この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ガーディアンズ・オブ・
ギャラクシー:リミックス
Guardians of the Galaxy Vol. 2
Guardians of the Galaxy Vol 2 Logo Black.svg
タイトルロゴ
監督 ジェームズ・ガン
脚本 ジェームズ・ガン
原作 ダン・アブネット
アンディ・ランニング
製作 ケヴィン・ファイギ
製作総指揮 ルイス・デスポジート
ヴィクトリア・アロンソ
ジョナサン・シュワルツ
ニコラス・コルダ
スタン・リー
出演者 クリス・プラット
ゾーイ・サルダナ
デイヴ・バウティスタ
ヴィン・ディーゼル
ブラッドリー・クーパー
マイケル・ルーカー
カレン・ギラン
ポム・クレメンティエフ
エリザベス・デビッキ
クリス・サリヴァン英語版
ショーン・ガン
シルヴェスター・スタローン
カート・ラッセル
音楽 タイラー・ベイツ
撮影 ヘンリー・ブラハム英語版
編集 フレッド・ラスキン
クレイグ・ウッド
製作会社 マーベル・スタジオ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年5月5日
日本の旗 2017年5月12日
上映時間 136分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $200,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $863,756,051[1]
アメリカ合衆国の旗 $389,813,101[1]
日本の旗 11.4億円[2]
前作 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(シリーズ前作)
ドクター・ストレンジマーベル・シネマティック・ユニバース前作)
次作 スパイダーマン:ホームカミング(マーベル・シネマティック・ユニバース次作)
テンプレートを表示

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス[3](ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス、原題: Guardians of the Galaxy Vol. 2)は、2017年アメリカ合衆国スーパーヒーロー映画マーベル・コミック同名のスーパーヒーローを題材とし、マーベル・スタジオが製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給している。

2014年の映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編でシリーズ第2作。また、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第15作品目の映画である。

ストーリー

惑星ザンダー英語版滅亡を目論んでいたクリー人英語版の狂信的テロリストロナン英語版の計画を阻止し、ピーター・クイル / スター・ロードガモーラドラックスロケットベビー・グルートの名前は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』として宇宙に知れ渡った。彼らはソヴリン人の女王アイーシャ英語版からの依頼で、宇宙怪獣アビリスクからアニュラクス・バッテリー関連の施設を守る仕事に従事する。仕事に成功したガーディアンズは、行方をくらませていたガモーラの妹ネビュラの身柄を引き取り[注釈 1]、ザンダーに送り届けて報奨金を受け取ろうと考える。ところがソヴリンを後にしたところで、ロケットがアニュラクス・バッテリーをくすねていたことが分かり、ガーディアンズとネビュラが乗るクイルの宇宙船ミラノ号はソヴリンの艦隊に襲撃される。絶体絶命の危機に陥ったところへ、謎の宇宙船が現れてソヴリンの艦隊を撃破し、ミラノ号は何とか惑星ベアハート英語版に不時着する。彼らを助けた宇宙船から現れたエゴ英語版はクイルの父を名乗り、世話係のマンティスと共に、ガーディアンズ一行を自らの星に招待する。半信半疑ながら、クイルとガモーラ、ドラックスはエゴの招待を受け、ミラノ号の修理とネビュラの監視に当たるロケットとグルートを残してエゴの星へ向かう。

艦隊を撃破されたアイーシャは、ガーディアンズ逮捕のためヨンドゥ・ウドンタ英語版率いるラヴェジャーズを雇う。ラヴェジャーズはロケットとグルートを捕獲するが、ヨンドゥは自分が育てたクイルの追跡に関しては弱気になり、不満を抱いたテイザーフェイス英語版一派は反旗を翻す。ヨンドゥは、グルートを唆して自由になっていたネビュラに倒され、彼女はその礼だった宇宙船で単身ガモーラを追跡する。投獄されたヨンドゥは、密かに反乱へ反対していたクラグリンスペイン語版とベイビー・グルートに、ヤカの矢の操縦装置であるフィンを取りに行かせ、ロケットたちと共闘してテイザーフェイス派を抹殺し、4人でエゴの星へと向かう。

セレスティアル英語版(天人)のエゴは、自らの意識で美しい惑星を作り、他の生命体を探して旅した地球で、人間の姿をとってクイルの母メレディスと恋に落ちたのだと語る。ヨンドゥはクイルをエゴの元に届けるために雇われたが、何故か身柄は引き渡されず、エゴは長年クイルのことを探していた[注釈 2]。半信半疑だったクイルも、自身がエゴのような造型能力を使いこなせることでエゴの息子だと自覚するが、母の死はエゴのせいだったと知り怒りを露わにする[注釈 3]。クイルが思い通りにならなかったことに憤ったエゴは、クイルを惑星「拡張」のエネルギー源にしようとし、クイルが大切にしていたウォークマンを破壊する。またガモーラとネビュラは、エゴの星の片隅で大量の骸骨を見つけ、マンティスからこれがエゴの思い通りにならなかったために殺された彼の子どもたちであることを聞き出す。

ガモーラたちは駆けつけたロケットたちと合流し、エゴを倒すための共闘を始める。ロケットは盗み出したアニュラクス・バッテリーで時限爆弾を作り、グルートを使って惑星中心にあるエゴの「脳」へ仕掛けさせる。クイルは、エゴの陰謀を知ったヨンドゥが自分を引き渡さなかったことを聞かされ、ヨンドゥこそ自分を守った「父親」であったことを知る。ヨンドゥは、エゴと戦い逃げ遅れたクイルを救いに行き、星の外に出たところで死亡する。ヨンドゥの死に際し、クラグリンはヨンドゥがクイルのために買っていたZuneを渡し、逆にクイルからヨンドゥの形見であるヤカの矢を受け取る。かつてラヴェジャーズから除名されたヨンドゥだったが、ロケットの知らせに応じて多くの仲間が彼を悼みに現れ、スタカー・オゴルド英語版はラヴェジャーズの再結成を決める。

ミッド・クレジットシーンで、アイーシャは新しい出産ポッドを作ったことを明かし、ここから生まれるのはアダム英語版だと述べる。また思春期になったグルートが、ゲーム三昧で引きこもり生活を行っている様子が描かれる。ウォッチャー英語版たちは宇宙飛行士(スタン・リー)を取り残して惑星を去る。

登場人物・キャスト

※ 具体的な人物像やリンク先が記載されていない登場人物についてはこちらを参照のこと。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとその関係者

ピーター・ジェイソン・クイル / スター・ロード
演 - クリス・プラット、日本語吹替 - 山寺宏一[4][5]
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのリーダー的存在で、個性的な仲間たちを相手に四苦八苦な日々を送りながらも、気楽さを忘れないムードメーカー。
本作では、謎だった実の父が「天界人(セレスティアルズ)」のエゴであること、また、自身もエゴと同じ天界人の力を秘めていることが判明する。
少年期のピーター・クイル
演 - ワイアット・オレフ
ガモーラ
演 - ゾーイ・サルダナ、日本語吹替 - 朴璐美[4][5]
言い争いや悪ふざけの絶えない男性陣を叱咤しながらどうにかまとめている、ガーディアンズの紅一点。本作では義理の妹ネビュラと姉妹として死闘を繰り広げる中で、互いに本心を打ち明け、長年のわだかまりがとけることになる。
ドラックス
演 - デイヴ・バウティスタ、日本語吹替 - 楠見尚己[4][5]
仲間の制止を振り切って猪突猛進することも多いパワーファイター。ズレた言動や豪快な笑いで周囲を引かせることも多いが、時に物事の核心を突く。
ベビー・グルート
声 - ヴィン・ディーゼル、日本語吹替 - 遠藤憲一[6][5]
ザンダーでの戦いの後に、先代のグルートの破片の小枝から蘇った「フローラ・コロッサス」(ファンからは先代グルートが蘇った姿だと考えられていたが、ガン監督によれば、全くの別人格で以前の記憶は残していないという[7])。小動物程度の大きさに成長して、2足歩行もできるようになったが、知性も身体と同じくらい幼くなっている(日本語版では「ボク」との一人称が使われた)。
ロケット
声 - ブラッドリー・クーパー、日本語吹替 - 加藤浩次極楽とんぼ[4][5]
アライグマの姿をした、ガーディアンズ随一の武器・メカのスペシャリスト。仲間との口争いが絶えず、アニュラクス電池をくすねるなど手癖の悪さからトラブルメーカーでもある反面、本作ではガーディアンズの仲間との友情も垣間見せる。
ネビュラ
演 - カレン・ギラン、日本語吹替 - 森夏姫[4][5]
義父サノスにより殺し屋として育成・サイボーグ化された、ガモーラの義妹。幼少期の恨みから義姉ガモーラやサノスへの復讐を誓っているが、本作ではガモーラとの関係を変化させる兆しが描写される。

エゴの星

エゴ英語版
演 - カート・ラッセル、日本語吹替 - 金尾哲夫[5]
クイルの実父である初老の男性で、超常的な力を持ち、宇宙の誕生から生き続けてきた「天界人(セレスティアル)」。その正体は惑星そのもので、星の中枢に浮遊する人間の脳のような物体が彼の本体である。人間体は数々の星を渡り歩き他人と接するために生み出された分身に過ぎない。宇宙の誕生と共に実体のないエネルギー体として産まれ、長年かけて惑星を形作るが、孤独に苛まれたことから宇宙全体を飲み込む「拡張」を目的とするようになった。そのために人間体を使ってあちこちの惑星に分身である「苗」を植えたほか、その先で様々な種族と交配して「拡張」に必要な自らの子どもを生ませ、ヨンドゥに自分の星へ送り届けさせていた。
インフィニティ・ストーンに触れても無事だった地球人の噂を聞き、自身の子どもではないかと考えてクイルに接触。天界人の能力を引き継いだクイルに対し、「拡張」へ協力するよう説得する。
マンティス
演 - ポム・クレメンティエフ、日本語吹替 - 秋元才加[8][5]
エゴに拾い育てられ、彼の従者を担当している女性エイリアン。触れた人の心を読んだり感情を操れる「エンパシー(共感能力)」を持っている。

ソヴリン

アイーシャ英語版
演 - エリザベス・デビッキ、日本語吹替 - 魏涼子[5]
全身黄金色をしたソヴリン人の頂点に立つ女王で、アニュラクス電池の警護にガーディアンズを雇った。だがアニュラクス電池を盗んだガーディアンズを追跡し、執拗に付け狙う。

ラヴェジャーズ

ヨンドゥの部隊

ヨンドゥ・ウドンタ英語版
演 - マイケル・ルーカー、日本語吹替 - 立木文彦[4][5]
ラヴェジャーズの一員で、エクレクター号の船長。エゴの依頼で彼の子どもたちを送り届けては報酬を得ていたことが露呈し、ラヴェジャーズの掟に反したとして本隊から除名されていた。
本作ではクイルに甘いことが災いして、テイザーフェイスら部下にクーデターを起こされてしまう。
テイザーフェイス英語版
演 - クリス・サリヴァン英語版、日本語吹替 - 廣田行生[5]
ラヴェジャーズの一員で、ヨンドゥの部下。クイルに甘いヨンドゥに不満を募らせており、クーデター後は隊をまとめるリーダーとなる。
タルク
演 - トミー・フラナガン、日本語吹替 - 隈本吉成[5]
ヨンドゥの片腕であるラヴェジャーズのベテランメンバーで、テイザーフェイスの反乱に加わらずヨンドゥに忠誠を尽くした。
レッチ
演 - エヴァン・ジョーンズ、日本語吹替 - 小川剛生[5]
ラヴェジャーズのヨンドゥの部隊の一員。テイザーフェイスのクーデターに乗じて捉えたベビー・グルートを弄ぶ。
オブロ
演 - ジョー・フリア、日本語吹替 - 堀総士郎[5]
ラヴェジャーズのヨンドゥの部隊の一員で、赤い肌が特徴。ヨンドゥを支持していたメンバーの一人で、コントラクシアでは彼へ共に遊ぼうと誘っていた。
ナーブリク
演 - テレンス・ローズモア
ラヴェジャーズのヨンドゥの部隊の一員で、黒人と同様の外見が特徴。タルクが宇宙空間に放り出された際に、その様子を卑しく面白がっていた。
ハーフナット
演 - ジミー・ユーリーン、日本語吹替 - 烏丸祐一[5]
ラヴェジャーズのヨンドゥの部隊の一員。ベアハートでミラノ号を包囲する際、木を這っていた蜘蛛を捕食していた。
ブラル
演 - ステファン・ブラックハート、日本語吹替 - 荒井勇樹[5]
ラヴェジャーズのヨンドゥの部隊の一員で、傷だらけの顔つきが特徴。ベアハートでロケットを挑発した挙句に同士討ちしてしまう。
ギフ
演 - スティーヴ・アジー、日本語吹替 - 田中英樹[5]
ラヴェジャーズのヨンドゥの部隊の一員で、数字の計算ができない肥満の男。ロケットがテイザーフェイスを嘲ると、思い切り吹きだしていた。
クラグリン・オブフォンテリスペイン語版
演 - ショーン・ガン、日本語吹替 - 土田大[5]
ヨンドゥの側近であるラヴェジャーズの一員。ヨンドゥに忠誠を誓っていたものの、クイルへの贔屓には不満があり、テイザーフェイスらのクーデターに従って1度は袂を分かつ。しかしながら、テイザーフェイスのやり方に反感を抱き、ヨンドゥ側に寝返ることになる。その後は宇宙船の操縦担当としてガーディアンズの戦いに助力する。

