ガイズ&ドールズ (宝塚歌劇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガイズ&ドールズ > ガイズ&ドールズ (宝塚歌劇)

ガイズ&ドールズ』は、宝塚歌劇団ミュージカル作品。同名のミュージカルの宝塚版。

原作はデイモン・ラニヨン[1][2][3][4][5]、音楽・作詞はフランク・レッサー[1][2][3][4][5]、脚本はジョー・スワーリング[1][2][3][4][5]とエイブ・バローズ[1][2][3][4][5]、脚色・演出は酒井澄夫[1][2][3][4][5]

公演データ[編集]

1984年・1985年 月組
形式名は「ブロードウェイ・ミュージカル[1][2]」。本公演は2幕15場[1][2]、新人公演は1幕のみ[6]
2002年 月組
形式名は「ミュージカル[3]」。2幕17場[3]
  • 2002年1月1日 - 2月12日[3](新人公演:1月22日[3]) 宝塚大劇場
  • 2002年3月29日 - 5月16日[4](新人公演:4月9日[8]) 東京宝塚劇場
2015年 星組
形式名は「ブロードウェイ・ミュージカル[9]」。
  • 2015年8月21日(金) - 9月28日(月)[5](新人公演:9月8日(火)[5]) 宝塚大劇場
  • 2015年10月16日(金) - 11月22日(日)[5](新人公演:10月29日(木)[5]) 東京宝塚劇場

スタッフ[編集]

1984年・1985年[編集]

※氏名の後ろに「宝塚[1]」「東京[2]」の文字がなければ両劇場共通。

2002年[編集]

※氏名の後ろに「宝塚[3]」「東京[4][8]」の文字がなければ両劇場共通。

  • 演出:三木章雄
  • 翻訳:青井陽治
  • 訳詩:岩谷時子
  • 音楽:吉田優子/鞍富真一
  • 編曲:竹内一宏
  • 音楽指揮:佐々田愛一郎(宝塚)、清川知己(東京)、木谷木靖(東京)
  • 振付:ケンジ中尾/麻咲梨乃/若央りさ
  • 装置:石濱日出雄/関谷敏昭
  • 衣装:有村淳
  • 照明:勝柴次朗
  • 音響:加門清邦
  • 小道具:伊集院撤也
  • 効果:木多美生(宝塚)、宮廻みさよ(東京)
  • 演技指導:美吉左久子
  • 歌唱指導:岡崎亮子
  • 演出助手:大野拓史/児玉明子/稲葉太地
  • 振付助手:麗美花
  • 装置補:広森守
  • 小道具補:谷田祥一
  • 舞台進行:日笠山秀観/赤坂英雄
  • 舞台美術製作:株式会社宝塚舞台
  • 演奏:宝塚オーケストラ(宝塚)
  • 演奏コーティネート:新音楽協会(東京)
  • 演出担当(新人公演):児玉明子
  • 制作:小野真哉

2015年[編集]

宝塚大劇場公演[9]
  • 翻訳:青井陽治
  • 訳詩:岩谷時子
  • 音楽:吉田優子/鞍富真一
  • 編曲:竹内一宏
  • 音楽指揮:佐々田愛一郎
  • 振付:若央りさ/名倉加代子/AYAKO
  • 装置:稲生英介
  • 衣装:有村淳
  • 照明:勝柴次朗
  • 音響:実吉英一
  • 小道具:松木久尚
  • 演技指導:立ともみ
  • 歌唱指導:ちあきしん
  • マーチング指導:川口尚
  • 演出助手:原田諒/谷貴矢/竹田悠一郎
  • 衣装補:加藤真美
  • 舞台進行:押川麻衣(第一幕)、宮脇学(第一幕)
  • 舞台美術製作:株式会社宝塚舞台
  • 演奏:宝塚オーケストラ
  • 制作:西山晃浩
  • 制作補:岡崎晃典
  • 制作・著作:宝塚歌劇団
  • 主催:阪急電鉄株式会社

出演者一覧(2015年)[編集]

※氏名の後ろの「()」は2015年当時の所属組。宝塚公式ページの出演者一覧を参照[10]


主な配役[編集]

