ガレルナ (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ガレルナ
Spanish-submarine-Galerna.jpg
艦歴
建造者 バサン
カルタヘナ造船所
運用者  スペイン海軍
発注 1975年5月9日
起工 1977年10月5日
進水 1981年12月5日
就役 1983年1月21日
主要諸元
艦種 通常動力型潜水艦
艦級 ガレルナ級
排水量 水上 1,490t
水中 1,740t
全長 67.57m
全幅 6.8m
深さ 5.4m
吃水 不明
機関 ディーゼル・エレクトリック方式、1軸推進
SEMT ピルスティク 16PA4V185ディーゼルエンジン × 2基(3,600HP
発電機 × 1基(4,600HP)
速力 水上 12kt
水中 20.5kt
航続距離 45日間(シュノーケル使用で8,500海里
潜航限界深度 不明
乗員 60名
搭載量 魚雷 × 7本
機雷 × 19個
兵装 550mm魚雷発射管 × 4門
テンプレートを表示

ガレルナスペイン語Galerna, S 71)は、スペイン海軍潜水艦ガレルナ級潜水艦の1番艦。艦名は突風を意味するスペイン語に由来する。

艦歴[編集]

「ガレルナ」は、バサンカルタヘナ造船所で建造され 1977年10月5日に起工、1981年12月5日に進水、1983年1月21日に就役しカルタヘナ基地に配備される。

就役後間もない1983年2月から3月にはギリシャピレウスに寄港する。

これまでに国内11箇所の港や、外国ではピレウス、スーダ、トゥーロンリスボンフンシャルタンジェゴスポートスタヴァンゲル、ベルガ (スウェーデン)、ストックホルムアウグスタアジャクシオに寄港した実績がある。

実任務ではアクティブ・エンデバー作戦に参加し、170日間に21,500海里を航海した。

演習ではシャーベット・ロイヤル(Sorbet Royal)、ドッグフィッシュ(Dogfish)、リンケッド・シーズ(Linked Seas)、ドラゴン・ハマー(Dragon Hammer)、ノーブル・マーリン(Noble Marlin)など北大西洋条約機構主催の演習や、TAPON、ALFEX、MINEXなど国内での演習に参加している。

2009年時点での母港はカルタヘナ基地。

脚注[編集]


関連項目[編集]