ラヴェジャーズ本隊

チャーリー27英語版
演 - ヴィング・レイムス(カメオ出演)、日本語吹替 - 藤井隼[5]
初代ラヴェジャーズの一員で、現在では自らの部隊を持つ巨漢の木星人。
アリータ・オゴルド英語版
演 - ミシェル・ヨー(カメオ出演)、日本語吹替 - きそひろこ[5]
初代ラヴェジャーズの一員で、現在では自らの部隊を持つアルクトゥルス星人。
スタカー・オゴルド英語版
演 - シルヴェスター・スタローン、日本語吹替 - ささきいさお[9][5]
ラヴェジャーズの全隊の伝説的リーダー。ヨンドゥにとっては奴隷から引き抜いてくれた恩人でもあるものの、ヨンドゥがエゴに加担して人身売買に手を染めたことで本隊から追放した過去がある。
スタローンは「ラヴェジャーズ」との名前を「アベンジャーズ」と混同してしまい、「ラヴェンジャーズ」と何度も言い間違えてしまっていた[10]
マルティネックス英語版
演 - マイケル・ローゼンバウム(カメオ出演)、日本語吹替 - 椙本滋[5]
ラヴェジャーズの本隊に属する、スタカーの片腕。

コントラクシア

ロボット娼婦
演 - シーラ・ラブ
コントラクシアのアイアン・ロータスで客をもてなす、黄色いボディのアンドロイド。
ハワード・ザ・ダック
声 - セス・グリーン(カメオ出演)、日本語吹替 - 伊丸岡篤[5]
かつてノーウェアのタニリーア・ティヴァン/コレクターのショップにいた、アヒル型の頭部を持つ宇宙人。

地球

メレディス・クイル
演 - ローラ・ハドック、日本語吹替 - 宮島依里[5]
クイルの母親(故人)。冒頭と終盤の回想シーンにて、病魔に侵される前の髪の毛のある健康体で登場。彼女の死因である脳腫瘍は、エゴによって引き起こされたものだったことが分かる。
デビッド・ハッセルホフ
演 - デビッド・ハッセルホフ(本人役)、日本語吹替 - ささきいさお
父の存在を知らなかったクイルが理想の父親として掲げていた地球の歌手で、クイルは『ナイトライダー』でマイケル・ナイトを演じていた頃の雑誌の切り抜きを持ち歩いていた。
クイルの祖父
演 - グレッグ・ヘンリー
ピーター・クイルの祖父で、現在でもミズーリ州で元気に存命している。ミズーリ州でエゴの一部が膨れ上がる場面に登場し、車で避難する。

カメオ出演

宇宙飛行士
演 - スタン・リー(カメオ出演)、日本語吹替 - 高桑満[5]
本編中盤とエンドクレジット後に登場する、老宇宙飛行士。
メインフレーム
声 - マイリー・サイラス(カメオ出演)
初代ラヴェジャーズの一員である、頭部だけのロボット。
グランドマスター英語版
演 - ジェフ・ゴールドブラム(カメオ出演)
辺境の惑星「サカール」の独裁者にして、前作でオーブを手に入れようとしたティヴァン/コレクターの兄弟。

設定・用語

※ 詳細とリンク先が記載されていないアイテムやテクノロジーについてはこちらを参照のこと。

ツール・ビークル・植物

ガーディアンズのツール・ビークル

スター・ロードのツール
本作でクイルは、“スター・ロードのヘルメット[11][12]、“クアッドブラスター[13][12]、“インターディメンショナル・トラッカー”を駆使する。
ゴッドスレイヤー[14][15]
ガモーラの愛剣。
ドラックスの短剣[16]
ドラックスが愛用する2本のナイフ。
ロケットの武器
本作でロケットは、“レーザーキャノン[17][18]、“イオン・キャノン”、“ヘビーマシンガン”、“ステッカーディスク”、“ダーツ・ランチャー”、“ビーズ”など、多数の武器を駆使する。
Zune
地球で販売されていたマイクロソフト社製の携帯音楽プレイヤー
エアロ・リグ
ロケットによって新開発された、ボディアーマー型のジェットパック。ガモーラは「ジェット・ロケット」と呼称する。
ホログラフィック・スペーススーツ
ロケットによって新開発された、簡易的宇宙服。
アニュラックス電池時限爆弾
クライマックスでロケットがエゴを倒すために、あり合わせの部品で作り上げた時限爆弾。
ミラノ号
クイルがMシップの1機を自身専用にアナログ改造したガーディアンズの宇宙船。本作において大破し、その後ロケットによって修理作業が行われるが、完遂されずに終わる。

その他のツール・植物

ヤカの矢
ヨンドゥが愛用する一本の矢。ヨンドゥの死後、クイルによってクラグリンへ受け継がれる。
ヤロの根
食料として宇宙で幅広く使われる、地球外の植物。
エゴの苗
エゴが幾多の星々の大地に植えてきた、エゴの分身である植物。

テクノロジー・その他のビークル

ナノボット・ウェルダー
ロケットがミラノ号の修理に使用した、高性能ナノマシン照射装置。
フィン
ヨンドゥの頭頂部に埋め込まれている、ヤカの矢のコントローラー。
アニュラックス電池
ソヴリンのエネルギー源となる大容量電池。
バース・ポッド
ソヴリン人が同族を生み出すために用いる、出産・保育装置。
Mシップ
ラヴェジャーズのヨンドゥの部隊が複数保有・運用する宇宙船。本作では、ネビュラが使用する。
エクレクター号
ラヴェジャーズのヨンドゥの部隊の旗艦である、巨大宇宙船。
クオドラント
エクレクター号の後部ブロックである宇宙船で、運用する際には内部のレバー操作で本船であるエクレクター号から分離させる。
レーザー・ドリル
ヨンドゥが昔盗んだ小型宇宙船で、ラヴェジャーズのシンボルがペイントされた黄色い曲線状の機体が特徴。
オムニクラフト
ソヴリン人が多数保有する、遠隔操縦式の小型宇宙船。
エゴの宇宙船
エゴが運用する小型宇宙船。

種族

ソヴリン人
ソヴリンに住む金髪と金色の肌及び瞳を持つヒューマノイド型種族。アイーシャがクイルやロケットから受けた言動を侮辱と見なし、アニュラックス電池を奪ったことでガーディアンズへの報復を決意して、執拗に追い続ける。
天界人 / セレスティアル
宇宙の起源と同時に生まれたと噂される、謎の古代種族。本作ではエゴとクイルの親子がこの種族として登場。

生物

オルローニ
爬虫類のような姿をした小動物。本作でも、ソヴリンの発電所からエクレクター号の船内まで、至る所に登場する。
アビリスク
異次元を飛び回り、アニュラックス電池のエネルギーを食らう宇宙怪獣。冒頭でアニュラックス電池を狙ってソヴリンに降り立ち、ガーディアンズと対戦する。

宇宙海賊・登場惑星・施設

ラヴェジャーズ

銀河にその名を馳せる大規模な宇宙海賊で、スタカー率いる本隊を筆頭に100以上の部隊を擁しており、本作では数々の詳細が描写される。

本隊
スタカーに率いられ、マルティネックスたちが属する本部隊。
ヨンドゥの部隊
エクレクター号を旗艦とするヨンドゥ率いる部隊。
チャーリー27の部隊
チャーリー27が率いる部隊。
アリータの部隊
アリータが率いる部隊。

登場惑星・施設

テラ / 地球
クイルの故郷である、辺境の惑星。
ミズーリ州
アメリカ合衆国中西部のミシシッピ川沿いに位置し、クイルの一家の故郷でもある内陸の州で、エゴがメレディスと出会った地でもある。エゴがこの州の森林に分身を植えたため、クライマックスでは分身の膨張により多大な被害を被る。
ソヴリン
銀河座標“M49 5I0L339P21 + H9 LNI31”に位置する、人工惑星。
ベアハート
銀河座標“M20 22A4834126 + 306CA12”に位置する、地球のものに酷似した森林が広がる惑星。
コントラクシア
銀河座標“M15 5127512731 + X1955KX”に位置する、地表の多くが水に覆われた極寒の惑星。
アイアン・ロータス
コントラクシアの町中にある酒場。
エゴの星
銀河座標“G52 22C848T12F + E16UC22”に位置する、星図にも載っておらず正式な名もない、地球の月ほどのサイズである辺境の赤い惑星。

製作

発展

「どんな続編にするか、どこに行くのか、誰が関わるのか、何が起こるのか、そして登場人物について何が分かるのか、漠然としたアイデアはある。とても漠然としているので変化するかもしれない。[中略]それでも、キャラクターが何者か、どこから来たのか、どこに行こうとしているかについて、自分は多くを知っている。映画[=第1作製作]には多くの計画を立てる必要があったけど、続編ではそんなに計画を立てる必要もないし、立てるにしてももっと楽な仕事になると思う。そういうわけで続編を作れる可能性にわくわくしている」[19]
ジェームズ・ガン(監督・脚本)、続編について、2014年8月

2014年5月、ディズニー社CEOのボブ・アイガーは、第1作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』について、「フランチャイズする強い可能性」("strong franchise potential") があると述べた[20]。アイガーは終着点について、「第2のアベンジャーズ」("another Avengers") を作ることだと付け加えた[21]。1作目の監督と共同脚本を担当したジェームズ・ガンは、続編を製作したいと述べ、自身の契約で、要求があれば製作に戻る義務が課せられていることを明かした[22]。翌月、製作のケヴィン・ファイギは、「場所[=フランチャイズ]を提供でき、どこに行きたいかという方向性も持っている」と述べ、登場人物や世界観、原作コミックの筋書きから、幅広く取り入れて方向性を作ったことを明かした[23]。2014年7月、第1作の共同脚本を担当したニコール・パールマンが続編製作を認め、これは第1作がディズニー社内で好評を得たことから「たまたま決まった」("going to happen") もので、ガンが次作でも脚本・監督を務めるとした[24][25]。直後のサンディエゴ・コミコン・インターナショナルでは、第2作の公開日が2017年7月28日に決まったと発表された[26]

