ガンダム落語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ガンダム落語(がんだむらくご、頑駄夢落語)は、落語の演目の一つ。

機動戦士ガンダム』をモチーフとした一連の落語作品。立川志らくが創作落語『頑駄夢落語 らすとしゅーてぃんぐ』をサンライズ公認作品として2016年2月29日に発表[1]した。この作品は、古典落語『大工調べ』、『三方一両損』などをベースとした新作落語で、アムロ・レイをモデルとした「大工のアムロウ」、シャア・アズナブルをモデルとした「赤い半纏のシャア」などが登場[2]する。あらすじは、「長屋の家賃を滞納した大工のヨハロウ、そしてそれをかばう棟梁のアムロウ。彼らを迎え撃つのは穀物問屋のジオン家の旦那赤い半纏のシャア。そんな彼らを納めるお奉行様のララ。結末はいかに!」[3]といった内容である。

公式の漢字表記は「頑駄夢落語」であり、SDガンダムにおける「武者頑駄無」などとは表記が異なる。

その他に落語家の立川こしら[4]雷門獅篭(旧名・立川志加吾)などが過去に独演会などでガンダム落語を披露している。また類似の演目として、講談師七井コム斎が上方講談の言い回し用いて演じる「ガンダム講談」[5]がある。

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]