ガソリン・アレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガソリン・アレイ
ロッド・スチュワートスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル イギリスの旗ヴァーティゴ
アメリカ合衆国の旗マーキュリー・レコード
プロデュース ロッド・スチュワート、ルー・レイズナー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 27位(アメリカ[1]
  • 62位(イギリス[2]
  • ロッド・スチュワート 年表
    ロッド・スチュワート・アルバム
    (1969年)
    ガソリン・アレイ
    (1970年)
    エヴリ・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー
    (1971年)
    テンプレートを表示

    ガソリン・アレイ』(Gasoline Alley)は、ロッド・スチュワート1970年に発表した、ソロ名義では2作目のスタジオ・アルバム。オリジナル3曲とカヴァー6曲から成る内容である[3]

    背景[編集]

    当時、スチュワートと共にフェイセズのメンバーとして活動していたロン・ウッドが全曲に参加した[4]。また、「マイ・ウェイ・オブ・ギビング」と「ユーア・マイ・ガール」はフェイセズのメンバーだけでレコーディングされたが、イアン・マクレガンは後者には不参加となり、LPのクレジットでは「バスのストライキにより参加できなかった」と記載されている[4]。なお、「マイ・ウェイ・オブ・ギビング」は、フェイセズの前身バンドに当たるスモール・フェイセスのカヴァーである[3]

    ボブ・ディランのカヴァー「オンリー・ア・ホーボー」とエルトン・ジョンのカヴァー「カントリー・コンフォート」は、いずれも本作の方が原作者のヴァージョンよりも先に発表されており[3]、前者はディランが1963年に録音したアウトテイクだが公式発表は1991年のコンピレーション・アルバム『ブートレッグ・シリーズ第1〜3集』で、後者はジョンが1970年10月に発売したアルバム『エルトン・ジョン3』の収録曲である。

    反響・評価[編集]

    スチュワートの母国イギリスでは、1970年10月3日付の全英アルバムチャートで62位を記録するが、翌週にはトップ100圏外となった[2]。一方、アメリカのBillboard 200では27位に達し、自身初の全米トップ40アルバムとなった[1]

    Stephen Thomas Erlewineはオールミュージックにおいて満点の5点を付け、全体的な音楽性に関して「前作と同様、『ガソリン・アレイ』は、ほぼ全編がアコースティック楽器により演奏されており、スチュワートはロックンロールの曲をフォークソング風に処理して、それらの曲を個性的かつ予測困難な方法で再解釈した」、「オンリー・ア・ホーボー」に関して「最も素晴らしいディランのカヴァーの一つ」、タイトル曲に関して「彼の青春時代に対する鮮烈で愛に満ちた賛辞」と評している[5]

    カバー[編集]

    タイトル曲の「ガソリン・アレイ」を日本語訳したものを、浅川マキ真島昌利がカバーしている。

    収録曲[編集]

    1. ガソリン・アレイ - "Gasoline Alley" (Rod Stewart, Ron Wood) - 4:06
    2. イッツ・オール・オーヴァー・ナウ - "It's All Over Now" (Bobby Womack, Shirley Womack) - 6:20
    3. オンリー・ア・ホーボー - "Only a Hobo" (Bob Dylan) - 4:15
    4. マイ・ウェイ・オブ・ギビング - "My Way of Giving" (Steve Marriott, Ronnie Lane) - 3:58
    5. カントリー・コンフォート - "Country Comforts" (Elton John, Bernie Taupin) - 4:45
    6. カット・アクロス・ショーティー - "Cut Across Shorty" (Marijohn Wilkin, Wayne P. Walker) - 6:31
    7. レディ・デイ - "Lady Day" (R. Stewart) - 4:04
    8. ジョーズ・ラメント - "Jo's Lament" (R. Stewart) - 3:27
    9. ユーア・マイ・ガール - "You're My Girl (I Don't Want to Discuss It)" (Dick Cooper, Beth Beatty, Ernie Shelby) - 4:27

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注・出典[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ a b Rod Stewart - Awards”. AllMusic. 2016年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月16日閲覧。
    2. ^ a b rod stewart | full Official Chart History | Official Chart Company - 「ALBUMS」をクリックすれば表示される。
    3. ^ a b c Lifton, Dave (2015年6月25日). “45 Years Ago: Rod Stewart Nearly Captures Magic With 'Gasoline Alley'”. Ultimate Classic Rock. Diffuser Network. 2017年7月16日閲覧。
    4. ^ a b Rod Stewart - Gasoline Alley (Vinyl, LP, Album) at Discogs
    5. ^ Erlewine, Stephen Thomas. “Gasoline Alley - Rod Stewart”. AllMusic. 2017年7月16日閲覧。