ガンは1ヶ月以内に次作に向けた準備を始め、コミックスから少なくとも1人のガーディアンが新たに登場するだろうと述べた[27][28]。10月にはガンから、第1作に登場した5人のガーディアン全員が、その他の脇役共々再登場することが明かされ[注釈 4][29]、さらに公開日は2017年5月5日に前倒しされた[30]。その後数ヶ月して、マイケル・ルーカーが次作でもヨンドゥ英語版役で続投することを明かし、キャラクターの造型を更に探求できるのが楽しみだと述べた[31][32]ピーター・クイル / スター・ロードを演じていたクリス・プラットも、自身の次回作のひとつに、このシリーズの続編が含まれていることを認めた[33]ロケット役の続投について尋ねられたブラッドリー・クーパーは、自身の興味と興奮を明かした[34]ヴィン・ディーゼルもグルートの声で続投することを認めた[35]。2015年3月にガンは、第1作から「クルーを大幅変更」("major crew changes") した上でジョージア州アトランタで撮影が行われること、また弟でクラグリンスペイン語版役を演じたショーン・ガンと、ネビュラ役を演じたカレン・ギランの続投を明らかにした[36][37]。ガンは自身とマーベルの関係性について、会社は「自由に自分の仕事をさせてくれるし、こちらも相手の草案や企画には真剣に耳を傾ける。ある人物を登場させたり、ある要素をプロットに入れるよう言われたことは1度も無い。信用してくれたら適当な場所をくれるんだ。[中略]彼らのことが大好きで、彼らと働くのが楽しい。いい結婚のように息ぴったりだね」と述べている[37]

5月、ガンは続編の登場人物は第1作より少なくなると述べ、また脚本にマンティスアダム・ウォーロック英語版を登場させるつもりだとした[38][39]。ガンがマンティス役に思い描いていた俳優との交渉が始まり[40]、その後映画が「せわしなくなり過ぎる」("getting too busy") ことから、ガンはウォーロックの登場を取り止めた上で、「『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で大事なことのひとつは、キャラクターの枝葉を加えないこと、話を大きくしないでキャラクターの深部に迫ること……[中略]そして彼らをより感情的に知ること……[中略]自分にとってスーパーヒーロー・コミック原作の映画は、全てが無秩序で正気でないように思えるんです」と説明した[39]:a。加えてガンは、「彼[アダム・ウォーロック]と共にやった版が大好きだ。アダム・ウォーロックを入れて、本当に創造的でユニークなものを作れたと思っている。それでもたった1人であれ多過ぎで、マンティスを失いたくはなかったし、どうやってもマンティスの方が、より自然に映画の一部分になっていた」と述べた[38]。彼はウォーロックが将来的にシリーズ作品に登場する可能性は認め、マーベル・シネマティック・ユニバースのコズミック・サイドで「とても重要な立場」("a pretty important part") を占めるとの見通しを示した[38][41]。将来的な登場については、完成した第2作のミッド・クレジットでも仄めかされた[42]。ウォーロックの存在を仄めかしたことについてガンは、マーベル側からファンが『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ならびにその続編でのウォーロック登場を待ち望んでいるようだと伝えられ、このシーンやガン自身のSNSを通じて、ウォーロックはこの2作に登場しないことを明確に伝えるためだったのだと述べている[43]

脚本執筆

続編製作の一報が伝えられた後、ガンは「自分が[続編で]どこに行きたいのか多くを」("a lot of where I want to go [in the sequel]") 知っていると述べ[44]、第1作の製作中に、次回作以降で造型を深めるつもりで、クイルとその父親の生い立ち、またクイルとヨンドゥとの歴史を書いていたとした[45]。ガンは続編について第1作とは異なる構成にしたがったが、この理由について「みんなが『ガーディアンズ』を好きになった理由のひとつは、映画が新鮮で違ったものだったからで、第2作も前作より新鮮で違ったものになるだろう」と述べた[46]。ガンは脚本執筆前に、ドラックス、ネビュラ、クラグリン、コレクター英語版[注釈 5]について深く掘り下げたいとし、更にザンダー人英語版クリー英語版クリロア人英語版、ラヴェジャーズの文化について話を広げたいともした[44][49]。彼は続編で女性キャラクターをもっと登場させたいとしたが、ノヴァ軍英語版リチャード・ライダー英語版サム・アレグザンダー英語版キャロル・ダンバースなど「地球人」("earthlings") の登場を取り止め[50]、その理由について「クイルが唯一の地球人であることが重要だと思っているので、今すぐノヴァを登場させたくない。少数のノヴァファンだけでなく、映画を観に行く観客全員にとってためになると思う」と述べている[51]

製作を務めたファイギはクイルの父親探しが「確実にガーディアンズの次の冒険の一部分になるだろう」と述べ、「第1作の終盤に種を蒔いておいたので、そうする理由があるはずだ」と付け加えた[52]。ガンは、ヨンドゥとクイルやその父との関係について、「ヨンドゥの存在に意味がある」("Yondu's place in everything made sense") のを確かにしたいと述べたほか、クイルの父親はコミック通りのジェイソン英語版ではないとした[53]。ガンはマーベル側がエゴ英語版の登場よりもベイビー・グルート登場の方に乗り気なのか確信が持てなかったが、その理由として「大人のグルートは第1作で1番人気だったキャラクターで、[マーベルが前作の]良い点を危険に晒したがるとは思えなかった」ことを挙げた[54][55]。しかしながら、グルートの設定を変化させることで、ガンは「映画の流れが良くなった」(it "opened the film up") のを感じ、「他の登場人物の新たな一面」("new aspects of our other characters") を引き出せるようにもなったとした[55]サノスの登場についてガンは、「自分たちの物語を助けてくれるなら[登場するだろうし]、そうでなければ一切登場しないだろう。サノスは『ガーディアンズ2』ではとても重要というわけでない、これは確かなことだ。[第2作には]ガーディアンズ自身と彼らが向き合う新たな脅威があって、その脅威はサノスではない」とした[53]。後にファイギはサノスが登場しないことを認め、「より壮大な」("grander") 復活のために取っておかれたのだとした[56][57]。マーベル・シネマティック・ユニバースのフェイズ3に属する他の映画と今作はどのくらい関係しているのか問われたガンは、「[フェイズ3の映画に]借りがある気は全く無い。[第2作は]本当にガーディアンズと彼らが何をしているかという話だけだと思っている」と述べた[58]

ガンは第2作の設定を前作の2〜3ヶ月後に設定したが[41][59]、これは「グループを脆いエゴの塊だと感じていて、数年後を舞台にしてこの物語を始められるとは思わなかったため」だと明かした[41]。第2作では、ソヴリンやベアハート英語版、コントラクシアなど主要な惑星が登場する。ファイギは他にも2、3の世界が登場するとし、「地球も少しだけこの映画に登場するが、登場人物たちが地球に行くということではない」とした[60][61]。2014年12月、ガンは第2作の脚本を執筆中だと発表し、「常に変わり続けているが、とても強固な[内容の脚本]だと感じている。とてもわくわくする」と述べた[62]。2015年2月初めまでに、ガンはマーベルへ映画のフル・ストーリーを提出する〆切が数週間後に迫っていることを明かし、最初に続編のアイデアを示した際、マーベル側に「リスキー」("risky") だと判断されたと述べた。また、第2作はコミックに「全く基づいていない」("not really based on anything") 完全なオリジナルストーリーが主軸だとした[63][64]。ガンは後に一連の場面構成を「スクリプトメント」("scriptment") と呼び、「脚本と場面構成が一緒になった70ページのもので、映画の全てのリズムがここに詰まっている」と述べた[39]:b。4月までに、彼は脚本を書き始める準備を行い[63]、2015年6月に『サラリーマン・バトル・ロワイアル英語版』の製作に取り掛かる前に脚本を完成させたいとの見通しを明かした[40]

プリ・プロダクション

2016年のサンディエゴ・コミコンで、この作品を宣伝するジェームズ・ガン

2015年6月2日、ガンは自身のソーシャルメディアで脚本の第1稿を書き上げたことを発表し、映画のタイトルは単に『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー2』"Guardians of the Galaxy 2" にはならないだろうと述べた[65]。同じ週にはガンから、ゾーイ・サルダナデイヴ・バウティスタ、ブラッドリー・クーパーがそれぞれガモーラ、ドラックス、ロケット役で再登場することが発表された[39]。6月終わり頃、ガンは正式タイトルが "Guardians of the Galaxy Vol. 2" に決まったと発表し[66]、「Vol.2 のために沢山の題名を考えた。それでもそもそも『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』自体の語数が多いので、この後ろに単語を塊にしてくっつけるのは変な感じがした。"Vol.2" が1番好きで、脚本の表紙にもそう書いたのだけど——幸運なことに、[マーベル]もこれを気に入ってくれた」と述べた[67]

2015年9月、ガンはFacebookへの投稿で、第2作のバックグラウンド・キャラクターとして、1964年にマーベル・コミックに初登場した種族・スニーパーenを使いたかったが、マーベル法務部から、アイスランド語クリトリスを意味する単語「snípur」に似ており難色を示されたことを明かした[68]。マーベルの法務部は、後に映画内のスニーパーへの言及を削除したが、ある程度はガンのこの投稿が報道されたためでもあった[69]。この月の終わり頃、ファイギは2015年末より前にキャスティング発表ができる見込みだと述べ[70]、10月終わりまでにポム・クレメンティエフがマンティス役に決まった[71][72]。また、マシュー・マコノヒーが、2017年の映画『ダークタワー』に出演するため、作中の「悪役」("the villain") を拒否したと報じられた[73]。マコノヒーはインタビューで、「第1作が成功したので、[第2作では]今や別のビッグネーム俳優を呼んで派手なシーンを作る余地もある」と述べた[74]。12月に入って、ガンはノヴァ軍英語版のローマン・デイを演じたジョン・C・ライリーと続投で合意したと明かし[75]、またカート・ラッセルがクイルの父親役で登場すると発表した[76]。2016年1月にデヴィッド・ボウイが亡くなった後、ガンはボウイがヨンドゥのオリジナル・クルーの一員として登場することへの議論が行われていたと述べた[77][78]。2016年1月、ガンから脚本の最終稿が完成したと発表された[79]。第1作でコレクターを演じたベニチオ・デル・トロは、キャラクターの再演を望みつつも、マーベルから続編の契約を貰えずに終わった[80]。これについてガンは、コレクターが「単に[第2作に]合わなかった」("just didn't fit") のだとした[81]。2月初め、コメディアンのスティーヴ・エジー英語版が出演することが分かった[82]

小道具担当のラッセル・ボビット (Russell Bobbitt) は、第1作で使われたカセットデッキを見つけるのに苦労を強いられ、更に第2作のために探し出してきたソニーウォークマンのヘッドセットはいずれも壊れてしまっていた。ソニーにも撮影に使えるヘッドセットの在庫は無く、ボビットがeBayで1,800ドルをかけて入手した3セットは、いずれもモデルが合わなかった。ボビットは結局、部品をかき集めて6個のヘッドセットを製作した。彼は他にも、取り外しできるカートリッジ付きのスター・ロードのブラスターを2組、ラヴェジャーズ用の「スチームパンク的な見た目の武器やベルト」("steampunk-looking weapons and belts") も製作した[83]。ボビットはラヴェジャーズのために4種の武器をデザインし、ひとつの武器に対して15〜20パターンを作って演じる俳優たちに持たせたと述べた(1シーン辺り最大85〜95人のラヴェジャーズが登場する可能性がある)。ラヴェジャーズのベルトは、既製品のベルトではなく、小道具チームが革を切り出して作ったもので、更に「独特の芸術作品」("a unique piece of art") にするため、ラジオ携帯電話などの電子機器が糊付けされ、ひとつひとつ違う出来映えとなった。小道具チームはシーンのために食用の小物も製作した。例えばカメムシ風の虫を象った小物はブラック・ハニーが注入されたチョコレート製で、「噛み砕けば口中に蜂蜜が広がる」("when he bit down the honey poured out of his mouth") ようになっており、「ヤロウの根」("yarrow root") は花粉の拡大写真を元にデザインされ、乳製品無添加のホワイトチョコレートで作られた[84]

撮影

プリ・シューティングは2016年2月11日[85]ジョージア州ファイエット郡パインウッド・アトランタ・スタジオで始まった[86]偽のタイトル英語版として『レベル・アップ』"Level Up" の仮題が用いられ[41]ヘンリー・ブレアム英語版撮影監督、スコット・チェンバリス (Scott Chambliss) がプロダクションデザイナーを務めた[39][87]。ガンは、撮影監督のベン・デイヴィスやプロダクションデザイナーのチャールズ・ウッド (Charles Wood) など第1作に尽力したクルーの多くが、2016年公開の『ドクター・ストレンジ』製作に向けて契約してしまったことに加え、この映画の製作スケジュールが延期されたことで、第2作の撮影に参加できなかったと明かしている[88][89]

