ガルマン・ガミラス帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ガルマン・ガミラス帝国(ガルマン・ガミラスていこく)は、アニメ作品『宇宙戦艦ヤマトIII』『宇宙戦艦ヤマト 完結編』に登場する恒星間国家。

概要[編集]

ガミラス帝国の後継国家。単に「ガルマン帝国」と呼ばれる場合もある[注 1]。国家元首はデスラー総統。本星はガミラス星と同様に二重惑星(双子星)であり、もう一方の惑星をデスラーがイスカンダルスターシャから名を取って「スターシャ」と命名している。ガミラス帝国と同様にデスラーを総統として仰ぐ、独裁政治体制である。ただし、劇中で「デスラーは総統に選ばれた」と述べられており、国民の信任を得たうえでの総統であることを窺わせている。新帝都(首都)にある総統府は「デスラーパレス」。

本国の方針では、地球やシャルバート星のように自国に敵意が無いと確認した星に対しては中立を認め、軍事侵攻を停止したり、自国が引き起こした損害の収拾を図るなどの行為を行っており、ボラー連邦と比べると穏健な部分が強調されている。ただし、前線部隊は中立国への独断侵攻や暴走兵器の放置等の不始末を劇中で引き起こしている。

初期設定での名称は「ゴア帝国」であった[2][3]。描写にあたってはナチス・ドイツ的なイメージを持たされている[3]

民族[編集]

住民はマゼランから移住してきたガミラス民族と、銀河中心部に元々暮らしていたガルマン民族の混成。

ガルマン民族はかつて外宇宙に進出するほどの国力を持っていたが、次第にその勢力も衰え、西暦2200年代にはボラー連邦の支配下に組み込まれ、奴隷のような扱いを受けていた。

ガミラス人は、外宇宙へ進出したガルマン民族の一支族の末裔である。ガルマン民族とガミラス民族の外観上の特徴に差異はない。

本星[編集]

銀河系中心部核恒星系内にある星。エメラルド色に輝く星で、表面に無数のクレーターが存在する。首都はクレーター内にあり、総統府たるデスラーパレスを中心として広がった都市構造となっている。なお、『ヤマトIII』第16話予告までと『完結編』では、都市全体が半球状のカバーのようなものに覆われていた[2][注 2]。なお、この都市には浮遊可能という設定があった[4]が、本編では披露されていない。

衛星軌道上には、迎撃のための戦闘衛星が無数に設置されている。

前述の通り、惑星スターシャと二重惑星の関係にあるが、当惑星の居住者の有無は不明。

本星のある宙域は、宇宙空間が緑色になっている[注 3]

当時の公式ヤマト・ファンクラブ会報誌の記述によれば[要追加記述]、この二連星はデスラーの命でガルマン・ガミラス建国にあたり新たな母星探しを命じられたヘルマイヤー少佐が発見したとのことである。

ガルマン・ガミラス帝国軍[編集]

本星のある銀河系中心部を基点に、銀河系の各方面に侵攻している。大きく分けて東西南北の4つの軍が存在している[注 4]

艦艇は直線的なシルエットで、ガミラス艦と同様緑色を基調としているのが特徴であり、丸みを帯びたシルエットが多く紫色の艦体色を基調とするボラー艦とは対照的である[5][注 5]。また、多くの艦艇が、白色彗星帝国の艦艇に装備されていた回転速射砲塔を主兵装としている。円盤形の艦橋を持つ艦も多い。

劇中での描写[編集]

建国
西暦2202年暗黒星団帝国との戦いでガミラス星とイスカンダルを失ったデスラー総統は、ガミラス帝国の再建を目指し、第2のガミラス星となる惑星を探す流浪の旅を続けていた。そして、銀河系核恒星系でボラー連邦の支配下にあったガルマン民族を解放し、独立戦争をガミラス残存勢力で展開する。銀河系核恒星系のガルマン民族を統一し、ガルマン・ガミラス帝国を建国した。
銀河系大戦(宇宙戦艦ヤマトIII)
23世紀初頭、銀河系各方面へ侵略を進め、ボラー連邦と銀河系を二分する星間連合帝国に成長。建国紀元1周年を迎える。
しかし、デスラー個人崇拝を基本とする独裁体制側とマザー=シャルバートを奉じる一部のガルマン人との間には深刻な対立が起こっており、弾圧されていたシャルバート信者が1周年記念祭に乗じて蜂起したため、新帝都デスラーパレスは戦場と化した。本星の防空体制もシャルバート信者の自爆テロにより機能不全になり、ボラー連邦のワープミサイルによる攻撃で危機状況に陥るが、ヤマトにより救われる。
地球とは東部方面軍の独断により当初敵対状態になるが、デスラーに事が露見したことで和解。同盟関係にこそないが、ある程度友好な関係を築き始める。その後、シャルバートを巡る争いで再び敵対しかけるが、シャルバートが高度な文明を捨て非戦の道へ進んだ事実を知ったデスラーが手を引いたため、直接戦闘は起こらなかった[注 6]
『ヤマトIII』最終話にてボラー連邦のベムラーゼ首相が太陽系での戦闘で戦死し、大戦も一つの転換点を迎えた。
赤色銀河の交差(宇宙戦艦ヤマト 完結編)
西暦2203年、異次元宇宙から現れた赤色銀河と銀河系の交差により、要部であった核恒星系に甚大な被害を受けたが、デスラーと一部の艦隊は辺境視察に出ていたため難を逃れ、ディンギル帝国の艦隊に囲まれるヤマトの救援に駆けつけ、首領であるルガール大神官大総統デスラー砲で滅する。
その後の状況は不明で、続編の『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』でも一切存在が語られていなかった[注 7]が、『復活篇』から10年後に連載が始まった小説『アクエリアス・アルゴリズム 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 第0部』にてその後が描かれた。
マゼランエクソダス(宇宙戦艦ヤマト 復活篇 第0部[8]
銀河交差の影響による銀河系中心部の気象大変動が一向に収まらず、国力低下を招いたため、同様の苦境に立たされていたボラー連邦と休戦協定を結ぶ。そして西暦2205年に、勢力圏を銀河系からマゼラン星雲へ一時的に退避させる「マゼランエクソダス」という計画を実行し、大半の国民がマゼランへ移住する。しかし、銀河系の大部分を支配していた二大国の影響力が突然失われたため、銀河系に残留したガルマン系住民とボラー系住民の衝突やディンギル帝国残党のテロ活動など、各地で紛争が頻発することになる。
計画の実施にあたってガルマン・ガミラス政府は友好国である地球に旧ガルマン・ガミラス領の人々の安全保障を要請しており、地球がアマール国と国交を結ぶきっかけなどになった。

