ガストン・マテオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガストン・マテオ
ガストン・マテオの画像
プロフィール
リングネーム ガストン・マテオ
ニックネーム プロレスの"神"
リングの神父
身長 177cm
体重 80kg
誕生日 (1983-10-22) 1983年10月22日(34歳)
出身地  チリサンティアゴ
所属 XNL
デビュー 2001年
テンプレートを表示

ガストン・マテオ(Gaston Mateo、男性、1983年10月22日 - )は、チリ出身のプロレスラーである。サンティアゴ出身。2001年デビュー。

チリのXNLに所属し、同時に同団体の共同代表を務める。日本のプロレスリング・ノアに参戦経験がある。

略歴[編集]

2001年にプロ・デビュー。チリのプロレス団体XNL(Xplosion Nacional De Lucha Libre)を主戦場とし、他にもRLL(Revolucion Lucha Libre)などでも活動する[1]

2012年9月、プロレスリング・ノアに初参戦・初来日。第6回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦ペルー出身のカイザーと"南米代表チーム"を結成して初出場。1勝したのみで得点2となり、Aブロック最下位に終わった[2]

自らを"プロレスの神(El Mesias de la Lucha Libre)”と称し、“Los Mateistas”という軍団を率いてリーダーに君臨する[1]

ワイシャツ・黒ネクタイに黒マントを羽織り、「知識の聖書」と呼ばれる書物を片手に入場。試合もワイシャツとネクタイ姿で戦う。また、ピンチになると試合中に聖書を読み始め、戦いのヒントを得るという独特のパフォーマンスを行う[3]。なお、聖書のページは白紙で、文字は書かれていない。また、聖書を武器として使用することもある。

タイトル歴[編集]

  • X-LAWジュニアヘビー級王座
  • RLLアブソルート王座

得意技[編集]

入場テーマ曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献・参考サイト[編集]

関連項目[編集]