ガミー・ベアの冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ディズニー劇場ガミー・ベアの冒険(ディズニーげきじょう ガミーベアのぼうけん)は、アメリカのテレビアニメ。ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ制作。1985年からNBCで放送され、1991年からはABCにて放送された。日本では1987年4月9日から1993年 9月17日まで朝日放送制作・テレビ朝日系列にて毎週木曜19:30 - 20:00に21話まで放送された後、22話以降はWOWOWにて1994年から放送された。ディズニー・チャンネルでも放送された。この番組終了後、同年10月から『ニュースシャトル』のスタートに伴い、朝日放送制作のアニメ枠は水曜18:50 - 19:20へ移動し、『グリム名作劇場』がスタートした。また、本ページでは歌・声優についてはテレビ朝日版を中心に記述する。

広島ホームテレビでは時折プロ野球広島東洋カープ主催ゲームの中継に差し替えることがあり、当該回については平日夕方の帯再放送枠で遅れネットされた。

登場人物[編集]

ガミー・ベアたち[編集]

この7名は家族同等の共同生活を過ごすが、血縁関係は各々皆無と推定される。女性はグラミーとサニーの2名のみ。
以下、年輩と目される上位順。
ザミー(Zummi Gummi)
声 - ポール・ウィンチェル(第5シーズンまで)→ジム・カミングス / 上田敏也
長老格。魔法使いでもある。
グラフィー(Gruffi Gummi)
声 - ビル・スコット(第1シーズン)→コーリー・バートン / 石井敏郎
「一家の大黒柱」的役割。
グラミー(Grammi Gummi)
声 - ジューン・フォーレイ / 吉田理保子
母親的存在。普段の服装は看護婦に近い。
ガスト(Gusto Gummi)
声 - ロブ・ポールセン / 江原正士
本名はオーガスタス。アーティという鳥を連れている。21話にて無人島生活から解放され、仲間に加わる。
タミー(Tummi Gummi)
声 - ロレンツォ・ミュージック / 兼本新吾(22話以降 茶風林
子どものガミーベアたちの間では最年長だが、言動にやや抜けたところがある。
サニー(Sunni Gummi)
声 - ケイティ・リー / 土井美加
カビーのお姉さん的存在。金髪と考えられる毛色。
カビー(Cubbi Gummi)
声 - ノエル・ノース / 山本圭子
ピンクのガミー・ベア。

その他[編集]

ケビン(Cavin)
声 - クリスチャン・ジェイコブス(第1シーズン)→ブレット・ジョンソン(第2シーズン)→デヴィッド・フアウティーノ (第3シーズン)→ジェイソン・マースデン (第5シーズンまで)→RJ・ウィリアムズ / 頓宮恭子
立派な騎士になることを目標にしている少年。ガミー・ベア達と友好関係にある、数少ない人間。カビーから特に懐かれている。
グレゴール王
声 - マイケル・ライ / 宮内幸平
カーラ王女
声 - ノエル・ノース / 潘恵子(22話以降 井上喜久子
ケビンを通し、ガミー達と交流する。同性のサニーと特に仲が良い。かなりのおてんば
タックス・フォード卿
声 - ビル・スコット(第1シーズン)→ロジャー・C・カーメル(第2シーズン)→ブライアン・カミングス / 藤城裕士
ヴィクター・イグソーン卿(Sir Victor Igthorn)
声 - ウイリアム・キャロウェイ
イグソーン大公(後述)の弟だが、兄と正反対の立場にある騎士。
アーティ(Artie Deco)
声 - ジーマン・メイゴン→ブライアン・カミングス
ガストの相棒の

悪役[編集]

シグモンド・イグソーン大公(Duke Sigmund Igthorn)
声 - マイケル・ライ / 加藤精三(22話以降 池田勝
ヴィクター・イグソーン卿の兄。複数のオーグを手下として連れてきているが、そのオーグたちはあまり賢くない。
トーディ(Toadie)
声 - ビル・スコット(第1シーズン)→コーリー・バートン / 江原正士
イグソーン大公の側近を務めるオーグ。
レディ・ベイン(Lady Bane)
声 - トレス・マクニール

ガミー・ベア(Gummi Bear)とは[編集]

本作の基本設定において、ガミー・ベア(Gummi Bear)とはガミー峡谷に住むクマたちのことを指す。

アメリカにおいては元来、「ガミーベア」の語は、ある特定の菓子を指す一般名詞である。

その菓子とは、クマの形をしたグミキャンディの事であり、その味付けの代表格としてベリー類が認識されている。

これは日本で喩えるなら、「醤油味の丸い煎餅」というくらい、どこの地方でも安価で手に入る、ごく一般的な(そして親が幼小児へ与えるに当たり、比較的高い食品安全性あごの発育促進効果とが期待できる、自らも幼少時に親しんだソウルフード的な)菓子である、という認識に等しい。

