ガオモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ガオモンデジタルモンスターシリーズに登場する架空の生命体・デジタルモンスターの一種。

概要[編集]

携帯機ではデジヴァイスiCで初登場。漫画デジモンネクストとアニメデジモンセイバーズ両作品の登場人物になっている。

これまでアグモンおよびグレイモン系列のデジモンと対になっていたのはガブモン及びガルルモン系列のデジモンであったが、ガブモンの設定上・外見上の複雑さを排除し、黄の補色の青をベースにすることでアグモンとより分かりやすい対比を作り出している。アニメ終了後も携帯機デジモンツインでアグモンと共に登場しており、獣系の成長期の代表としての地位を確立しつつあるが、同作品にはガブモンも登場しており、根強い人気を伺わせる。

種族としてのガオモン[編集]

ガジモンの亜種で素早さを生かした格闘戦を得意とする。なお、手にグローブを装着しているのは生えかけている爪を保護するためである。

基本データ[編集]

  • 世代/成長期
  • タイプ/獣型
  • 属性/データ
  • 必殺技/ローリングアッパー、ダブルバックハンド
  • 得意技/ガオラッシュ
  • 勢力/ネイチャースピリッツ

亜種・関連種・その他[編集]

登場人物としてのガオモン[編集]

デジモンネクスト[編集]

乾ユウのパートナーデジモン。常にユウを思って行動し、そのために強敵に立ち向かうことも犯罪に手を染めることも厭わない。戦闘面では争いを嫌い、デジソウルをコントロールできないユウによって不完全・暴発的な進化になることが多いが知恵と機転を利かせ切り抜けている。出会った経緯もあってツルギのアグモンとはそりが合わない部分もあるが、お互いを「トカゲ」・「イヌ」と呼び合い、良きライバルになっている。

デジモンセイバーズ[編集]

声優は中井和哉。トーマ・H・ノルシュタインのパートナーデジモン。DATSに所属するデジモンのなかでも実力はトップレベル。テイマーの指示に忠実でトーマのことを「マスター」と呼んでいる。

  • ガオモン→ガオガモン→マッハガオガモン→ミラージュガオガモン→ミラージュガオガモンバーストモード