主要撮影は同年2月17日に始まり[90]、マーベルはこれに合わせてカート・ラッセルの参加を認め、更にエリザベス・デビッキクリス・サリヴァン英語版の出演も発表した(3人の役名は公表されなかった)[90]。第2作はパインウッド・アトランタの全18ステージを使用して撮影され、第1作よりもステージが1つ増設される形になった。ガンは続編には前作よりも多くのセットが必要だとし、「映画の多くをCGIで作っているのに、僕らのセットはとても大きい。CGI要素とバランスを取るために、実際のセットを出来るだけ多く用意して、出来る限り現実の空間を作りたい」と述べた[91]。セットは多くなったが、ガンは続編に登場するロケーションは前作より少なく、代わりに登場する場所をより具体的に描くことにしたと述べた。第2作のために建てられたセットは、ソヴリンの惑星用に複数(チェンバリスは「1930年代のアール・デコ風美的感覚に1950年代のパルプフィクションをいくつか」("1950s pulp fiction variation on 1930s art deco design aesthetic") 使用した)、作中登場したラヴェジャーズの母艦「エクレクター」(the "Eclector"、船内を360度見渡せたり、セクションを動かして違う区画を撮影できるように複数のセクションに分けて建設された)、「快楽の惑星」("pleasure planet") コントラクシアの酒場兼娼館「アイアン・ロータス」(the Iron Lotus) などであった[84]。チェンバリスはアイアン・ロータスについて、「古い宇宙船が打ち捨てられ、もう使われない工業製品が沢山放っておかれているガラクタ置き場」から寄せ集めて作られたような雰囲気を求め、「ある種独創的なネオンジャングルで、氷と雪に覆われている」ような造型を作り上げた[注釈 6]。他の宇宙船の内装も組み立てられたが、これは俳優たちがブルーバック撮影する分量を減らすためであった[84]。またここでいう宇宙船の中には、第1作用に作られてロンドンで保管されていたクイルの宇宙船のコックピットも含まれている(第2作撮影のためアトランタに移された)[92]

第2作は、8K解像度英語版カメラのレッド・ウェポン8K (Red Weapon 8K) で撮影された初の映画となった[93]。ブレアムはマーベルの他作品でも使われた実績のあるAlexa 65英語版は使いたがらず、その理由として「とても大きくて重いカメラ」("very big and heavy camera") だったことを挙げた[92]。ブレアムはAlexa 65と同等の映像が撮影できるカメラを追求し、複数の機種をテストした。その後ブレアムは、『ターザン:REBORN』で好感触を得ていたレッド社の社員と会い、ウェポン8Kの初期プロトタイプを提示された。ブレアムとガン、マーベルは、まだ1機のプロトタイプしかなかった状況でありながら、2015年9月にこのカメラを使うことを決め、3ヶ月をかけてレッド社側と撮影に向けた話し合いを重ねた[92]。ロケットとヨンドゥがラヴェジャーズの攻撃から逃走するシークエンスのために、1分間に2,000フレームまで撮影できるハイスピードカメラファントム・カメラ英語版が用いられ、1回でスローモーションからハイスピードまで自由自在に変えられる素材が撮影できるようになった。このカメラを用いた撮影は、1カットごと慎重に準備され、また振付も行われた[94]。追加シーンはIMAXとそれに合わせたアスペクト比でも撮影された[41]。ブレアムは映画のほぼ85%を、自身が開発に貢献したスタビライザー・Stabileyeを用いて撮影したが、彼はこの「手持ちドリー」("a handheld dolly")について「カメラの動線の自発性が群を抜いていて、この映画にぴったりだった」 と述べた[92]:a。宇宙船のコックピットを撮影するために、ブレアムは実際のセットをビデオパネルやその他の光源でぐるりと囲み、船外の環境がどうであれ、現実的な照明が当てられるように工夫した[92]。宇宙船の外装はテクノクレーン英語版に取り付けられたカメラで撮影されたが、コックピット内の映像は全て「とても小さくて俳優の隣にも入り込める」Stabileyeを用いて撮影された[92]:b

2016年4月、ガンはノヴァ軍のローマン・デイを演じたライリーが続編に登場しないと発表し、20世紀フォックスアニヒラス英語版征服者カーンなど「自分が共演させたいと願っている恐ろしい悪役やマイナーキャラ[の権利]を沢山保有しているので」、権利関係で登場させられないキャラクターが数多くいることを明かした[81]。またガンは、第1作でノヴァ軍最高位のイラニ・ラエルを演じたグレン・クローズの再登場についても検討していた[45]:4スタン・リーカメオ出演シーンを撮影する際、リーの移動を少なくするため、『ドクター・ストレンジ』用のシーンも含め、ガンは2つのシーンを余計に撮影した[95][96]。第2作の追加撮影はジョージア州カータースヴィル英語版[97]オレゴン州ポートランドの北にある州立公園英語版[98]ミズーリ州セントチャールズ[99]で行われた。パインウッド・アトランタにある複数の防音スタジオが『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年7月公開)のプリ・プロダクションに使われるようになってからは、ジョージア・インターナショナル・コンベンション・センター英語版が追加の防音スタジオとして使われるようになった[41]。主要撮影は2016年6月16日に終了した[100]

ポスト・プロダクション

2016年のサンディエゴ・コミコンに参加したキャスト陣。左から監督・脚本のガン、ルーカー、プラット、サルダナ、ギラン、クレメンティーフ、バウティスタ、デビッキ、ラッセル

2016年のサンディエゴ・コミコンにて、ラッセルとデビッキはそれぞれ、クイルの父エゴ英語版アイーシャ英語版を演じることが明らかになった[101]シルヴェスター・スタローンの出演も発表され[101]、彼の役はスタカー・オゴルド英語版であることが分かった[102]。ガンはラヴェジャーズを演じる俳優を複数紹介し、今作ではラヴェジャーズがより大きな存在になると述べた[103]。ラッセルがクイルの父・エゴだと発表する際、ガンは「みんなが次第に正解に近付いていたので[中略]自分で手綱を引いた方がいいだろうと」感じたという[104]。ガンはまた、この発表で観客の注目点が、誰がクイルの父を演じるのかという疑問から「登場人物同士の物語や関係性」("the story and the relationship that these characters have") に移るだろうとも考えていた[104]。2016年8月、ガンは作品にポスト・クレジット・シーンがあることを認め[59]、その後ミッド・クレジット4つとポスト・クレジット1つの合わせて5シーンになると述べた[105][106]。これに加え、ラヴェジャーズのジェフが船内で「致命的な傷を負って」見つかる6番目のシーンもガンは検討していたが、「少し分かりにくい結果に終わって」しまったという[107]

11月、ギランは映画の再撮影に参加していることを明かした[108]。2月には、この映画でぴったり100回の試写会が行われ、マーベル映画史上最高の回数になることが報じられた。『ハリウッド・レポーター』では、マーベル独自の試写システムは、観客を「より厳選した集団から選抜し、『友人・家族試写会』と呼んでいる」ものなので、この数字はマーベル以外の映画と単純に比較はできないと追記した[109]。2017年3月、ガンはマイケル・ローゼンバウムが出演することを発表した[110]。またベイビー・グルートの踊りの参考資料として自身の動きが使われたと述べ、「[前作より]大がかりなやり方だった。グルートのダンス[の素材]を得るのに、今回は1日中踊り続けなくてはいけなかった。前回は自分がiPhoneの前に立っただけだったが、今回は大きな防音スタジオで踊って、5アングルから撮影した」と述べた[111]。前作に参加した編集技師フレッド・ラスキンクレイグ・ウッドの続投も決まった[90]。ガンはカットされたシーンの中で、第1作で声優としてカメオ出演していたネイサン・フィリオンサイモン・ウィリアムズ英語版役として登場し、ウィリアムズが出演してアーコン英語版トニー・スタークを演じた映画のポスターを眺めるシーンがあったと明かした[112][113]。ガンはフィリオンのカメオ出演にウィリアムズ役を選んだことについて、フィリオンにマーベル・シネマティック・ユニバース (MCU) のどこかでもっと大きな役を演じてほしいと思っており、将来より大きな役を演じるチャンスを奪ったままにはしたくなかったためと述べた[114]。ガンはカットされた後も、フィリオンをMCUのどこにカメオ出演させるか検討していたという[114][注釈 7]。またイラニ・ラエル役を演じたクローズの登場シーンもカットされたことを認め、その理由について、「有機的に起きていることとは逆行して、ノヴァ・プライムを無理矢理第2作に詰め込もうとしていた」感じがしたためと述べた[95]

視覚効果

画像外部リンク
en:File:Planet Ego.jpg
? 作中登場するエゴの惑星(スクリーンキャプチャ)
エゴの星は「高度な幾何学的に」("highly geometric") なるようデザインされ、上記のアポロニウスのギャスケットなどフラクタル図形が多用された[98]

作品の視覚効果は、フレームストアWETAデジタル、トリクスター (Trixter)、Method Studiosアニマル・ロジックスキャンラインVFX、ロラVFX (Lola VFX)、ルマ (Luma)、カンティーナ・クリエイティヴ (Cantina Creative) の各社が担当した[117]。事前映像化はザ・サード・フロアー (The Third Floor) が担当した[118]。フレームストアは620ショット、WETAデジタルは530ショット、Method Studiosは500以上、アニマル・ロジックは147ショットを製作した[98]。フレームストアは前作に引き続きロケットとグルートを担当し[98][119]、ロケットの映像製作にはMethod Studios、WETAデジタル、トリクスターの各社も参加した。フレームストアは、第2作に向けてロケットの映像を「徹底的に」("from the ground up") 作り直し、毛皮の動きをアップデートしたり、顔の形や音素を新しくしたほか、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016年)でナーラック (Gnarlack) のために作られたものを元に、眼のパーツが新しく作り直された[98]。トリクスターはロケットがラヴェジャーズの罠にかかるシーンのほか、ロケット・ヨンドゥ・クラグリンがエゴの星へ向けてジャンプを繰り返すシーンを追加で担当した[98]。フレームストアはクリーチャーや宇宙船も担当したほか[98]、アイーシャのねぐら、宇宙戦、ラヴェジャーズの母艦エクレクターのシーン、ポスト・クレジットに登場した思春期のグルートなどを製作した[120]

フレームストアは映画のオープニング・シークエンスも担当した[98]。シングル・ショットのように見えながら、実際には11の異なるVFXが組み合わさって出来ている。ガンはこのシークエンスで、ベイビー・グルートの踊りの参考映像に協力した[118]。フレームストアのアニメーション・スーパーバイザー、アースランド・エルヴァー (Arsland Elver) は、オープニングシークエンスの大半がCGIやデジタル・ダブルで作られており、実際に撮影されたのはクイルがベイビー・グルートの近くに落ちるシーン、ガモーラがベイビー・グルートと話すシーン、ドラックスがベイビー・グルートの後ろに転がるシーンの3つのみだと明かした[120]。第1作同様に、サロフスキー (Sarofsky) がオープニングのタイポグラフィを製作し、調和のために前作と同じスタイルを用い、「今回は色あせた金色と鮮やかなブルー・ネオン」("this time in rusty gold and glowing blue neon") で彩った[120]。エグゼクティヴ・クリエイティヴ・ディレクターのエリン・サロフスキー (Erin Sarofsky) は、フレームストアによって洗練されたシークエンスにクレジットを配置することの難しさを語った。サロフスキーは「少数のキャラクターががスクリーンにホログラム投影されて静止している」("a little hovering character that projected a hologram up on the screen") ものなど、複数のクレジット映像を製作したが、ガンはシークエンスにその他のキャラクターを登場させたがらなかった[120]。このため、代わりによりシンプルな2D版が採用されることになった。サロフスキーはエンド・クレジットも担当し、会社初の試みとして、アルバムをスキャンして年月が経った質感や擦り傷のデータを取ることで、エクセプショナル・マインズ英語版社が実際に製作したクレジットと、古いミュージック・アルバムに触発されたデザインを融合させることに成功した[120]

