ガンシャイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガンシャイ
Gun Shy
監督 エリック・ブレイクニー
脚本 エリック・ブレイクニー
製作 サンドラ・ブロック
出演者 リーアム・ニーソン
サンドラ・ブロック
音楽 ロルフ・ケント
撮影 トム・リッチモンド
編集 パメラ・マーティン
製作会社 フォーティス・フィルム
配給 アメリカ合衆国の旗 ハリウッド・ピクチャーズ
日本の旗 M3エンタテインメント
メディアボックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年2月4日
日本の旗 2001年5月19日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗$1,638,202[1]
世界の旗$3,221,280[1]
テンプレートを表示

ガンシャイ』(原題:Gun Shy)は、2000年制作のアメリカ合衆国クライムロマンティック・コメディ映画

21ジャンプストリート』などのテレビドラマの脚本を執筆しているエリック・ブレイクニーの映画監督デビュー作品。

サンドラ・ブロックが製作も兼ねている。

あらすじ[編集]

チャーリーは18年間おとり捜査一筋でやってきた麻薬取締局の伝説的な覆面捜査官だったが、ある日、潜入捜査中に正体がバレてしまい、殺される寸前の恐怖を体験する。

これで自信をなくしたチャーリーは引退を申し出るが認められず、新たな潜入捜査のためニューヨークへ派遣される。しかし、潜入捜査の最中にストレス性の腹痛を起こし、病院へ駆け込む。チャーリーはそこで美しく優しい看護師ジュディと出会う。

チャーリーは彼女に癒されることで何とか恐怖に耐えながら、捜査の核心に迫っていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
チャーリー リーアム・ニーソン 金尾哲夫
ジュディ サンドラ・ブロック 日野由利加
フルヴィオ オリヴァー・プラット 楠見尚己
フィデル ホセ・ズニーガ 桐本琢也
エストゥヴィオ マイケル・デロレンツォ 清水敏孝
ジェイソン アンドリュー・ラウアー 村治学
グロリア メアリー・マコーマック 柳沢真由美
ヘルベンショー ミッチ・ピレッジ 長克巳
ハワード ポール・ベン=ヴィクター 石井隆夫
カーマイン フランク・ヴィンセント 斎藤志郎
エリオット リチャード・シフ 小形満
ブレックナー マイケル・マンテル 根本泰彦
ロニー ルイス・ジャンバルボ 松井範雄
ジュニパー マイケル・ウェザリー 奥田啓人
マーク ベン・ウェバー 河野智之
ジョナサン グレッグ・ダニエル 斉藤次郎
エリオットの妻 ミシェル・ジョイナー 大野エリ

音楽[編集]

ガンシャイ /
オリジナル・サウンドトラック
サウンドトラック
リリース
ジャンル 映画音楽
レーベル ハリウッド・レコード
テンプレートを表示

2000年2月4日、サウンドトラックがハリウッド・レコードからリリースされた。

サウンドトラック[編集]

Original Soundtrack Gun Shy
#タイトル作詞作曲・編曲アーティスト名
1.「Blue Skies for Everyone」  Bob Schneider
2.「Under the Sun」  Big Kenny
3.「Drunk is Better Than Dead」  The Push Stars
4.「Round & Round」  Bob Schneider
5.This Time  ロス・ロボス
6.「Is It Too Late?」  World Party
7.「More Than Rain」  トム・ウェイツ
8.It's a Man's Man's Man's World  ジェームス・ブラウン
9.「Staysha Brown」  The Scabs
10.I'm Your Boogie Man  KC and the Sunshine Band
11.Start the Commotion  The Wiseguys
12.「Caro Mio Ben」  Helga Bullock

 

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Gun Shy (2000)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年12月16日閲覧。