ガストネ・ネンチーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガストネ・ネンチーニ
Gastone Nencini
Cycling (road) pictogram.svg
Gastone Nencini 1960.jpg
個人情報
本名 Gastone Nencini
ガストネ・ネンチーニ
愛称 Il Leone del Mugello
イル・レオーネ・デル・ムジェッロ
生年月日 (1930-03-01) 1930年3月1日
没年月日 1980年2月1日(1980-02-01)(49歳)
国籍 イタリアの旗 イタリア
チーム情報
役割 選手
プロ所属チーム
1953–1954
1955–1958
1959–1960
1961–1962
1963–1965
レニャーノ
レオ・シュロロドン
カルパーノ
イニス
スプランゴワル・フュシュス
グランツール最高成績
主要レース勝利
Jersey yellow.svg ツール・ド・フランス 1960
Jersey pink.svg ジロ・デ・イタリア 1957
最終更新日
2011年4月16日

ガストネ・ネンチーニ(Gastone Nencini、1930年3月1日-1980年2月1日)は、イタリアバルベリーノ・ディ・ムジェッロ出身の元自転車競技選手。

経歴[編集]

1953年

1955年

1956年

1957年

1958年

1959年

1960年

  • ジロ・デ・イタリア 総合2位 & 区間2勝(第5、10)
  • ツール・ド・フランス
    • Jersey yellow.svg 第1ステージ後半を終わった時点でマイヨ・ジョーヌを手中にし、ピレネー越えステージにおいて、フランスロジェ・リヴィエールと激しく競り合い、この争いはアルプス越えステージまで続く流れかと思われたが、アルプス越え区間を前にして、中央高地が舞台となった第14ステージにおいてリヴィエールが転落事故に遭い、選手生命を絶たれる大怪我を負ってしまったシーンが印象に残る大会となってしまった。リヴィエールがいなくなった第15ステージ以降、替わって追撃していたベルギーのジャン・アドリアンセンをアルプス越えステージで突き放し、最終的には同じイタリアのグラツィアーノ・バッティスティーニに5分2秒の差をつけ、激闘の大会を制覇した。

1965年に引退。