WETAデジタルはエゴがデビッド・ハッセルホフに化けるシーンを担当し、彼のデジタル・ダブルを作成した。

ラヴェジャーズの母艦「エクレクター」の破壊シーンは、WETAデジタルが担当した[121]。WETAデジタルは他にも、エゴがクイルと戦うシーンも担当し、製作した多くのショットでラッセルのデジタル・ダブルを利用した[121]。またWETAは、エゴがデビッド・ハッセルホフに化けるシーンでもデジタル・ダブルを作成した[119]。WETAの視覚効果スーパーバイザーを務めたガイ・ウィリアムズ (Guy Williams) は次のように語っている。

「ホフ[注釈 8]の生演技に変態しようと試みたが——上手く通用しなかった。カート版の方がホフ版より良さげだった。[中略]一方で、とても精巧なカートのデジ=ダブルを完成させていた。[中略]たった2ショットのためにホフ[のデジタル・ダブル]を同じレベルで作りたくはなかった。それでも結局は、部分的にホフのデジ=ダブルを作った。最初にカートのデジ=ダブルを作った理由は、全ての[視覚]効果がきっちりと身体に合っているか確認するためで[中略]、完成版のデジ=ダブル、髪の毛、カートの顔に取り掛かった。ホフのためにかなり近付けはしたが、それでもカート用に比べればそこまで詳細というわけでもない」 — ガイ・ウィリアムズ、fxguide、2017年5月21日掲載[123]:a

WETAは追加でエゴの星の内装も手掛けたが、そのデザインは、ガンがエゴの住処を設計するため雇ったハル・テニー (Hal Tenny) が作成したフラクタルアートに触発されたものであった[119][124]。ガンは「エゴの星には1兆以上の多角形がある」と述べ、これについて「今までで最大の視覚効果だ。これに近付くものはどこにもない」と述べた[124]

アニマル・ロジックとMethod Studiosはエゴの星も担当し、アニマル・ロジックはエゴの大広間、またMethod Studiosは星への到着シーンと、ベイビー・グルートとロケットがうろの中で繰り広げる「そのボタンじゃない」のシーンを担当した[98]。アニマル・ロジックが担当したエゴの大広間も、フラクタルアートを基調に作成された[98]。アニマル・ロジック・チームは当初、バックストーリー説明用のストーリー・ヴィネット作成のために雇われ、チームは油彩画を試した後落ちる砂に発展させ、最終的にはプラスチック製彫刻が使われることになった[98]。Method Studiosは、ヨンドゥの葬儀に旧友たちが駆けつけるシーンも担当した[98]。Method Studiosは涙を流すロケットを説得力ある映像にするために、アニメーション・スーパーバイザーのキース・ロバーツ (Keith Roberts) が演技をした社内映像を参考に、視線の動きや瞬きといった顔の細かな動き全体を学び、加えてセット内演技やサウンドブースでの音入れの際に撮影されたクーパーの映像を利用した[98]。またクイルのミラノ号が不時着する惑星ベアハートのシーンも担当した[98]。ロラVFXはMCUの過去作品での経験を活かし、ラッセルの若返り英語版を担当したほか、ネビュラなど複数のキャラクターも担当した[123]。若いエゴの映像を作るため、ロラVFXは『ユーズド・カー』(1980年)でのラッセルの演技を参考にした[123]。また、ラッセルと同じ「大きくて幅のある顎、下顎、そして1番大事なのは笑った時の顔の線の動きや話す時のしわ」を追い求め、若手のアーロン・シュワルツ英語版をスタンドイン俳優として雇った[123]。クイルの母メレディスを演じたローラ・ハドックも続投したが、年代設定に合わせて若干の若返り加工が行われた[99]。ルマはソヴリンの人々や彼らの世界、更にアダム・ウォーロックの繭を担当した[98]

音楽

クイルの「最強ミックス Vol. 2」("Awesome Mix Vol. 2") 収録曲について、ガンは2014年8月までに「いくつかのアイデアが上がったが、どれも確かなものではない」("some ideas listed, but nothing for sure")と述べた[46][注釈 9]。ガンは前作のサウンドトラックが好評を得たために「少しプレッシャーを」感じていたが、「第2作のサウンドトラックはもっと良くなると思う」とコメントした[127]。ガンは2015年6月までに選曲を終えて脚本内に曲を組み込んだ上で[39]、「最強ミックス Vol. 2」は第1弾より「多様に」("more diverse") なり、「本当に物凄く有名な曲と、誰も聞いたことのないような曲」("some really incredibly famous songs and then some songs that people have never heard") が入り混じると述べた[128]タイラー・ベイツは2015年8月までに、前作から続投して映画音楽を担当すると認めた[129]。完成した作品に音楽を付けるのとは逆に、ベイツは第1作同様撮影に先立って数曲を書き下ろし、ガンはこの曲を用いながら撮影を行った[75]。映画音楽スコアの収録は、2017年1月にアビー・ロード・スタジオで行われた[130]

「最強ミックス Vol.2」こと"Guardians of the Galaxy Vol. 2: Awesome Mix Volume 2" は、ベイツによるスコアを収録したサウンドトラックと合わせて、2017年4月21日に発売された[131][132]カセットテープ版の「最強ミックス Vol.2」は2017年6月23日に発売され、2017年8月11日には、「最強ミックス Vol.2」ならびにベイツのスコアをビニルLPにしたデラックス版も発売された[133]。「最強ミックス Vol.2」は、日本では『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス オーサム・ミックス VOL.2(オリジナル・サウンドトラック)』と銘打たれ、前作に登場した「最強ミックス Vol.1」(訳題は『オーサム・ミックス VOL.1』として発売)と共に、ユニバーサルミュージックから2017年5月12日に発売された[134][135]

封切り

ハリウッド、ドルビー・シアターで行われたプレミア上映にて
映像外部リンク
まるっと27分「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」アジアプレミア - ムービープラス - YouTube
? 2017年4月10日に行われたアジア・プレミア(東京)の様子
Guardians of the Galaxy Vol. 2 - YouTube
? 2017年4月19日に行われたワールド・プレミアのレッド・カーペット

第2作の公開日は元々2017年7月28日の予定だったが[26]、この予定は大幅に前倒しされた。作品は2017年4月10日東京でアジア・プレミアを迎え、これが世界初演となった[136][137]。このイベントには、監督のジェームズ・ガン、クイル役のクリス・プラット、ガモーラ役のゾーイ・サルダナ、ドラックス役のデイヴ・バウティスタが出席し、加えて日本語版吹替を担当した山寺宏一(クイル役)、加藤浩次(ロケット役)、遠藤憲一(ベイビー・グルート役)、秋元才加(マンティス役)も参加した[138][139][140]。MCU作品において主演キャストが来日してのジャパンプレミアは『アントマン』のポール・ラッド以来である。翌4月11日にはザ・リッツ・カールトン東京でアジア合同記者会見が行われ、出席したガン監督、プラット、サルダナ、バウティスタには、事前にSNSで募集した結果を基に、役名を漢字で刺繍したスカジャンが贈られた[141][142][143][144]。4月12日には、ガンとプラットが六本木ヒルズで開催中だったマーベル展を訪問した[145]。日本での公開は2017年5月12日となり、それに先立つ5月8日には、吹替キャスト(山寺・加藤・遠藤・秋元)が出席した特別上映会も開かれた[137][146][147]。2016年12月には、日本語題名が『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』と発表されたが、前作の再編集版とも感じさせる訳題は賛否両論となり、ファンから陳情を受けたガンが「まだ間に合うのなら、タイトルをVol.2に戻すため出来る限りのことをします」とコメントするまでになった[146][148]。また日本でのキャッチコピーは「銀河の運命は、彼らのノリに託された!」となり、合わせて主要登場人物それぞれにコピーを付けたポスター10種も製作された[149][150]

2017年4月19日には、ハリウッドのドルビー・シアターでワールド・プレミアが開かれ、アジア・プレミアに参加した4人に加え、グルート役のヴィン・ディーゼルやネビュラ役のカレン・ギランなど、主要キャストが勢揃いした[151][152]。4月25日にはオーストラリアニュージーランドイタリアで公開されて国際リリースが始まり[153]、第1週末には37ヶ国で公開され、うち35ヶ国の176スクリーンでIMAX上映された[154]。北米公開は同年5月5日で、この日公開された4,347劇場のうち3,800以上が3D公開で[155]、388劇場はIMAXとIMAX 3Dを備え[155][156]、588劇場はプレミアム・ラージ・フォーマット、194劇場はD-BOX付きだった[155]中国では、400のIMAXシアターで公開され、この数字は国内史上最高となった[157]。2017年5月4日、アメリカ合衆国の550劇場でRealDによる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』2作連続上映イベントが開かれ、翌日公開の第2作についてプレビュー上映が行われた[158]。このイベントに参加したゲストには、限定のミニポスターと、コレクター向けスーベニアボタンのセットが配られた[158]

マーケティング

2016年6月、マーベルは続編に向けて拡大したマーチャンダイズ計画を発表し、グルートが中心的役割を担うことが分かった[159]。ガンは、このマーチャンダイズで、第1作よりも女性キャラクターのプレゼンスが上がることを確約した[160]ディズニー・コンシューマー・プロダクツ英語版で、ライセンス関係のシニア・バイス・プレジデントを務めるポール・ギッター (Paul Gitter) は、『ガーディアンズ』に関してテントポール・フランチャイズ英語版を構築したい旨を発表した。このキャンペーンのパートナーとして、ハズブロレゴファンコ英語版LBキッズ[159]GEICOフォード・モーターGo-Gurt英語版ヘインズ英語版シンクロニー銀行英語版デイリークイーンM&M'sスクリーンヴィジョン英語版スプリント・コーポレーションリグレー・カンパニーが参加した[161]。加えてマーベルはドリトスとパートナーシップを結んで「ロック・アウト・ラウド」キャンペーン (Rock Out Loud campaign) を展開し、「最強ミックス Vol.2」を再生でき、充電も出来る「カセットテープデッキに着想を得た内蔵式プレイヤー付きの、限定版ドリトス・バッグ」を製作した[162]。このカスタム・バッグはAmazon.comで購入できたほか、ドリトスは「ロック・アウト・ラウド」キャンペーンの一環でニューヨークロサンゼルスに録音ブースを登場させ、中でファンが「最強ミックス Vol.2」収録曲を歌うと、カスタムバッグやコンサートチケット、無料の袋入りドリトスを獲得できる可能性があるというイベントを展開した[162]

2016年7月、ガンとプラットをはじめとしたキャスト陣は映画の宣伝のためサンディエゴ・コミコンに登壇し[163]、新しいフッテージを公開して、追加登場人物の紹介を行った[101]。10月19日には、第1弾のフル・ティーザー・トレイラー発表を前に、「スニークピーク」("sneak peek"、ちら見せの意味)ティーザーが発表された。新キャラクターは登場せずベイビー・グルートに主軸が置かれたティーザーにもかかわらず、/Film英語版のイーサン・アンダートンは、力強いものだったと評し[164]A.V. クラブ英語版のエスター・ザッカーマンは、「当座の人気者」("an immediate crowd-pleaser") と述べた[165]。インターネット視聴率を調査する会社コムスコアのサービス・PreAct によると、このティーザーは公開された週のトップ・トレイラーとなり、108,000回余りもソーシャルメディアで言及されたという[166]。ガンがComic Con Experienceで第1弾ティーザー・トレイラーを発表する前の12月初め[167][168]、彼は映画の内容を暴露し過ぎずにトレイラーに使用できるシーンや瞬間を見つけるのはとても難しい仕事だったと振り返り、「みんな瞬時のどんな映像でも食い入るように見て、どんな映画なのか明らかにしようとする。『ガーディアンズ2』には沢山の謎がある」と述べた[169]。ティーザー・トレイラーについて/Filmのジェイコブ・ホールは、あまり多くを公開せずに、物語の筋ではなく登場人物の交流に焦点を当てたトレイラーを作ることができたと指摘した[170]。ティーザーは24時間で8,100万回再生され、『美女と野獣』(2017年)に次いで2番目に多く再生されたトレイラー英語版となった(またマーベル・スタジオ製作の映画で当時の最多記録となった)[171]。加えて、予告編に使われたスウィートの『フォックス・オン・ザ・ラン英語版』は、iTunesのロック・チャートで第1位を獲得するなどリバイバルヒットを記録した[171][172]

