ガッツナイター最前線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ガッツナイター最前線(ガッツナイターさいぜんせん)は、東海ラジオ放送ナイターシーズン中に放送されていた番組。

概要・略歴[編集]

  • 2007年度までは試合前の直前情報・解説者から今日の聴きどころ・試合がない日や月曜日には、選手のインタビューを放送したり、スポーツニュースを届けていた。また、デーゲーム中継終了後の放送となった場合は、デーゲームの分析や監督コメントが放送される。
    • 2007年度の月曜日(交流戦などの一部変則日程期間中は、移動日などの試合がない日)のコーナーとして、週替わり登場する解説者が選んだ「この1週間で選んだ週間MVP選手」と「この1週間でもっと頑張ってほしい選手」をそれぞれ1人ずつ発表・(稀に2~3人の選手が選ばれることがある。特に「もっと頑張ってほしい選手」でその傾向がある)選考理由を述べるコーナーがあった。
    • 2007年度は不定期で、ドラゴンズ戦のみ、中継を担当する解説者とパーソナリティーが、マイクを通じて試合の見どころや聴きどころを伝えている。
  • 2006年度は、ナゴヤドーム開催時などの場合には、球場の放送ブースより、解説者を交えて届けていた。
  • 2006年度は、ビジターゲームの場合やドラゴンズの試合でない場合、試合の聴きどころなどを伝える、「今日の聴きどころ(通称)」(ナイターゲーム中継制作局が制作したもの)を放送した。
  • デーゲーム中継「ガッツナイタースペシャル」が延長される場合でも、所定時間にタイトルコールとスポンサーのCMが流されるが、番組自体はデーゲーム中継がそのまま継続される。
  • 2009年度の月曜日は17時台の前半部分は、スタッフが選ぶ1週間の3人のMVP候補を実況音声とともに発表し、18時までにFAX・メールで送る企画を行っている。18時台は実況音声を巧に編集した音声を使うクイズや、ドラゴンズあーだこーだなどガッツだ!ドラゴンズで行われていた企画を行う。
  • 2010年はシーズン中の土日デーゲーム中継が「東海ラジオ ガッツナイタースペシャル」(14:00~17:00)としてレギュラー編成されることとなった事なども影響して、当番組も2009年まではデーゲームの延長により放送休止(スポンサーのCMは「ガッツナイター最前線」枠としてそのまま放送)があったが、2010年はデーゲーム終了後の放送が行われている。またガッツナイター/ガッツナイタースペシャルで2009年まで行われていた「ベースボールデスク制度」(スポーツアナの本社スタジオ担当。詳細はガッツナイターのページに記載)が廃止になったことから、野球中継(ガッツナイター/ガッツナイタースペシャル/ドラゴンズスペシャル)で「ドラゴンズがビジターで試合を行う場合/ドラゴンズの試合が行われない場合」、ベースボールデスク枠でドラゴンズ2軍情報が伝えられる(試合がある場合は、中継内で実況アナが伝えている)。
  • 2012年は前年度のナイターオフ番組『チア・スポ〜Cheer Sport〜』を月曜に限り通年番組として存続させるため、月曜日の本番組は中日戦ナイター開催時は通常どおり、ナイターがない場合は『チア・スポ〜Cheer Sport〜』内包扱いとなる。また、土・日の放送も行わないことになった。
  • 2014年・2015年は『チア・スポ』が編成されないため、月曜日の単独定時放送を再開。また中日戦ナイターの開催がない場合は放送時間を拡大し、サッカー情報なども扱うなど『チア・スポ』の代替としての役割を担う。
  • 2016年からは月曜日に『ドラヂカラ!!』が編成された為、月曜日は『ドラヂカラ』に内包する形となり、サッカー情報等は『ドラヂカラ』のコーナーとして放送する。
  • 2019年シーズンより『大澤広樹のドラゴンズステーション』が開始されたことに伴い、2018年シーズン限りで終了。2019年シーズンは『 - ドラゴンズステーション』内のコーナー「ガッツナイターカウントダウン」が代替となる。

放送時間[編集]

2006年・2007年
  • 月曜日のみ:17時45分~18時
  • 火曜日〜日曜日:17時45分~17時57分
2008年・2009年
  • 月曜日のみ:17時45分~18時20分
  • 火曜日〜日曜日:17時45分~17時57分
2010年
  • 月曜日・土曜日・日曜日:17時45分~18時
土曜・日曜に関しては、デーゲーム中継のある場合には終了後に放送が行われ、ナイター中継のある場合は試合開始に合わせて適宜設定。
  • 火曜日〜金曜日:17時45分~17時57分
2011年
  • 月曜日のみ:17時45分~18時30分
  • 火曜日〜金曜日:17時45分~17時57分
  • 土曜日・日曜日:17時45分~18時
土曜・日曜に関しては、デーゲーム中継のある場合には終了後に放送が行われ、ナイター中継のある場合は試合開始に合わせて適宜設定。
2012年・2013年
  • 火曜日〜金曜日:17時45分~17時57分
月曜は中日戦ナイター開催時に限り上記時間で放送。開催がない場合は『チア・スポ』のコーナーとして放送。
2014年
  • 月曜日のみ:17時45分~18時35分
  • 火曜日〜金曜日:17時45分~17時57分
2015年
  • 月曜日のみ:17時45分~19時00分
  • 火曜日〜金曜日:17時45分~17時57分
2016 - 2018年
  • 月曜日のみ:17時50分~17時57分(『ドラヂカラ!!』内のコーナーとして放送。月曜日にナイターが編成される場合は火曜日~金曜日と同様)
  • 火曜日〜金曜日:17時45分~17時57分

パーソナリティー[編集]

  • 火曜日〜金曜日(およびナイターのある月曜日)-中日主催試合開催時は実況アナウンサーが兼務。それ以外の場合は東海ラジオのスポーツアナウンサー1名
  • ナイターのない月曜日(2014年・2015年度)-東海ラジオスポーツアナウンサー(週替り)、前野沙織、東海ラジオプロ野球解説者(週替り)
    • 大澤広樹アナウンサーによるサッカーコーナーを内包(本編の担当が大澤アナの場合は生放送かつ東海ラジオサッカー解説者の城山喜代次がスタジオ登場するが、それ以外の場合は録音。城山も試合後のスタジアムでの別撮り録音での出演になる)

その他[編集]

  • 東海ラジオのプロ野球解説者は他の在名放送局(CBCを除いて。現在は在名テレビ局のみ)の解説者を兼任している人が多い。
    そのため、週末に東海ラジオ以外でドラゴンズ戦の中継解説を担当し、そのままガッツナイター最前線の月曜日では、東海ラジオ以外でドラゴンズ戦の解説を担当していた人が登場し、試合を振り返り分析することがある。
    なお、交流戦などの一部変則日程で、月曜日にナイター中継となることがあり、その場合、試合を振り返るのは他の曜日となっていた事があった。

関連項目[編集]