ガング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

北欧神話において、ガング古ノルド語: Gangr。綴りはまたは Gang )は霜の巨人で、その兄弟スィアチイジとともにアルヴァルディの息子であった。『詩語法』によれば、アルヴァルディは非常に多くの黄金を有しており、そしてアルヴァルディが死んだ時、その3人の息子たちが、次々に1口分の黄金を各々で取って分量を量り、自分達同士の間で遺産を分けた[1]。このことに起因して、「巨人の口かぞえ」[2]、「巨人の声またはことば」[3]、「チアシ、ガングまたはイジの言葉」と「イジの輝く言葉」という表現は、黄金についてのケニングとなった。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 『「詩語法」訳注』3-4頁。
  2. ^ 『「詩語法」訳注』3頁。
  3. ^ 『「詩語法」訳注』39頁。

参考文献

執筆の途中です この「ガング」は、神話に関連した書きかけ項目です。この記事をこの記事を加筆・訂正等してくださる協力者を求めています。(PJ:神話/P:神話伝承)

今日は何の日(8月18日

もっと見る

「ガング」のQ&A