第2弾トレイラーは第51回スーパーボウルの最中に放送された。io9英語版のジャーメイン・ルシアー (Germain Lussier) は「楽しい」("hilarious") と述べ[173]、アンダートンは「ひとつの生き地獄だ」("one hell of a" Super Bowl spot) と述べ、「私のような人間にとって、多分ゲームそのものを見劣りさせてしまうようなもの[中略]—宇宙で繰り広げられるいかしたアクション、みんなが愛するユーモア、星のようなサウンドトラック、続編からの素晴らしい新映像が盛り沢山だ」と述べた[174]。このスポット映像はcomScoreによれば、Twitter上で試合中に47,800回も会話に上がり、この試合中の最高値を叩き出した。映画はファンダンゴ英語版調べで、スーパーボウル中に放送された映画トレイラーの中で、ファン支持率1位となった[175]。追加のトレイラーは、2017年2月28日に『ジミー・キンメル・ライブ!』内で放送された[176]コリダー英語版のヘイリー・ファウチ (Haleigh Foutch) は、このトレイラーが映画を「強力に売り込んで」("hype") おり、「本当に素晴らしいトレイラーで、第1作を大ヒットさせた風変わりなユーモアと不敬な魅力に酔っているところへ、追加用量の視覚的豪華さを打ち込んだ」と述べた[177][注釈 10]。プラットとサルダナは2017年のキッズ・チョイス・アワードenにも登場し、限定クリップを公開した[178]。7月中旬にマーベルは、映画のホームメディア・リリースを宣伝するため、1980年代風のインフォマーシャルと、実際に使用できるフリーダイヤルを作成した[179]

ホームメディア

この作品はウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメントから2017年8月8日にダウンロード販売開始され、8月22日にはBlu-rayBlu-ray 3DUltra HD Blu-rayDVDが発売された[180][181]。Ultra HD Blu-ray版は、ディズニー作品初の4K解像度作品となった[182]。ダウンロード版とBlu-ray Discには、舞台裏映像、オーディオ・コメンタリー、削除シーン、NG集に加え、『ガーディアンズ・インフェルノ』のミュージック・ビデオが収録された。ダウンロード版には更に限定特典として、当初のアイデアから完成版に至る流れ3シーン分と、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャードロップ・タワーダーク・ライド英語版型アトラクション「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー - ミッション:ブレイクアウト!」の舞台裏映像が追加された[180]

映像外部リンク
"Guardians' Inferno" / Marvel Studios’ Guardians of the Galaxy Vol. 2 - YouTube
マーベル・エンターテインメント公式アカウントより

1970年代風に作られた『ガーディアンズ・インフェルノ』のミュージック・ビデオはデイヴィッド・ヤロヴェスキー (David Yarovesky) が監督し、デビッド・ハッセルホフが主演したほか、ジェームズ・ガン監督、プラット、サルダナ、バウティスタ、クレメンティーフ、ギラン、ルーカー、ショーン・ガンと主要キャスト陣が揃って出演した[183]。またこのビデオには、スタン・リーと『ジミー・キンメル・ライブ!』のギレルモ・ロドリゲス英語版がカメオ出演している[184][185]。このミュージック・ビデオは、Meco英語版による『スター・ウォーズ』テーマのアレンジ版にオマージュをかけている[186]。また「スニーパーズ」というユニット名は、ガンが本編登場を渇望していたマーベル作品の種族、スニーパーに由来している[186]。プラットとサルダナのスケジュール関係で、2人の出演部分はそれぞれロンドンロサンゼルスで別撮りされた[186]

ダウンロード版は、マーベル・スタジオの映画として、ダウンロード数・第1週の売り上げ共に最高の結果を叩き出した[187]。第1週の物理的売り上げは、NPDビデオスキャン英語版のデータによれば、ホームメディア・リリース第1位で、「他のトップ10作品合計のほぼ3倍」("nearly three times as many discs as the rest of the top 10 sellers combined") に匹敵する売り上げとなった[188]。Blu-ray版が全体の83%を占め、また10%はUltra HD Blu-ray版だった[189]。販売第2週にもホームメディア・リリース第1位を獲得した[188]。イギリスでも売り上げトップに躍り出て、その枚数はトップ40にランクインした他の映画の売り上げ件数合計よりも多かった[190]。日本では2017年9月6日にBlu-ray Disc&DVD (Movie NEX) 版が発売された[183]

批評と反応

興行収入

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』はアメリカ合衆国とカナダで3億8,980万ドル以上の興行収入を得たほか、他の国で4億7,390万ドル以上を得て、世界トータルでは8億6,380万ドルの興行収入を得た[1]。作品は、公開からおよそ3週後の戦没将兵追悼記念日の週末(5月最終週の月曜日まで)に第1作の興行収入(7億7,300万ドル)を越え(世界での興行収入は7億8330万ドル)[191]、1週間後には、MCU作品史上5位の興行収入をあげた[192]。「Deadline.com」は、製作費や印刷・広告費 (P&A) 、俳優のギャラなどを興行収入やホームメディア販売での利益と比較し、映画の純利益を15億4,700万ドルと試算して、作品を2017年の「最も高額なブロックバスター作品」("Most Valuable Blockbusters") ランキング第9位にランクインさせた[193]

鑑賞券は2017年4月24日に販売開始され、ファンダンゴ英語版では販売枚数トップとなったほか、同様の期間に売り出された『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)の先行販売時の記録を上回った[194]。MovieTickets.com で販売されたチケットの80%以上は、前売り券段階でのものだった[155]。第2作は公開週末のアメリカ合衆国・カナダで1億4650万ドルを稼ぎ出し[195]、IMAXでも1,300万ドルの興行収入を得た[157]。1,700万ドルは木曜夜のプレビュー上映で獲得したもので、この金額はプレビュー上映による2017年最大の興行収入となった[155]。作品は公開週末で1億6,000万ドル以上の興行収入を得ると期待されていたが[158][196]、「Deadline.com」では『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』が成し遂げた1億7,900万ドルのデビューに匹敵するとの予測を出していた[197]。作品は第2週も興行収入1位をキープし[198]、第3週で『エイリアン: コヴェナント』に甘んじて第2位に後退した[199]。作品は第4週でも第2位を維持し(この週の1位は『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』)、3億3760万ドルの興行収入を得て、この次点で第1作の北米興行収入総計を上回った[200]。第5週までに、作品の順位は4位まで下がり[201]、次週には5位へと更に後退した[202]。作品は更に2週トップ10の座を維持し、公開第7週には9位[203]、第8週には10位となった[204]

アメリカ合衆国とカナダ以外では、37市場の第1週で1億600万ドルを稼ぎ出し、ポルトガルトルコベトナム以外の全てでトップに躍り出た[154]。IMAXでは公開第1週で500万ドルを得たほか、ベルギー以外の全市場で、第1作の公開週末の成績を越える快挙を達成した[154]。第2週末には、韓国中国ロシアで公開された[157]オーストリアではMCU作品史上最高のオープニング成績を得たほか[154]オーストラリア(1180万ドル)とオランダ(50万ドル)[153][154]ドイツ(930万ドル)とイギリス(1690万ドル)ではMCU史上2位[154]ニュージーランド(40万ドル)とイタリア(140万ドル)[153]、更にロシア(1160万ドル)ではMCU史上3位となった[157]。ニュージーランドとオランダのオープニング成績は2017年の映画最大となったほか[153]、ドイツ・イギリスでもその年第2位につけた[153][154]。韓国では2017年の公開初日最大(330万ドル)かつ公開週末の興行収入第2位(1330万ドル)となり、後者は第1作の韓国国内収入を超えるほどだった。また5月の公開初日収入はトップで、MCU作品の公開初日収入としても第3位だった[157][205]ウクライナでは史上2位のオープニング成績を上げ、プエルトリコではIMAXで史上最高のオープニング成績を得た[157]。多くの市場で『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は、第3週までに第1作の総興行収入を超える金額を売り上げ[206]、中国では第4週にこの快挙を達成した[207]。翌週にはアメリカ合衆国・カナダの興行収入(4億5,110万ドル)が、第1作の国際興行収入(4億4,000万ドル)を越えた[191]。第2作の総収入がトップだった市場は、中国(9930万ドル)、イギリス(5130万ドル)、ドイツ(2800万ドル)だった[192]

日本では2017年5月12日に公開され、興行収入は公開週末で第2位(1位は『美女と野獣』)、第2週で第3位(1位は変わらず、前週3位の『名探偵コナン から紅の恋歌』が第2位)となった[208]。また日本国内では11億4,000万円の興行収入を獲得し、日本映画製作者連盟による翌年1月集計段階で、2017年公開の洋画第23位にランクインした[2]

批評家の反応

映画評蓄積サイトRotten Tomatoesにて、この映画の支持率は349件のレビューに基づき83%、また平均得点は10点満点中7.2点とされている[209]Metacriticでは48件のレビューに基づき100点満点中67点のスコアで、「概ね好意的な批評」("generally favorable reviews") である[210]シネマスコア英語版での観衆投票ではA+からFまでの格付けで「A」を獲得し、ポストトラック英語版は劇場鑑賞者の93%が好意的なスコアを付け、77%が「はっきりおすすめ」("definite recommend") 評価を下したと報じた[155]

バラエティ』のオーウェン・グレイバーマンは、映画について「贅沢かつ気の利いた続編で、[前作と]同じ、親しみの持てる巧みな輝きが込められて」おり、「良い点が詰め込まれすぎるくらいになる運命なのだ」と述べた[211]。彼は「今回はただ、[ガンが]我々を楽しませるためにどれだけ熱心に働いたか感じることができただろう。もしかしたら少し働き過ぎだったかもしれない」と警句を発した[211]。『ローリング・ストーン』のピーター・トラヴァースは映画を「突風」(a "blast") と評して4つ星中3つ星を与え、映画のトーンや面白み、サウンドトラック、登場人物を絶賛した。トラヴァースは、『Vol.2 は前作のサブリミナル広告的な驚きに打ち勝つことはできないだろう。それをやれるのは1回だけだ。しかしながら嬉しいことに、CGIの多用や続編としての巧妙さを兼ね備え、第2作は傑出した愚行への愛を失ってはいなかった」と述べた[212]。『シカゴ・サンタイムズ』のリチャード・ローパーもこの映画に3つ星を与え、「必ずしも楽しさいっぱいだったり、クレバーだったり、前作同様に新鮮というわけではない——ただし、それでも明るくて輝いていてかぐわしい活気は兼ね備えている」と述べた[213]。ローパーは更に、「[この映画の]馬鹿馬鹿しさと辛辣さ全てを考えても、ガーディアンズは、登場人物が深刻な躓きに苦しむ時や、真面目になって他人を助けるために危険を冒す時に、あなたの喉を詰まらせるのだ」と述べ、キャスト、特にルーカーの演技を絶賛した上で、彼について「映画で1番素晴らしい役のひとつ」("one of the best roles in the movie") と述べた[213]。『RogerEbert.com英語版』に寄稿したブライアン・タレリコ (Brian Tallerico) は4つ星中3つ星を付け、作品は「完全に楽しめる夏のブロックバスター作品」("a thoroughly enjoyable summer blockbuster") と述べ、「第1作にあった多くの欠点を[避け]、複数の点で際立って良くなっていた。楽しくクレバーで、夏の映画シーズンに向けた素晴らしいキックオフだ」と評した[214]

