ガイ・ファーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガイ・ファーランド
Guy Ferland
生年月日 (1966-02-18) 1966年2月18日(51歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ビバリー
活動期間 1989年 - 活動中

ガイ・ファーランドGuy Ferland, 1966年2月18日 - )は、アメリカ合衆国映画・テレビ監督である。

生い立ちと私生活[編集]

マサチューセッツ州ビバリーで生まれる。父は高校のバンドの教師であり、マサチューセッツ州ボストン・ポップス・オーケストラで演奏をしていた[1]

キャリア[編集]

アルフレッド・ヒッチコックの1946年の映画『汚名』に影響されて映画製作者を目指し、南カリフォルニア大学の映画テレビ学部で映画製作を学び、1988年に卒業し[2]クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシーにインターンシップを行った[3]。文学士号を得た3日後からジョエル・シュマッカーのアシスタントとなり、1994年までに『フラットライナーズ』、『愛の選択』、『フォーリング・ダウン』、『依頼人』などに参加した。1995年に『ベビーシッター』で監督、脚本家デビューする。1997年に監督作『17 セブンティーン』、1998年に監督・製作を務めた『配達人』が公開された。さらに1999年、アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニーテレビ映画Our Guys: Outrage at Glen Ridge』でテレビ監督デビューした[3]。2001年に『アフター・ザ・ストーム』、2002年にはテレビ映画『ダイナマイト・グラフティ』が公開され、後者によりデイタイム・エミー賞全米監督協会賞を受賞した[4][5][6]

2004年の監督作『ダンシング・ハバナ』以降は[7]、テレビシリーズを監督しており、『エド』、『Dr.HOUSE』、『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』、『ザ・ユニット 米軍極秘部隊』、『プリズン・ブレイク』、『ダメージ』、『女捜査官グレイス 〜 天使の保護観察中』、『ザ・シールド ルール無用の警察バッジ』のエピソードを手掛けた。2008年以降は、バイカー集団を題材にした『サン・オブ・アナーキー』や、ゾンビを題材とした『ウォーキング・デッド』、ヴァンパイアを題材とした『ストレイン 沈黙のエクリプス』等を複数話監督している[8]

参考文献[編集]

  1. ^ Damn Yankees – Cast & Creative Team”. North Shore Music Theatre. 2008年2月17日閲覧。
  2. ^ James W. Teller (2006年). “Shows on the Air (PDF)”. In Motion. 2008年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月20日閲覧。
  3. ^ a b Guy Ferland Biography”. Tribute.ca. 2008年2月17日閲覧。
  4. ^ Underwater photography adds realism to After the Storm”. InCamera (2001年7月1日). 2008年2月20日閲覧。
  5. ^ Simon Applebaum (2003年5月12日). “Showtime Goes Bang at Daytime Emmys”. Multichannel News. 2008年2月17日閲覧。
  6. ^ DGA Announces Winners of 2002 Outstanding Directorial Achievement Awards & Recipients of DGA 2003 Lifetime Achievement Awards”. Business Wire (2003年3月2日). 2012年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月17日閲覧。
  7. ^ Charles Lyons (2002年6月25日). “Ferland to helm 'Havana' this fall”. Variety. 2008年2月17日閲覧。
  8. ^ TV: The Mysery Ends Today: All 'Walking Dead' Directors/ Writers Revealed