ガスパール・コエリョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ガスパール・コエリョGaspar Coelho1530年-1590年5月7日)はポルトガル出身で戦国時代の日本で活動したイエズス会司祭宣教師。イエズス会日本支部の準管区長をつとめた。

概説[編集]

ポルトガルオポルト生まれのコエリョは1556年インドゴアでイエズス会に入会した。同地で司祭に叙階され、1572年元亀3年)に来日。九州地方での布教活動にあたった。1581年天正9年)に日本地区がイエズス会の準管区に昇格するとアレッサンドロ・ヴァリニャーノによって初代準管区長に任命された。1585年(天正13年)には宣教を優位に行いキリシタン大名を支援する為、フィリピンからの艦隊派遣を求めている。さらに日本全土を改宗した際には日本人を尖兵として、中国に攻め入る案を持っていた(この案は彼だけでなく多くの宣教師が共有していた)。1586年(天正14年)には地区責任者として畿内の巡察を行い、3月16日大坂城豊臣秀吉に謁見を許され、日本での布教の正式な許可を得た。

関白の豊臣秀吉は、天正十五年(1587年)バテレン追放令でこれを禁じたとされるが、実際に発布された追放令には人身売買を禁止する文が前日の覚書から削除されており、追放令発布の理由についても諸説ある

しかし翌1587年(天正15年)、コエリョとの会食後、秀吉はポルトガル商人が日本人奴隷として海外に売った等と重臣達が出席した御前会議で、仏僧としてキリスト教と対立関係にあり宗教弾圧に動いていた施薬院全宗より讒言を受け、布教責任者であるコエリョを詰問した。翌日に発布したバテレン追放令には人身売買の糾弾が削除されていたが、秀吉が追放令を出した理由については諸説ある。『イエズス会日本年報・下』には「秀吉とイエズス会の日本支部準管区長を務めるガスパール・コエリョは、日本人奴隷の売買をめぐって口論になったのである」と書かれている。また日本人が売られる様子は、秀吉の右筆、元僧侶である大村由己の『九州御動座記』では、ポルトガル船内部の目撃情報や奴隷数については信憑性がないものの、生々しく記されている。天正少年使節モザンビークで日本人の男女が奴隷として売られているのを目の当たりにして憤っていたとの記録がある。日本人奴隷の売買については反ポルトガル、反キリスト教の宗教的プロパガンダとして実態とかけはなれた形で誇張されてきた[1]

コエリョ自身もヴァリニャーノが定めたキリシタン領主に過度の軍事援助を慎む方針を無視し、フスタ船を建造して大砲を積込み、更にはそれで平戸から出航し、博多にいる秀吉に見せるという行為を行った。高山右近小西行長がこの行為を懸念し、コエリョにその船を秀吉に献上するように勧めたが、これに全く応じなかった。ヴァリニャーノやオルガンティノによると、バテレン追放令はコエリョのこうした挑発的な行為に主な原因を求められるとしている。

これを受けたコエリョは大友宗麟有馬晴信に対して、キリシタン大名を糾合して秀吉に敵対することを求め、自身もその準備に乗り出したが、晴信は小西行長と同様に彼を嫌っていたので実現しなかった[要出典]。その後、コエリョはフィリピンへ援軍を求めたが拒否されると、1589年(天正17年)にマカオに使者を送って天正少年使節を伴って再来日を伺っていたヴァリニャーノに、各位に働きかけて大規模な軍事援助を求めるよう要請した。

その間、全国のイエズス会員たちを平戸に集結させ、公然の宣教活動を控えさせることにした。コエリョは1590年(天正19年)に肥前国加津佐で没した。ヴァリニャーノは彼の要請に驚き、彼が準備していた武器・弾薬を総て売り払い、日本で処分するのが不適当な大砲はマカオに送ることを命じている(ただしヴァリニャーノも程度の差こそあれ、かつては彼と同様にキリシタン大名へ支援することは考えていた)。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ In the Name of God: The Making of Global Christianity By Edmondo F. Lupieri, James Hooten, Amanda Kunder

参考文献[編集]


先代:
(布教区から昇格)
フランシスコ・カブラル
イエズス会日本準管区の長
第1代: 1581 - 1590
次代:
ペトロ・ゴメス