映画に4つ星中3つ星を与えた『ニューヨーク・ポスト』のサラ・スチュワートは、映画は詰め込みすぎではあるが、「少なくとも上等な陽気さが詰め込まれて」おり、「[ガンの]陽気なアプローチはこの問題を驚くほど些細なものにしている」と述べた[215]。また映画のトーンや作品を盛り上げる1980年代への言及を褒め、第2作は「陰気なスーパーヒーローへの解毒剤」(an "antidote to somber superheroes") だと述べた[215]。『ワシントン・ポスト』のマイケル・オサリヴァンは4つ星をつけ、第1作と比べて「より楽しく粋で、余計感動的」("funnier, nuttier, and more touching") だと賞賛した。オサリヴァンは、第1作を繰り返すのではなく更に増強することで、ありがちな続編の問題を避けたように感じたとし、全編にわたる「目も眩むような」("dazzling") 視覚効果と音楽の使い方を特筆した上で、作品については「夏がそこに来た、そして結局悪くはないさと示す、タップを踏みたくなるようで目を剥くほどのお知らせだ」と述べた[216]CNN.comのブライアン・ロウリーは、映画の中盤とその悪役を批判したが、映画は力強い始まりと終わり、更に「気さくなエネルギー」("good-natured energy") を兼ね備えており、マーベル発の他の続編より良作と感じたことを明かした[217]。また「勇敢に仕事を終わらせるというより、ここからそこへの旅が多少支離滅裂で汚れ仕事であったとしても、究極のところ中心的な5人と充分に分かち合っている」のがこの映画だと述べた[217]。『ザ・アトランティック英語版』のクリストファー・オーは、第1作ほど期待に添う物ではなかったと感じ、その理由について前作より重いテーマと、ラッセルが「酷いミスキャスト」("badly miscast") と感じたことを挙げたが、それ以外のキャストやサウンドトラック、ユーモアは好意的な批評を与えるに値するとした[218]

ハリウッド・レポーター』のトッド・マッカーシーは、第2作について「2度目のローラーコースター搭乗で、1度目は本当に興奮したが、今ではあそこも行ったしあれもやったなと感じる」と述べた[219]。『ロサンゼルス・タイムズ』のケネス・タラン英語版はサウンドトラックとキャスト陣、特にラッセルに好評価をしながら、ガンは第1作の魅力を思い出すのに大変苦労しており、視覚効果やアクションの増加にはうんざりしたと述べた[220]。タランは、「続編を受け入れられるようにするには充分なほど、最初の『ガーディアンズ』を思い出させる要素が詰め込まれているが、続編そのものというより、標準的なマーベル作品のひとつという感じがする」と結論付けた[220]。『ニューヨーク・タイムズ』のマノーラ・ダーギス英語版は、映画について「確かに魅力を持っているが、その大半は物語的というより視覚的だ」と述べた[221]。またガンについても大変骨の折れる仕事をしており、ラッセルを据えて作品をより真剣なものにしようという意図で多くの要素が散りばめられており、これらがより必要とされている「自然なゆるみ」("unforced looseness") と釣り合いを取っているとした[221]。『ザ・ニューヨーカー』のアンソニー・レーンは、エゴの登場で、映画が「バックストーリーの呪い」("the curse of the backstory") に苦しみだし、エゴの本当の望みが明らかになったところで、「この映画のポイントである、馬鹿馬鹿しさと元気が協働して話を進めていくという特徴が、段々動かなくなっていった」と指摘した[222]。最終的にレーンは、「Vol.3 で、宇宙一高額なグループセラピーに嵌まり込むのではなく、オリジナルの活気を取り戻すことに期待しようじゃないか」とまとめた[222]

受賞とノミネート

映画賞 部門 対象 結果 出典
2017年 第20回英語版ティーン・チョイス・アワード 映画部門SF/ファンタジー映画賞英語版 作品本編 受賞 [223]
映画部門SF/ファンタジー男優賞英語版 クリス・プラット 受賞
映画部門SF/ファンタジー女優賞英語版 ゾーイ・サルダナ 受賞
チョイス・ムービーシップ クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ ノミネート
ドラゴン賞 SF/ファンタジー映画賞 作品本編 ノミネート [224]
第21回ハリウッド映画賞 録音賞 デイヴ・アコード英語版アディソン・ティーグ英語版 受賞 [225]
ハリウッド・ミュージック・イン・メディア賞英語版 サウンドトラック・アルバム Guardians of the Galaxy Vol. 2 ノミネート [226]
歌曲賞 - SF・ファンタジー・ホラー映画部門 スニーパーズ&デビッド・ハッセルホフ
『ガーディアンズ・インフェルノ』
"Guardian's Inferno" for The Sneepers & David Hasselhoff
ノミネート
映画部門 音楽監督賞
Outstanding Music Supervision – Film
デイヴ・ジョーダン ノミネート
セントルイス映画批評家協会賞 サウンドトラック賞 Guardians of the Galaxy Vol. 2 ノミネート [227]
第16回ワシントンD.C.映画批評家協会賞英語版 声優賞 ブラッドリー・クーパー ノミネート [228]
フロリダ映画批評家協会賞 視覚効果賞 作品本編 ノミネート [229]
2018年 第45回アニー賞英語版 実写作品キャラクター・アニメーション賞 アースラン・エルヴァー、リアム・ラッセル、
アルヴィス・アヴァティ、アレサンドロ・クイッチ[注釈 11]
ノミネート [230]
ギルド・オブ・ミュージック・スーパーバイザーズ賞英語版 映画部門 音楽監督賞 - 予算2,500万ドル以上の部en デイヴ・ジョーダン ノミネート [231]
第16回視覚効果協会賞英語版 視覚効果賞 - 実写映画部門en クリストファー・タウンゼンド、デイミアン・カー、ガイ・ウィリアムズジョナサン・フォークナー英語版ダン・サディック ノミネート [232]
バーチャル撮影賞 - 実写映画部門
Outstanding Virtual Cinematography in a Photoreal Project
ジェイムズ・ベイカー、スティーヴン・ロー、アルヴィス・アヴァティ、ロバート・スティップ
『グルートの踊り/オープニング・フライト』[注釈 12]
受賞
メイクアップ・アーティスト・アンド・ヘア・スタイリスト・ギルド英語版 長編映画部門 - コンテンポラリー・ヘア・スタイリング賞[注釈 13] カミール・フレンド、ルイザ・アンソニー、ジュールズ・ホールデン[注釈 14] 受賞 [233]
長編映画部門 - 特殊メイクアップ効果賞[注釈 15] ジョン・ブレイク、ブライアン・サイプ[注釈 16] ノミネート
第90回アカデミー賞 アカデミー視覚効果賞 クリストファー・タウンゼンド、デイミアン・カー、ガイ・ウィリアムズ、ジョナサン・フォークナー、ダン・サディック ノミネート [234]
第44回サターン賞英語版 コミック原作映画賞英語版 作品本編 ノミネート [235]
[236]
サターン助演男優賞 マイケル・ルーカー ノミネート
サターンメイクアップ賞 ジョン・ブレイク、ブライアン・サイプ ノミネート
サターン特殊効果賞 クリストファー・タウンゼンド、デイミアン・カー、ガイ・ウィリアムズ、ジョナサン・フォークナー、ダン・サディック 受賞
ビルボード・ミュージック・アワード2018英語版 トップ・サウンドトラック賞英語版 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー オーサム・ミックス Vol.2 ノミネート [237]

第3作の製作

2014年11月、ガンは第1作に取り組んでいた段階で第2作への「基礎的なストーリー」("basic story") を考えていたことを明かし、同時に製作可能性がある第3作のアイデアも浮かんでいると述べた[238]。しかしながらこの後ガンは、2015年6月に応じたインタビューで、『ガーディアンズ』の第3作に関与するかは不透明で、第2作を完成させた後の自身の気持ち次第だとした[39]。2016年4月、ファイギはMCU作品の将来について、「2020年以降のことはまだまだ大きなチェス盤といったところだが、[その中に]『ガーディアンズ3』があるのは確約できる。どんな順番になるのかは分からない」と述べた[239]。2017年3月、ガンは「[第3作は]確かにある。今みんなで理解しようとしているところだ。本当にやりたいことが何か探っているところで、それが全てだ」と述べ[240]、「"Vol. 3" に関して具体的な計画は何も無い。但し、何か恐ろしいことが起こらない限り——いつでも可能性はあるが知ることは出来ない——マーベルはもう1作作りたがると思う」とも発言した[241]。またこのインタビューに答えた2017年3月の段階で、ガンは第3作に携わるかは以前不透明で、「次の2、3週のうちに」("over the next couple of weeks") 彼の関与と次回作が明らかになる見通しだと述べた[240]。翌月、ガンは自身が第3作 "Guardians of the Galaxy Vol. 3" の監督と脚本を担当すると発表し[242]、6月には脚本の初稿を書き上げたと明かした[243][244]。主要キャストでは、プラットとクレメンティーフ[245]、バウティスタの第3作出演確定が報じられていた[246]。撮影は2019年に始まる予定で[245]、2020年の公開が予定されていた[247][248]。また時系列としてはガンから『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の後になると明かされていた[249]

しかしながら、2018年7月、ガンが2008年から2011年頃に行ったペドフィリアなどを題材にするツイートが掘り起こされた後、マーベルとその親会社に当たるディズニーはガンとのビジネス関係解消を発表した[248][250][251][252]。解雇報道に際し、第2作の主要キャストであるプラット、サルダナ、バウティスタ、クーパー、ディーゼル、ショーン・ガン、クレメンティーフ、ルーカー、ギランは連名でガンを支持する公開書簡を提出した[253]。また、ファンの間でもChange.orgでの署名[254]や、カリフォルニアディズニーランド付近への看板広告の設置[255]等、再雇用を求める運動が行われた。バウティスタはガン無しでの続編製作に強い不快感を示しており、[256]脚本が使用されなければドラックス役を降板する意思まで述べていた[257]。8月1日、『バラエティ』誌は、デイズニーがガンの後任監督選びに急いでいないこと、またトップクラスの映画製作者と契約できるようになるのを待っており、当初の予定だった2019年2月の製作開始が押しても厭わない様子だと報じた[258]。その後も、マーベル側がキャスト陣の共同声明を受けてディズニーとの交渉に挑んでいること[259]、ガンの脚本のみでも使用する案などが報じられたが[260]、結局ガンとの再契約は見送られ、ガンが完成させていた初稿も、使用はされるが改稿の見込みが高いとされた[261]

しかし現地時間2019年3月15日に、ガンが監督として復帰することが決定した[262][263]。ガンは降板騒動以来初めて自身のSNSを更新し、復帰への思いを述べた[264][265]。ガンは解雇劇の間にDCコミックス原作映画『スーサイド・スクワッド』新作の監督・脚本を務めることが決まっており、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3作の製作は『スーサイド・スクワッド』新作の製作が完了し次第とりかかることになっている。

関連項目

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ ネビュラはアニュラクス・バッテリーを盗むためにこの惑星へ忍び込み、ソヴリンに捕らえられていた。
  2. ^ 今作では、ヨンドゥがラヴェジャーズの掟に反し、エゴの依頼を受けて児童売買に手を染めたことで、スタカー・オゴルド率いるラヴェジャーズ本隊から除名されたことが分かる。
  3. ^ クイルはヨンドゥにさらわれる直前、病気だった母を亡くしているが、その原因はエゴが彼女の頭に埋め込んだ脳腫瘍だった。
  4. ^ 第1作で登場したガーディアンは、ピーター・クイル / スター・ロード(演 - クリス・プラット)、ガモーラ(演 - ゾーイ・サルダナ)、ドラックス(演 - デイヴ・バウティスタ)、ロケット(声 - ブラッドリー・クーパー)、グルート(声 - ヴィン・ディーゼル)である。
  5. ^ 第1作に登場し、ベニチオ・デル・トロがその役を演じた[47][48]
  6. ^ 原文:"Continuing, he says, 'The first thing that came to mind to me was a whole yard of repurposed junk where old spaceships are cast away and industrial materials that aren’t of use anymore are just left to rot.'" / "It’s this kind of neon jungle in its own way and covered in ice and snow. "[84]:p.20
  7. ^ ガンが自身のFacebookで認めるように[115]、フィリオンはガンの過去作である『スリザー』(2006年)や『スーパー!』(2010年)に出演するなど、『ガーディアンズ』シリーズ製作前からガンと親交がある俳優のひとりである[116]
  8. ^ ハッセルホフは「ザ・ホフ」の愛称でも知られる[122]
  9. ^ 第1作終盤、クイルは死の間際に母親から託されたカセットテープを初めて開封するが、そのタイトルが「最強ミックス Vol. 2」("Awesome Mix Vol. 2") である[125]。第1作に登場した「最強ミックス Vol.1」は、クイルが心の支えとして聴き続けていた曲でもあったが、実際にはクイルの造型を深めるため、ガンが自ら選曲してクイル役のプラットに渡したプレイリストから抜粋されたものでもある[126]
  10. ^ "hype" という単語は、俗語的に麻薬の注射を意味することがある。このためファウチの評文も、ドラッグ酔いの状態を意識した文章になっている。
  11. ^ Arslan Elver, Liam Russell, Alvise Avati, Alessandro Cuicci
  12. ^ James Baker, Steven Lo, Alvise Avati, Robert Stipp for "Groot Dance/Opening Fight"
  13. ^ Feature Motion Picture: Best Contemporary Hair Styling
  14. ^ Camille Friend, Louisa Anthony and Jules Holdren
  15. ^ Feature Motion Picture: Best Special Makeup Effects
  16. ^ John Blake and Brian Sipe