主要人物[編集]

所有メカ[編集]

艦船[編集]

宇宙要塞[編集]

航空機・宇宙艇[編集]

兵器・関連技術[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 劇中では、第16話Aパートまでは「ガルマン帝国」の呼称が用いられており、同話Bパートにおける建国エピソードのナレーションで「星の名を(ガルマンから)ガルマン・ガミラスと改め〜」と出て以降は「ガルマン・ガミラス帝国」と呼ばれるようになった。ただし、雑誌特集では初期から「ガルマン・ガミラス帝国」の名が出ているものもある[1]。なお、第7話のバーナード星基地は「ガミラス帝国前線基地」と字幕が出ている。
  2. ^ カバーのある都市のデザインは松本零士、細部や16話以降の都市前景のデザインは出渕裕が行っている[4]
  3. ^ 本作では、ガルマン・ガミラスの勢力圏の背景宇宙は緑色、ボラーの勢力圏の背景宇宙は赤紫色とされている[2]
  4. ^ 第7話冒頭ナレーションでは「7つの大艦隊を全銀河系に派遣し〜」と述べられている。
  5. ^ スタッフインタビューによると、ボラー側のデザイン担当であるサブマリンが、差別化のためにボラーメカのデザインラインをガルマン・ガミラスメカと異なるものにしたとされる[6]
  6. ^ 『ヤマトIII』は1クール目でガルマン・ガミラス、2クール目でボラーと敵対する構成になっているが、当初の全52話の構成案ではシリーズを通してガルマン・ガミラス(この時点ではゴア帝国)が最も主要な敵となっており、中盤の和解は一時的なもので、シャルバートの王女ルダを巡って再度敵対し、何度も戦闘になる展開だった[7]。本編ではちょうどその部分が放送期間短縮により省略されたため、戦うことなく終わった。
  7. ^ 劇中では「かつて銀河中心部で戦乱が幾世代も続いていた」とのみ語られ、ガルマン・ガミラスとボラーの存在については触れられていない。なお、『復活篇』に限った話ではないがヤマトシリーズは前作までの内容が一部無視される傾向があるため、「幾世代にわたる戦乱」にガルマン・ガミラスとボラーの戦争が含まれているかは不明(『ヤマトIII』の設定に則るなら、銀河系大戦以前はボラーが銀河系中心を一極支配していたため、戦乱は長くても20年足らずで何世代もとは言い難い)。

出典[編集]

  1. ^ 『月刊 冒険王』80年11月号、秋田書店。『宇宙戦艦ヤマトIII DVDメモリアルボックス 保完ファイル』p. 36掲載画像より孫引き。
  2. ^ a b c 『宇宙戦艦ヤマトIII DVDメモリアルボックス 保完ファイル』バンダイビジュアル、2001年5月、p. 29。
  3. ^ a b 『ロマンアルバムデラックス43 宇宙戦艦ヤマトIII』徳間書店、1981年6月、p. 112。雑誌 61577-57。
  4. ^ a b 『ロマンアルバムエクセレント54 宇宙戦艦ヤマトPERFECT MANUAL2』徳間書店、1983年1月、pp. 94, 106。雑誌 61577-71。
  5. ^ 『宇宙戦艦ヤマトIII DVDメモリアルボックス 保完ファイル』バンダイビジュアル、2001年5月、p. 28。
  6. ^ 『ロマンアルバムデラックス43 宇宙戦艦ヤマトIII』徳間書店、1981年6月、p. 115。雑誌 61577-57。
  7. ^ 『ロマンアルバムデラックス43 宇宙戦艦ヤマトIII』徳間書店、1981年6月、p. 109。雑誌 61577-57。
  8. ^ アクエリアス・アルゴリズム第1話【一部無料公開】 / 第1話 アクエリアス―氷球 2”. YAMATO CREW. 株式会社ヤマトクルー (2020年2月7日). 2020年2月29日閲覧。