ガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宇田川榕菴が著した「舎密開宗」の化学実験図。水素ガスの実験が記されている。

ガスとは、英語で気体のこと。特定の性状の気体等をいうこともある。日本語では当て字瓦斯とも表記する[1]

語義[編集]

ガスの分類[編集]

形状による分類[編集]

圧縮ガス、液化ガス、溶解ガスがある[3]

性質による分類[編集]

可燃性ガス、支燃性ガス、不活性ガス、毒性ガスに分けられる[3]

気体ではない「ガス」[編集]

気体のガスに由来[編集]

  • FC東京の通称。親会社が東京ガスなのが由来(大抵漢字で表記する)
  • 不満やストレスなどのこと。通常はそれらを解消する手段を指す「ガス抜き」という言葉で用いられる。
  • イーサリアムなどのブロックチェーンスマートコントラクト英語版を動かすために必要となる手数料。

気体のガスに由来しない[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 山口佳紀『暮らしのことば新語源辞典』講談社、2008年、813頁。ISBN 978-4062653404。「『西洋道中膝栗毛』に「瓦斯の光に…」などの例が見られる。「瓦斯」と書かれることが多かったが、これは音を借りた当て字である。」
  2. ^ アイザック・アシモフ『素粒子のモンスター』 早川書房、1987年、163頁
  3. ^ a b 高圧ガスの安全基礎知識 丸由工材、2020年6月26日閲覧。

関連項目[編集]