュパイアー行政大学院政治学講座教授
  • 1984-1988年 同大学院付置行政研究所長
  • 1991-1993年 同大学院学長
  • 1993-1995年 シュパイアー行政研修所講師
  • 1994年以降  ラインラント=プファルツ州政府行政改革委員会委員長

主要研究テーマ

  • 政治行政活動成果研究
  • 科学技術・時間・政治
  • 政治行政システム改革
  • 機能国家と行政政策
  • 法規影響評価分析
  • PCを用いたシミュレイション
  • 持続可能社会の政治行政への影響

今日は何の日(10月14日

もっと見る