※「()」は新人公演キャスト。不明点は「?」とする。

キャスト
  1984年月組
(宝塚)
1985年月組
(東京)
2002年月組 2015年星組
スカイ 大地真央[1]郷真由加[6][7] 紫吹淳[3]月船さらら[3] 北翔海莉(瀬央ゆりあ)[11]
ネイサン 剣幸[1]涼風真世[6][7] 大和悠河[3](北翔海莉[3] 紅ゆずる(紫藤りゅう)[11]
サラ 黒木瞳[1]朝凪鈴[6][7] 映美くらら[3]城咲あい[3] 妃海風(綺咲愛里)[11]
アデレイド 条はるき[1]こだま愛[6] 春風ひとみ[2]
/仁科有理[2][注 1]
(こだま愛[7]
霧矢大夢[3]紫城るい[3] 礼真琴(真彩希帆)[11]
ブラニガン警部 麻月鞠緒[1](大和なつ希[6][7] 立ともみ[3]楠恵華[3] 美稀千種(遥斗勇帆)[11]
ナイスリー 未沙のえる[1](一文字新[6][7] 大空祐飛[3]青樹泉[3] 美城れん(ひろ香祐)[11]
ベニー 郷真由加[1]若央りさ[6][7] 月船さらら[3]真野すがた[3] 七海ひろき(天華えま)[11]
ラスティ 涼風真世[1](美輪さいこ[6][7] 北翔海莉[3]彩那音[3] 麻央侑希(綾凰華)[11]
ハリー 桐さと実[1](高原るみ花[6][7] 越乃リュウ瀬央みつき 壱城あずさ(天希ほまれ)[11]
ビッグ・ジュール 旺なつき[1](愛川麻貴[6][7] 汐美真帆[3]研ルイス[3] 十輝いりす(桃堂純)[11]
ジョーイ 有明淳[1]麻路さき[6][7] 光樹すばる良基天音 十碧れいや(朝水りょう)[11]
カートライト将軍 京三紗[1](翼ひかる) 京三紗(翼ひかる[7] 夏河ゆら宝生ルミ 万里柚美(紫りら)[11]
アーヴァイト 汝鳥怜[1](波音みちる) 汝鳥怜(波音みちる[7] 嘉月絵理風雅湊 天寿光希(音咲いつき)[11]
マーサ 常盤幸子(賀美さつき) 穂波亜莉亜(?) 白妙なつ(白鳥ゆりや)[11]
タバサ 翼ひかる(梨花ますみ 茜みつ希(?) 紫りら(天彩峰里)[11]
アガサ 富美さかえ(淀都) 美原志帆(?) 毬乃ゆい(五條まりな)[11]
カルヴィン 白川亜樹(茜佳実) 麗たまき[注 2](?) 麻真もゆ(?) 瀬稀ゆりと(彩葉玲央)[11]
クロスビー 桃梨江子(日色由佳理) 旭麻里[注 3](?) 夏輝れお(?) 紫藤りゅう(極美慎)[11]
ミミ 仁科有理[1](並樹かおり) 邦なつき[注 1](?) 美々杏里[3]憧花ゆりの[3] 綺咲愛里(小桜ほのか)[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 条はるき の退団に伴う、役代わり(3/1〜18春風・3/19〜31仁科)
  2. ^ 白川亜樹が退団したことに伴う役代わり
  3. ^ 桃梨江子が旭麻里へ芸名を改名したことによる

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 80年史 1994, p. 306.
  2. ^ a b c d e f g h i j k 80年史 1994, p. 312.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 90年史 2004, p. 144.
  4. ^ a b c d e f g 90年史 2004, p. 147.
  5. ^ a b c d e f g h i 2015年星組 公演案内 2015年10月2日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 80年史 1994, p. 308.
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n 80年史 1994, p. 314.
  8. ^ a b 90年史 2004, p. 148.
  9. ^ a b 宝塚プログラム 2015.
  10. ^ 2015年星組 出演者一覧 2015年10月2日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 2015年星組 配役 2015年10月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英 『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』 宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5。
  • 編集:森照実・春馬誉貴子・相井美由紀・山本久美子、執筆:國眼隆一 『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』 宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6。
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇団公演プログラム』 阪急電鉄株式会社 歌劇事業部、2015年8月21日。