カール (バーデン大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バーデン大公カール
バーデン大公カール

カールドイツ語: Karl, 1786年7月8日 - 1818年12月8日)は、バーデン大公国の第2代大公(在位: 1811年 - 1818年)。全名はカール・ルートヴィヒ・フリードリヒKarl Ludwig Friedrich)。初代バーデン大公カール・フリードリヒの孫。

1786年7月8日、バーデン=ドゥルラハ辺境伯カール・フリードリヒの長男であるカール・ルートヴィヒと、その妃でヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世の娘であるアマーリエの間に第6子(次男)としてカールスルーエで生まれた。兄のカール・フリードリヒはこのとき既に歿していたため、1801年に父がスウェーデンで事故死すると法定推定相続人となった。

バーデンは1803年に選帝侯となり、さらに1806年に神聖ローマ帝国が解体すると大公国となった。1811年に祖父が死去するとカールは大公位に即いた。当初バーデンはライン同盟に加盟していたが、1813年のライプツィヒの戦いの後はフランスから離れた。クレメンス・メッテルニヒが主宰したウィーン会議に参加し、1815年に成立したドイツ連邦の原加盟国となった。

1818年12月8日にラシュタットで死去。息子はともに夭逝していたため、叔父のルートヴィヒ1世が大公位を嗣いだ。

素性不明の捨て子カスパー・ハウザーに関する噂の一つに、カスパー・ハウザーは1812年に誕生後すぐに死去したとされたカールの長男であったというものがある。

結婚と子女[編集]

1806年4月8日にナポレオン・ボナパルトの養女であるステファニー・ド・ボアルネパリで結婚した。彼女との間には以下の子供をもうけた。

ウィキメディア・コモンズには、カール (バーデン大公)に関するカテゴリがあります。

先代:
カール・フリードリヒ
バーデン大公
1811年 - 1818年
次代:
ルートヴィヒ1世