ガンランナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガンランナー
GunRunnerBCDirtMile.jpg
2016年ブリーダーズカップ・ダートマイル出走時
欧字表記 Gun Runner[1]
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2013年3月8日(6歳)
Candy Ride
Quiet Giant
母の父 Giant's Causeway
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Besilu Stables, LLC[2]
馬主 Winchell Thoroughbreds Llc &
Three Chimneys Farm[2]
調教師 スティーヴン・アスムッセンアメリカ合衆国[2]
競走成績
生涯成績 19戦12勝
獲得賞金 1,598万8,500ドル[3]
 
勝ち鞍
GI ペガサスワールドカップ 2018年
GI ブリーダーズカップ・クラシック 2017年
GI ウッドワードステークス 2017年
GI ホイットニーステークス 2017年
GI スティーブンフォスターハンデキャップ 2017年
GI クラークハンデキャップ 2016年
テンプレートを表示

ガンランナー(英:Gun Runner[1])は、アメリカ合衆国競走馬種牡馬。主な勝ち鞍は2018年ペガサスワールドカップ(GI)、2017年ブリーダーズカップ・クラシック(GI)などGIを6勝。2017年エクリプス賞年度代表馬[4]。現役時代の主戦騎手はフローレン・ジェルー

戦績[編集]

2歳(2015年)[編集]

2歳9月にデビュー勝ちし、2歳シーズンを3戦2勝で終える[3]

3歳(2016年)[編集]

3歳初戦のG2リズンスターステークスで1着となり、初の重賞勝ちを収める。ルイジアナダービー1着を挟んで迎えたケンタッキーダービーではナイキストの3着に入った。しかし、この年はトラヴァーズステークスアロゲートの3着、ブリーダーズカップ・ダートマイルではタマークズ英語版の2着など、大レースでは善戦止まりの競馬が続いていた。シーズン最終戦となる11月25日のクラークハンデキャップで待望のGI初制覇を果たした[3]

4歳(2017年)[編集]

古馬となり、素質が完全に開花する。ドバイワールドカップは軽快に逃げてそのまま直線に向いたが、スタートで他馬に挟まれて後方からの競馬になったアロゲート4コーナーから猛然と差を詰めてあっという間にガンランナーもアロゲートに交わされて2着に敗れたが、帰国後は6月のスティーブンフォスターハンデキャップホイットニーステークスウッドワードステークスと圧倒的な強さでGIを連勝。迎えたブリーダーズカップ・クラシックはアロゲートに次ぐ2番人気で出走した。レースは好スタートから先手を取って4コーナーでは、アロゲートが後方で伸びあぐねる中ガンランナーはパシフィッククラシック勝ち馬コレクテッドやトラヴァーズステークス勝ち馬ウエストコーストらの追い上げを押し切り、GI4連勝を飾った[5]。この活躍により、同年のエクリプス賞年度代表馬に選出された[6]

5歳(2018年)[編集]

ラストランとして1月27日のペガサスワールドカップに出走。好スタートから2番手に付け、4コーナー手前で先頭に立つと2着のウエストコースト(West Coast)に2馬身半差をつけて先頭でゴールし、有終の美を飾った。3着のガンネヴェラ(Gunnevera)には2着から10馬身3/4差がついていた[7]

競走成績[編集]

以下の内容は、EQUIBASEの情報[3]に基づく。

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2015.09.11 チャーチルダウンズ 未勝利 8f 1着 R.サンタナJr. 3/4馬身 (Gametown)
0000.10.17 キーンランド アローワンス ダ8.5f 1着 R.サンタナJr. 2馬身 (Uncle Jerry)
0000.11.28 チャーチルダウンズ ケンタッキージョッキークラブステークス G2 ダ8.5f 4着 R.サンタナJr. Airoforce
2016.02.20 フェアグラウンズ リズンスターステークス G2 ダ8.5f 1着 F.ジェルー 1/2馬身1 (Forevamo)
0000.03.26 フェアグラウンズ ルイジアナダービー G2 ダ9f 1着 F.ジェルー 4馬身1/2 (Tom's Ready)
0000.05.07 チャーチルダウンズ ケンタッキーダービー G1 ダ10f 3着 F.ジェルー 4馬身1/2 Nyquist
0000.06.18 チャーチルダウンズ マットウィンステークス G3 ダ8.5f 1着 F.ジェルー 5馬身1/4 (Gray Sky)
0000.07.31 モンマスパーク ハスケル招待ステークス G1 ダ9f 5着 F.ジェルー Exaggerator
0000.08.27 サラトガ トラヴァーズステークス G1 ダ10f 3着 F.ジェルー Arrogate
0000.09.24 パークスレーシング ペンシルベニアダービー G2 ダ9f 2着 F.ジェルー 1/2馬身 Connect
0000.11.04 サンタアニタ ブリーダーズカップ・ダートマイル G1 ダ8f 2着 F.ジェルー 3馬身1/2 Tamarkuz
0000.11.25 チャーチルダウンズ クラークハンデキャップ G1 ダ9f 1着 F.ジェルー 2馬身3/4 (Breaking Lucky)
2017.02.20 オークローンパーク レーザーバックハンデキャップ G3 ダ8.5f 1着 F.ジェルー 5馬身3/4 (Hawaakom)
0000.03.25 メイダン ドバイワールドカップ G1 ダ10f 2着 F.ジェルー 2馬身1/4 Arrogate
0000.06.17 チャーチルダウンズ スティーブンフォスターハンデキャップ G1 ダ9f 1着 F.ジェルー 7馬身 (Honorable Duty)
0000.08.05 サラトガ ホイットニーステークス G1 ダ9f 1着 F.ジェルー 5馬身1/4 (Keen Ice)
0000.09.02 サラトガ ウッドワードステークス G1 ダ9f 1着 F.ジェルー 10馬身1/4 (Rally Cry)
0000.11.04 デルマー ブリーダーズカップ・クラシック G1 ダ10f 1着 F.ジェルー 2馬身1/4 (Collected)
2018.01.27 ガルフストリーム ペガサスワールドカップ G1 ダ9f 1着 F.ジェルー 2馬身1/2 West Coast

種牡馬時代[編集]

引退後はケンタッキー州スリーチムニーズファームで種牡馬入り。初年度の種付け料は7万ドルに設定された[7]

血統表[編集]

ガンランナー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ファピアノ系
[§ 2]

Candy Ride
1999 鹿毛
父の父
Ride the Rails
1991 黒鹿毛
Cryptoclearance Fappiano
Naval Orange
Herbalesian Herbager
Alanesian
父の母
Candy Girl
1990 栗毛
Candy Stripes Blushing Groom
*バブルカンパニー
City Girl Farnesio
Cithara

Quiet Giant
2007 鹿毛
Giant's Causeway
1997 栗毛
Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Mariah's Storm Rahy
*イメンス
母の母
Quiet Dance
1993 芦毛
Quiet American Fappiano
Demure
Misty Dancer Lyphard
Flight Dancer
母系(F-No.) 17号族(FN:17-b) [§ 3]
5代内の近親交配 Fappiano4×4=12.50%、Blushing Groom4×5=9.38%、Lyphard5×4=9.38%、Northern Dancer5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ ガンランナー 5代血統表2018年5月6日閲覧
  2. ^ ガンランナー 5代血統表2018年5月6日閲覧
  3. ^ ガンランナー 5代血統表2018年5月6日閲覧
  4. ^ ガンランナー 5代血統表2018年5月6日閲覧


出典[編集]