ガンドゥ・ベンジャミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ガンドゥ・ベンジャミンNGANDU BENJAMIN NDEGWA1991年5月21日 - )は日本在住の陸上競技選手会社員富士通[1]

来歴[編集]

ケニア生まれ[1]。ケニア・ガル高校出身。日本大学に留学し、国際関係学部で学ぶ。2013年箱根駅伝で2区区間賞を獲得[1]。箱根では2年次に2区で2位、3年のときは予選会で敗退した。

  • 全日本大学駅伝では1年時に4区を担当。9位で受けた襷を4位に押し上げ、区間賞となった。8区でもギタウ・ダニエルが区間賞の好走で日大は総合優勝を果たした[2]。2年時には最終8区を担当。襷を受け取った時点で11位、翌年のシード権を獲得する6位(日本体育大学)までのタイム差は2分14秒あったが、日体大のみならず、明治大学中央大学も抜き去り、総合4位でゴールした。この時のタイム(56分42秒)はメクボ・ジョブ・モグスに次ぐ区間歴代2位だった[3]。3年時も連続して8区を担当。柏原竜二(東洋大学)に及ばず区間2位となり、4年間で唯一区間賞を逃した。なおチーム総合順位は襷を受けた時点の6位を4位に押し上げた[4]。4年時もやはり8区を担当。この時は襷を受け取った時点で順位こそ9位だったが6位(中大)とのタイム差は3分02秒と、約1kmの差があった。それでも区間賞の好走で総合6位となり、翌年のシード権を獲得した[5]
  • インカレ1万メートルV、香川丸亀国際ハーフマラソン4位などの成績を残した。その後モンテローザに入社した。練習拠点は日大に置く[1]
  • 2017年3月を以てモンテローザ陸上部が廃部になったため、富士通に移籍[6]
  • 2017年6月、富士通株式会社陸上部を退部した。[7]

出典[編集]

  1. ^ a b c d モンテローザプレスリリース
  2. ^ 第41回全日本大学駅伝”. テレビ朝日. 2016年12月29日閲覧。
  3. ^ 第42回全日本大学駅伝”. テレビ朝日. 2016年12月29日閲覧。
  4. ^ 第43回全日本大学駅伝”. テレビ朝日. 2016年12月29日閲覧。
  5. ^ 第44回全日本大学駅伝”. テレビ朝日. 2016年12月29日閲覧。
  6. ^ “富士通陸上競技部 2017年度新加入選手について” (プレスリリース), 富士通株式会社, (2017年4月3日), http://sports.jp.fujitsu.com/cs/news/detail/170328011806/1.html 
  7. ^ 富士通陸上競技部退部選手のお知らせ

関連項目[編集]