ガザンファル・ムサベコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガザンファル・マフムード・オグルィ・ムサベコフ
Газанфар Махмуд оглы Мусабеков
Qəzənfər Mahmud oğlu Musabəyov
Мусабеков Газанфар Махмуд оглы (конверт).jpg
1987年のソ連の絵封筒より
生年月日 (1888-07-26) 1888年7月26日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国バクー県クバ郡ペレビディリアゼルバイジャン語版
没年月日 (1938-02-09) 1938年2月9日(49歳没)
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の国旗 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
出身校 聖ウラジーミル帝立大学医学部卒業
前職 医師
所属政党 ボリシェヴィキアゼルバイジャン共産党
称号 労働赤旗勲章[1]
親族 アイナ・スルタノヴァロシア語版(妹)
ガミド・スルタノフロシア語版(義弟)
ラシム・ムサベヨフロシア語版(又甥)[2]

在任期間 1925年5月21日 - 1937年6月

在任期間 1931年1月18日 - 1932年1月28日

Flag of the Transcaucasian SFSR (1925-1936).svg ザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国
人民委員会議議長
在任期間 1931年11月12日 - 1936年12月5日
中央執行委員会議長 (アゼルバイジャン共和国代表)
ガザンファル・ムサベコフ
スルタン・メジド・エフェンディエフ
(アルメニア共和国代表)
アルメン・アナニャン
セルゲイ・マルチキャン
(グルジア共和国代表)
フィリップ・マハラゼ
アヴェリ・エヌキゼロシア語版
フィリップ・マハラゼ[3]

在任期間 1929年9月 - 1931年12月15日

Flag of Azerbaijan 1922.gif アゼルバイジャン社会主義ソビエト共和国
人民委員会議議長
在任期間 1922年5月7日 - 1930年3月
中央執行委員会議長 サメド・アガ・アガマリ・オグルィ
ガザンファル・ムサベコフ[4]
テンプレートを表示

ガザンファル・マフムード・オグルィ・ムサベコフ(ムサベヨフ)ロシア語: Газанфар Махмуд оглы Мусабеков、現代アゼルバイジャン語: Qəzənfər Mahmud oğlu Musabəyov1888年7月26日 - 1938年2月9日)は、ソビエト連邦で活動したアゼルバイジャン人の政治家。ロシア語父称はマフムードヴィチ (Махмудович) とも[5]

生涯[編集]

前半生[編集]

聖ウラジーミル帝立大学時代のムサベコフ(左端・1913年)

1888年7月26日(ユリウス暦14日)[6]ロシア帝国バクー県ペレビディリアゼルバイジャン語版の裕福な(または貧しい[7])農家に生まれた[8]クバアゼルバイジャン語版の小学校から第一バクー実科学校に進み、1911年に卒業して翌1912年キエフの聖ウラジーミル帝立大学 (ru) 医学部[1]に入学[9]。在学中もアゼルバイジャン人学生らと違法な政治団体を組織して弾圧を受けたが、1917年に大学を卒業し、医師免許も取得した[9]

二月革命後はクバ・ソビエト執行委員会議長を半年間務め、同時に貧民に対して医療補助も施した[9]。1917年7月11日にはクバ郡 (ru) 食糧委議長に選出され[10]、12月からはバクー県食糧委副議長に就き[1]アレクサンドル・ベグザジャン議長の下で働いた[9]。翌1918年4月にバクー・コミューンが成立すると、そのバクー県・ダゲスタン州ロシア語版食糧委員に任命された[10]。コミューンの崩壊後はアストラハンに移ってガミド・スルタノフロシア語版ダダシュ・ブニアザーデらと活動[9]ナリマン・ナリマノフとともにムスリム軍病院を設立し、その主治医を2年間務めた[11]。同年にボリシェヴィキ党員となり、8月から1920年4月までは党アストラハン委ムスリム局議長[1]、同時期にはヒュンメトのアストラハン支部長およびザカフカース・ムスリム問題執行委員でもあった[9]

革命後[編集]

ムサベコフとヨシフ・スターリン(1928年の第4期連邦中執委にて)

1920年4月にはロシア共産党政治局の決議によって赤軍のアゼルバイジャン侵攻ロシア語版に参加し[9]、4月28日からアゼルバイジャン社会主義ソビエト共和国の農業人民委員、貿易・産業人民委員を、1921年5月19日までアゼルバイジャン臨時軍事革命委員、1922年まで食糧人民委員を務め[1]、1921年夏にはアゼルバイジャン共産党中央委幹部会員、クバ郡非常委員に就き、教育人民委員部、外務人民委員部、高等経済会議でも勤務した[9]。同年7月から翌1922年11月まではコミンテルン執行委員候補[1]、後には執行委員となった[6]

1922年4月のジェノア会議にナリマノフが出席した際にはアゼルバイジャン共和国人民委員会議議長を代行し[5]、翌5月7日から[1]1930年3月までは正式に人民委員会議議長を務めた[8]1925年5月21日からはソビエト連邦中央執行委議長の一人となり[1]プロレタリア国際主義の宣伝者として活動[12]。12月31日からは連邦共産党中央委員候補にも選出されている[1]1929年9月から1931年12月15日まではアゼルバイジャン共和国中央執行委議長に就き[1]、この間に農業の機械化・集団化・灌漑拡大・暴動鎮圧などに役割を果たした[11]。1931年11月12日から1936年12月5日まではザカフカース連邦共和国中央執行委議長に就き[5]、民族間交流と農業の発展に注力した[12]