本作品において、原語のセリフや歌詞の中で明確に「ガミー」と発音されているにも拘らず、それに対応する綴りが"Gummy"では無い理由はここにある。

そして、「弾力性」「ベリー味が代表的」あるいは「元気が増幅する位に、高い栄養価が期待できる」といった菓子の特性・イメージが、本作の基本設定に織り込まれている。

スタッフ[編集]

  • ストーリー・エディター - ジーマン・メイゴン
  • アニメーション製作 - 東京ムービー新社
  • 製作 - ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

日本語版スタッフ[編集]

  • プロデューサー:鍋島進二
  • 演出:田島荘三
  • 調製:杉原日出弥
  • 台本:トランスグローバル
  • 制作:朝日放送、トランスグローバル

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 『いくぞガミー・ベア』
作曲・作詞 - トム・ケース、スティブ・ルッカー / 訳詞 - 北川幸比呂 / 歌 - 水木一郎
エンディングテーマ - 『ガミー・ベアの冒険』
歌 - 水木一郎

各話リスト[編集]

  1. 大冒険の始まり!
  2. 石像にされた仲間 / オーグの逆襲
  3. やさしいドラゴン / ふしぎな笛
  4. コンドルの魔宮
  5. 神のお告げ / 巨人とお願い石
  6. 魔法の変身帽子
  7. 赤ちゃんオオカミ / ガミー対イノシシ
  8. 怪鳥現る / 石像ガーゴイル
  9. ジュースの秘密
  10. キーワードの呪文 / 魔法合戦
  11. ひつじ飼いの少女 / トーディの追跡
  12. シャボン玉爆弾 / 眠らせ妖精の謎
  13. ガミーの大反撃
  14. 生き残ったガミー
  15. 危険な呪文 / イグソーンの裏切り
  16. 盗賊一味を倒せ / ダンウィン城攻略
  17. 正義の剣士カビー
  18. 王様救出作戦 / 巨人になる秘薬
  19. 地底の魔法王国
  20. まちがえた呪文 / とんだ祭り騒動
  21. 火山島の大冒険(ガストと相棒の鳥アーティが初登場する回ながら、朝日放送制作分の地上波放映は、第2シーズン終了に当たる、ここで打ち切りとなる)
  22. キャンディパニック / おかえりなさいイグソーン
  23. いとしの人魚姫 / グラフィー人形大騒動
  24. 春はいつ来るの? / 森の中の小さなオバケ達
  25. 入れかわった二人 / 魔女を追い払え!
  26. 魔法使いタミー / もらうより与えよう
  27. ガミーベリーを守れ
  28. ガンマドゥーンの騎士
  29. いたずら妖精ギガリン / グラフィーはお母さん
  30. ドラゴンから町を救え!
  31. 不思議なバグパイプ / サニーのドレスは秘密兵器
  32. ユーレイだ / グラミーの幼な友達
  33. すばらしき我が家 / 天才画家ガスト
  34. 幻のガミー・ベアを探せ
  35. タミーのダイエット大作戦 / 正義の剣士 にせもの現る
  36. 悪魔の赤ちゃん / 憧れのヒーロー
  37. 囚われのグラフィー / カーラ騎士になる
  38. 空飛ぶガミー・ベアー
  39. 潜水艦ガマリン号
  40. 魔法の薬で大変身 / 巨人を起こさないで
  41. 幻の都へGO
  42. ガミーのオンボロ橋 / パーティをつぶせ
  43. キャンディこわい / ルールって何?
  44. オーグになったケビン
  45. わがままなプリンセス / 石になったザミー
  46. 財宝を探して
  47. 友達同盟
  48. 腐っても騎士
  49. 巨大グモを倒せ
  50. 魔法のよろい
  51. 負けるな! ガミーベア
  52. 眠りの森のザミー / グラミー危機一髪
  53. 宝物のキルト
  54. 女王様はつらいよ
  55. 大人になりたい
  56. 冒険に出かけよう
  57. Noと言えないタミー / 恐怖のカーニバル
  58. グリッティの正体
  59. 本物はどっち
  60. ホレ薬で大騒ぎ
  61. 春を告げる鳥
  62. プリンセスVSプリンセス
  63. 勇気のしるし
  64. のっとられた王国パート1
  65. のっとられた王国パート2
テレビ朝日系列 木曜19時台後半枠
【当番組まで朝日放送制作枠】
前番組 番組名 次番組
ディズニー劇場
ガミー・ベアの冒険
青春名作アニメ[1]

ニュースシャトルANN
(月~金の19:20 - 20:00)
以上 ここからテレビ朝日制作

脚注[編集]

  1. ^ 日本テレビで放送された『青春アニメ全集』から、2話をつなぎ番組として再放送。