ガイウス・ユリウス・カエサル (プロコンスル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガイウス・ユリウス・カエサル(Promptuarii Iconum Insigniorumより)

ガイウス・ユリウス・カエサル (古典ラテン語:Gaius Iulius Caesar、紀元前130年頃 – 紀元前85年) は、共和政ローマ期の政治家、元老院議員。ガイウス・マリウスの義兄。終身独裁官となった同名の息子ガイウス・ユリウス・カエサルと区別するため大カエサルと呼ばれることもある。

大カエサルはアウレリア・コッタと結婚し、2人の娘(大ユリアと小ユリア)と息子ガイウス(紀元前100年生)をもうけた。[1] 大カエサルの兄弟にはセクストゥス・ユリウス・カエサル (紀元前91年の執政官)がおり[2] 、父は同名のガイウス・ユリウス・カエサル(カエサル2世)である。

大カエサルの出世キャリア(クルスス・ホノルム)はよく知られているが、その具体的な時期には議論の余地がある。彼の死よりずっと後に執筆された2つのエロギアによると、ケルキナの長官、トリブヌス・ミリトゥムクァエストルプラエトルアシア属州総督(プロコンスル)を歴任している。[3] それぞれに任じられた具体的な日付は分かっていない。ケルキナはおそらく紀元前103年時点ではガイウス・マリウスのものであった。[4] プラエトルとなった年代には、紀元前92年という説と[5] 紀元前90年代の初めという説がある。[6]

紀元前85年のある朝、大カエサルはローマで靴を履いている最中に急死した。「他のカエサル(おそらく父のカエサル2世)」もピサで同じような死を迎えているという。[7] 大カエサルは息子のガイウスに当代最高のガリア系弁舌家マルクス・アントニウス・グニポをつけていた。[8] 大カエサルはその莫大な資産を息子に遺そうとしたが、紀元前80年代の内乱中にマリウス派を駆逐したルキウス・コルネリウス・スッラによって没収された。[9]

家系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カエサル1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カエサル2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大マリウス
 
ユリア・カエサリス
 
大カエサル
 
アウレリア
 
セクストゥス・カエサル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小マリウス
 
小コルネリア
 
ユリウス・カエサル
 
小ユリア
 
アティウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グナエウス・ポンペイウス
 
ユリア・カエサリス
 
 
 
 
 
オクタウィウス
 
アティア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スクリボニア
 
アウグストゥス
 
リウィア
 
クラウディウス・ネロ
 
アントニウス
 
小オクタウィア
 
小マルケッルス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグリッパ
 
大ユリア
 
ティベリウス
 
大ドルスス
 
小アントニア
 
大アントニア
 
ルキウス・ドミティウス
 
小マルケッラ
 
メッサリヌス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大アグリッピナ
 
 
 
ゲルマニクス
 
 
クラウディウス
 
 
 
 
グナエウス・ドミティウス
 
ドミティア・レピダ
 
バルバトゥス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カエソニア
 
カリグラ
 
小アグリッピナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メッサリナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユリア・ドルシッラ
 
 
 
 
 
 
 
ネロ
 
クラウディア・オクタウィア
 
ブリタンニクス
 
 
 
 
 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Plutarch, Caesar 1, 9; Suetonius, Julius 1, 74
  2. ^ T.R.S. Broughton, Magistrates of the Roman Republic, ii.20
  3. ^ Corpus Inscriptionum Latinarum, 6.1311
  4. ^ T.C. Brennan, The Praetorship in the Roman Republic, 555.
  5. ^ Broughton, Magistrates, ii. 17
  6. ^ Brennan, Praetorship, 555
  7. ^ Pliny the Elder, Natural History 54.7
  8. ^ Suetonius, Lives of Eminent Grammarians 7
  9. ^ Suetonius, Julius 1