粛清[編集]

ムサベコフはアゼルバイジャン共産党中央委や連邦党ザカフカース地方委幹部会の局員に選出され[13]第14回ロシア語版から第17回ロシア語版までの連邦党大会とコミンテルン第3回大会ロシア語版にも出席した[6]。しかし、連邦中央執行委議長に在職中の1937年6月23日に党中央委から除名され[5]、7月25日にモスクワの自宅で逮捕された[14]。その後グルジア共和国に移送され、11月6日にグルジア共和国刑法第58条7項および11項により有罪判決を受けた[14]。さらに翌1938年2月9日に連邦最高裁軍事参議会ロシア語版によって死刑判決を下され[5]、同日NKVD刑務所で処刑された[15]。遺体はドンスコイ修道院ロシア語版で火葬された[15]。その後、ムサベコフは1956年(または1959年[15])に名誉回復ロシア語版と党籍回復がなされた[16]。その名はバクーの通りに残されている[17]

アゼルバイジャン共和国教育人民委員などを務めた妹のアイナロシア語版、そして外務人民委員などを務めたその夫ガミド・スルタノフも1938年に処刑された[18]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Мусабеков Газанфар Махмуд оглы”. Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1991. knowbysight.info. 2018年4月20日閲覧。
  2. ^ Rəhimli, Şahanə (2015年5月1日). “Saytın qonağı | `Siyasətdə heç nə əbədi deyil` - Rasim Musabəyov (VİDEO)”. Azvision.az. https://azvision.az/news/59679/saytin-qonagi-%7C-siyasetde-hec-ne-ebedi-deyil-rasim-musabeyov-video.html 2018年4月20日閲覧。 
  3. ^ Высшие органы государственной власти СССРЗ - ЗСФСР”. Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1991. knowbysight.info. 2018年4月20日閲覧。
  4. ^ Высшие органы государственной власти Азербайджанской ССР”. Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1991. knowbysight.info. 2018年4月20日閲覧。
  5. ^ a b c d e Мусабеков Газанфар Махмуд-оглы”. Правители России и Советского Союза. www.praviteli.org (2015年10月4日). 2018年4月20日閲覧。
  6. ^ a b c Мусабеков // Моршин — Никиш. — М. : Советская энциклопедия, 1974. — (Большая советская энциклопедия : [в 30 т.] / гл. ред. А. М. Прохоров ; 1969—1978, т. 17).
  7. ^ Мусабеков Газанфар Махмуд оглы - государственный деятель, репрессирован”. Наш Баку. 2018年4月20日閲覧。
  8. ^ a b Qasımlı, Hüseynov (2005) səh. 47
  9. ^ a b c d e f g h Мусабеков, Газан-Фар”. Большая биографическая энциклопедия. 2009. 2018年4月20日閲覧。
  10. ^ a b Qasımlı, Hüseynov (2005) səh. 48
  11. ^ a b Qasımlı, Hüseynov (2005) səh. 49
  12. ^ a b Qasımlı, Hüseynov (2005) səh. 51
  13. ^ Qasımlı, Hüseynov (2005) səh. 52
  14. ^ a b Görkəmli və tanınmış şəxsləri”. AZƏRBAYCAN RESPUBLİKASI ŞABRAN RAYON İCRA HAKİMİYYƏTİ. 2018年4月20日閲覧。
  15. ^ a b c ГАЗАНФАР МАХМУД ОГЛЫ МУСАБЕКОВ”. Электронный архив людей. 2018年4月20日閲覧。
  16. ^ Залесский К. А. Империя Сталина: Биографический энциклопедический словарь — М.: Вече, 2002. — 608 с. — ISBN 5-7838-0716-8.
  17. ^ Varoski, Qəzənfər Musabəyov”. VIPEMLAK.az. 2018年4月20日閲覧。
  18. ^ Cavid (2010年11月27日). “Ayna Sultanova: ziddiyyətli tale”. Xalq Cəbhəsi: p. 13 

参考文献[編集]

  • Qasımlı, Musa; Hüseynov, Cavid (2005). Azərbaycanın Baş Nazirləri. Bakı: Adiloğlu. ISBN 9952-25022-3. http://elibrary.bsu.az/kitablar/867.pdf 
公職
先代:
サメド・アガ・アガマリ・オグルィ
Flag of the Transcaucasian SFSR (1925-1936).svg ザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国中央執行委員会議長
アゼルバイジャン共和国代表
1931年1月18日 - 1932年1月28日
次代:
スルタン・メジド・エフェンディエフ
先代:
マミヤ・オラヘラシュヴィリ
Flag of the Transcaucasian SFSR (1925-1936).svg ザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国人民委員会議議長
1931年11月12日 - 1936年12月5日
次代:
なし
先代:
サメド・アガ・アガマリ・オグルィ
Flag of Azerbaijan 1924.gif アゼルバイジャン社会主義ソビエト共和国中央執行委員会議長
1929年9月 - 1931年12月15日
次代:
スルタン・メジド・エフェンディエフ
先代:
なし
Flag of the Azerbaijan Soviet Socialist Republic (1920-1921).svg アゼルバイジャン社会主義ソビエト共和国農業人民委員
1920年4月28日 - 1920年
次代:
サメド・アガ・アガマリ・オグルィ
先代:
なし
Flag of the Azerbaijan Soviet Socialist Republic (1920-1921).svg アゼルバイジャン社会主義ソビエト共和国食糧人民委員
1920年4月28日 - 1922年
次代:
ダダシュ・ブニアザーデ