ガラクトース-6-リン酸イソメラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ガラクトース-6-リン酸イソメラーゼ
識別子
EC番号 5.3.1.26
CAS登録番号 39433-98-2
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB structures
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ガラクトース-6-リン酸イソメラーゼ(Galactose-6-phosphate isomerase、EC 5.3.1.26)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

D-ガラクトース-6-リン酸\rightleftharpoonsD-タガトース-6-リン酸

従って、この酵素の基質はD-ガラクトース-6-リン酸、生成物はD-タガトース-6-リン酸である。

この酵素は異性化酵素、特にアルドースケトースに変換する分子内酸化還元酵素に分類される。系統名は、D-ガラクトース-6-リン酸 アルドース-ケトース-イソメラーゼ(D-galactose-6-phosphate aldose-ketose-isomerase)である。この酵素は、ガラクトース代謝に関わっている。

出典[編集]

  • de Vos WM, Boerrigter I, van Rooyen RJ, Reiche B, Hengstenberg W (1990). “Characterization of the lactose-specific enzymes of the phosphotransferase system in Lactococcus lactis”. J. Biol. Chem. 265 (36): 22554–60. PMID 2125052. 
  • van Rooijen RJ, van Schalkwijk S, de Vos WM (1991). “Molecular cloning, characterization, and nucleotide sequence of the tagatose 6-phosphate pathway gene cluster of the lactose operon of Lactococcus lactis”. J. Biol. Chem. 266 (11): 7176–81. PMID 1901863.