ガリ空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阿里昆莎空港
阿里昆莎机场
ལྷ་ས་གོང་དཀར་རྫོང་

Ngari Gunsa Airport
IATA: NGQ[1] - ICAO: ZUAL[2]
概要
国・地域 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
所在地 チベット自治区ガリ地区
種類 軍民共用[3]
運営者 中国民航総局
開港 2010年7月1日
標高 4274.07[4] m
座標 北緯32度6分51秒 東経80度2分40秒 / 北緯32.11417度 東経80.04444度 / 32.11417; 80.04444
地図
中国全体とチベット自治区の空港位置図
中国全体とチベット自治区の空港位置図
NGQ/ZUAL
中国全体とチベット自治区の空港位置図
中国全体とチベット自治区の空港位置図
NGQ/ZUAL
中国全体とチベット自治区の空港位置図
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
- 3,000×45[5] コンクリート
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
阿里昆莎空港
各種表記
繁体字 阿里昆莎機場
簡体字 阿里昆莎机场
拼音 Ā​lǐ​ Kūn​shā​ ​Jī​chǎng​
発音: アーリー クンシャ ジーチャン
英文 Ngari Kunsha Airport
テンプレートを表示

阿里昆莎空港(ありこんさくうこう)またはガリ空港(ガリくうこう)は中華人民共和国チベット自治区ガリ地区ガル県に位置する空港。獅泉河鎮(ガリ地区の政府所在地)の西南にある。

概要[編集]

稲城亜丁空港(海抜4,436 m・四川省)、チャムド・バンダ空港(海抜4,334 m・チベット自治区)、ダルツェムド空港(海抜4,280 m・四川省)に次ぎ、2015年9月現在世界で4番目の標高にある4D級の支線用空港である。総投資額16.474億[4]、4500mの滑走路を持ち、ボーイング737-700やエアバスA319イリューシン Il-76が発着出来る[6]

軍事的意義[編集]

1969年12月18日毛澤東が「関於加强阿里地区工作的指導」という文書を著し、その中でガリ地区に飛行場を作ると有り、空軍司令部と南疆軍区の指導者は二度に渡りガリ地区を視察調査したが、(資材の)輸送が困難なのと、費用が多大なので実現できなかった[7]。その後、中国の経済発展により建設可能となった[7]。当空港はインドとの国境近辺での空白地域を補う意義がある[8]。大型輸送機が発着出来る事からチベット地域及び対インドでの軍事輸送に重要な意義を持つ[9]

沿革[編集]

就航航空会社と就航路線[編集]

関連項目[編集]

註釈・参考資料[編集]

  1. ^ 阿里昆莎機場,Ngari Gunsa Airport (飛友網)
  2. ^ Honeywell Service Information LetterPDF
  3. ^ 阿里昆莎機場(中國西藏信息中心)
  4. ^ a b 西南分公司参加西藏阿里機場竣工及行業驗收(中國民航機場建設集團公司)
  5. ^ 阿里昆莎機場今日正式通航(中國西藏網)
  6. ^ 阿里昆莎機場建設已投8億元 2010年7月竣工(民航資源網)
  7. ^ a b 阿里昆莎機場建設已投8億元 2010年7月竣工(民航資源網)
  8. ^ 西藏阿里機場将建成 中印辺境重要空白得到彌補
  9. ^ 香港文彙報:高海拔民用機場具深遠戰略意義(民航資源網)
  10. ^ 阿里行署專員:西藏阿里機場2011年正式通航(中国民用航空・航採網)
  11. ^ a b 阿里機場7月1日通航 一周兩班最多載客60人(民航資源網)
  12. ^ 中国軍人在西藏艱苦環境建成世界海拔最高機場(新華網)
  13. ^ 阿里昆莎機場首次校飛降落成功 投資逾16億(民航資源網)
  14. ^ 飛向阿里——西藏阿里昆莎機場飛行校驗側記(民航資源網)
  15. ^ 世界第三高機場西藏阿里迎来第一架民航飛机(民航資源網)
  16. ^ 西藏阿里機場正式通航 国航空客A319成功首航(中国民用航空・航採網)
  17. ^ 西藏阿里機場7月1日正式通航 每周兩趟航班(新易在線)
  18. ^ http://www.phayul.com/news/article.aspx?article=Tibet+Airlines+Company+operates+first+flight&id=29806
  19. ^ 探秘阿里不再難 3航線初定 拉薩飛阿里只需1.5小時(新華網)