出典

  1. ^ a b c d "Guardians of the Galaxy Vol. 2" (英語). Box Office Mojo. 2017年6月8日閲覧
  2. ^ a b 2017年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  3. ^ "「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」続編の邦題は"リミックス"!5月に日本公開". 映画ナタリー. 2016-12-14. 2016年12月14日閲覧
  4. ^ a b c d e f "「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」続編、山寺宏一や加藤浩次ら吹替キャスト続投". 映画ナタリー. 2017-03-01. 2017年3月1日閲覧
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y "ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス". ふきカエル大作戦!!. 2017-05-12. 2017年5月12日閲覧
  6. ^ "遠藤憲一「最大限の可愛らしさを込めて」ベビー・グルートの日本語吹き替え担当". 映画.com. 2017-02-23. 2017年2月23日閲覧
  7. ^ "James Gunn on Twitter". Twitter (英語). 2018-02-28.
  8. ^ "秋元才加が「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」続編の新キャラ吹替を担当". 映画ナタリー. 2017-03-28. 2017年3月28日閲覧
  9. ^ "「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」続編にスタローンが出演!予告編も公開". 映画ナタリー. 2017-03-22. 2017年3月22日閲覧
  10. ^ "ヨンドゥとクラグリン、ラヴェジャーズの今後を語る!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』マイケル・ルーカー&ショーン・ガンに直撃". THE RIVER. 2018-06-08. 2018年10月9日閲覧
  11. ^ ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 174
  12. ^ a b 超全集 2019, p. 58
  13. ^ ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 172
  14. ^ ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 179
  15. ^ 超全集 2019, p. 63
  16. ^ ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 182
  17. ^ ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 184
  18. ^ 超全集 2019, p. 72
  19. ^ Plumb, Ali. "James Gunn on Guardians of the Galaxy's Secrets – The Current State of the Sequel". Empire. 2014年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月16日閲覧Well, you know, there are general ideas for what the sequel is and where it goes and who’s involved and what happens and what we find out about our characters. So it’s very general and that could change.[中略], but I know a lot about who these characters are and where they came from and where they’re going." "I’m excited by the possibility of creating a sequel because we had to do a lot of setup in this movie and with a sequel we don’t have to do that setup which will make it so much easier for me.
  20. ^ Eisenberg, Eric (May 7, 2014). "Disney Drops 2 Guardians of the Galaxy Stills, Is Already Thinking Franchise". Cinema Blend. 2014年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月8日閲覧
  21. ^ McMillan, Graeme (May 7, 2014). "Disney CEO Bob Iger: Marvel Is 'Just Getting Started'". The Hollywood Reporter. 2014年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月8日閲覧
  22. ^ Chitwood, Adam (May 19, 2014). "Guardians of the Galaxy Q&A Highlights: James Gunn's Influences, the Soundtrack, the Sequel, Avengers Crossovers, and More". Collider. 2014年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月20日閲覧
  23. ^ Maytum, Matt (June 20, 2014). "Marvel's Kevin Feige updates on Guardians of the Galaxy, Thanos, Ant-Man, TV shows and Doctor Strange". トータル・フィルム英語版. 2014年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月21日閲覧there are definitely places we can take it [=the franchise] and we have ideas of where we'd like to go with it
  24. ^ Shaw, Lucas (July 25, 2014). "James Gunn Will Write, Direct 'Guardians of the Galaxy' Sequel (Video)". TheWrap英語版. 2014年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月26日閲覧
  25. ^ Graser, Marc (July 25, 2014). "James Gunn to Write, Direct 'Guardians of the Galaxy' Sequel". Variety. 2014年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月26日閲覧
  26. ^ a b Siegel, Lucas (July 26, 2014). "SDCC 2014: Marvel Studios Panel Ant-Man Villain Revealed, Thanos Appears, GotG 2 Release Date". Newsarama. 2014年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月26日閲覧
  27. ^ Pirshafiey, Nicole (August 1, 2014). "Guardians of the Galaxy: Director James Gunn's Twitter Q&A With E!". E!. 2014年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月4日閲覧
  28. ^ Anderton, Ethan (August 4, 2014). "James Gunn Begins 'Guardians of the Galaxy 2,' Thanks Cast & Crew". Firstshowing.net. 2014年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月5日閲覧
  29. ^ Noonan, Kevin (October 20, 2014). "James Gunn Talks 'Guardians' Sequel, VFX, Crossovers". 2014年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月20日閲覧
  30. ^ Siegel, Lucas (October 28, 2014). "Marvel Announces Black Panther, Captain Marvel, Inhumans, Avengers: Infinity War Films, Cap & Thor 3 Subtitles". Newsarama英語版. 2014年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月28日閲覧
  31. ^ McCabe, Joseph (November 25, 2014). "Exclusive: Actor Michael Rooker Talks Yondu And The Future of Guardians Of The Galaxy!". ナーディスト英語版. 2015年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月19日閲覧
  32. ^ Huver, Scott (December 9, 2014). "Rooker's Ready To Return For "Guardians of the Galaxy 2"". Comic Book Resources. 2014年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月17日閲覧
  33. ^ The Hollywood Reporter (2014年12月17日). Guardians of the Galaxy's Chris Pratt & James Gunn's Risky Film: Rule Breakers. YouTube.. 該当時間: 2:30. https://www.youtube.com/watch?v=oiSPBWjHYQ8 2014年12月22日閲覧。 
  34. ^ Setoodah, Ramin (January 5, 2015). "Q&A: Bradley Cooper on 'American Sniper,' Packing on 40 Pounds and Turning 40". Variety. 2015年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月5日閲覧
  35. ^ Zalben, Alex (March 23, 2015). "Vin Diesel Tells Us About His Marvel Movie Future". MTV. 2015年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月24日閲覧
  36. ^ Evry, Mark (March 9, 2015). "James Gunn Says Marvel Will be Absent from Comic-Con". Superhero Hype!英語版. 2015年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月9日閲覧
  37. ^ a b Kaye, Ben (March 8, 2015). "Here's What We Learned From James Gunn's Impromptu Facebook Q&A". Comic Book Resources. 2015年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月9日閲覧We have a really great relationship where they [=Marvel Studios] let me go and do my thing, and I truly listen to their notes and ideas,” he wrote. “I’ve never been told to put in any character or plot element at all. [中略] When they trust you – and I think I’ve earned their trust over the past few years – they give you a wide berth. I truly love them and love working with them. Like a good marriage, we just fit.
  38. ^ a b c Sciretta, Peter (April 20, 2017). "Exclusive: Adam Warlock Was Originally a Major Character in 'Guardians Vol. 2'; Will Be in 'Guardians 3'". /Film. 2017年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月20日閲覧I adored what we had done with him. I think we did something really creative and unique with Adam Warlock. But it was one character too many and I didn’t want to lose Mantis and Mantis was more organically part of the movie anyway.
  39. ^ a b c d e f g Keyes, Rob (June 3, 2015). "'Guardians of the Galaxy 2′ Has Fewer Characters, One New". Screen Rant. 2015年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月4日閲覧a) "one of the main things with Guardians of the Galaxy is not to add a bunch of characters, not to make it bigger in that way but to go deeper with the characters. [中略] and getting to know them more emotionally. [中略] but we actually have less characters in Guardians of the Galaxy 2 than we have in Guardians of the Galaxy 1 because everything is just getting too sprawling and too crazy for me in these superhero comic book movies."
    b) "I wrote that very, very in-depth scriptment which is a 70-page combination of a script and a treatment and it goes through every beat of the movie,"[後略]
  40. ^ a b Keyes, Rob (May 20, 2015). "James Gunn Has Already Begun Casting For 'Guardians of the Galaxy 2′". Screen Rant. 2015年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月21日閲覧
  41. ^ a b c d e f Sciretta, Peter (February 6, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2': Everything We Learned While on Set". /Film. 2017年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月6日閲覧James Gunn says he set the story three months later because he felt the group are just such fragile egos and he didn’t think this story could start years later.
  42. ^ Davis, Brandon (April 27, 2016). "Guardians of the Galaxy Vol. 2 Post-Credits Scenes Explained". ComicBook.com. 2017年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月28日閲覧
  43. ^ "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' director James Gunn on deleted scenes, 'Infinity War,' and Groot at every age". Yahoo! UK. August 7, 2017. 2017年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月15日閲覧
  44. ^ a b Madison, Charles (July 26, 2014). "James Gunn on Guardians of the Galaxy 2 – the promise of Nebula, Yondu and Peter Quill's father". Film Divider. 2014年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月2日閲覧
  45. ^ a b Keyes, Rob (April 14, 2017). "What James Gunn Told Us on Guardians of the Galaxy 2 Set". Screen Rant. 2017年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月5日閲覧
  46. ^ a b Suskind, Alex (August 4, 2014). "Director James Gunn on How He Chose the Music in Guardians of the Galaxy". Vulture. New York. 2014年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月19日閲覧One of the reasons people like Guardians is because it’s fresh and different, so the second one will be fresh and different from the first one.
  47. ^ JK Schmidt (2017-04-04). "Here's Why The Collector Won't Appear In Guardians Of The Galaxy Vol. 2". comicbook/marvel. 2018年8月10日閲覧
  48. ^ a b Akira Shijo (2017-05-13). "トリビア満載!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』イースターエッグまとめ". fan's voice. 2018年8月10日閲覧
  49. ^ Franich, Darren (November 12, 2014). "James Gunn on why 'Guardians of the Galaxy' isn't weird (and the sequel he'd like to make)". Entertainment Weekly. 2014年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月22日閲覧
  50. ^ Valentine, Evan (September 1, 2014). "Guardians of the Galaxy: James and Sean Gunn Talk Spinoffs, Stan Lee's Original Cameo, Female Superheroes, the Status of Thunderbolts, and More at Dragon Con". Collider. 2014年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月10日閲覧
  51. ^ Keyes, Rob (November 27, 2014). "Guardians of the Galaxy 2: James Gunn Doesn't Want To Use Nova 'Right Now'". Screen Rant英語版. 2014年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月30日閲覧I don't want Nova right now because I think Quill being the only earthling is important. That serves the entire movie going audience and not just the handful of Nova fans. Sorry if that upsets you.
  52. ^ Cornet, Roth (August 5, 2014). "Marvel Head Kevin Feige: Guardians Of The Galaxy 2 Will Answer Guardians' Big Question". IGN. 2014年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月6日閲覧I think there's a reason we seeded it at the very end of the film like that. I think that would certainly be part of a next Guardians adventure. Certainly, that would be part of it.
  53. ^ a b Plumb, Ali (August 12, 2014). "Exclusive: James Gunn On Guardians Of The Galaxy 2". Empire. 2014年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月16日閲覧He will show up [in the sequel] if he helps our story and he will not show up at all if not. Thanos is not the most important thing in Guardians 2, that’s for damn sure. There’s the Guardians themselves and other threats the Guardians are going to be facing that are not Thanos.
  54. ^ 2016年12月10日のジェームズ・ガンのツイート
  55. ^ a b Romano, Nick (December 10, 2016). "Guardians of the Galaxy 2 director says Baby Groot was a 'creative change,' not a marketing ploy". Entertainment Weekly. 2016年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月12日閲覧He further explained that “because adult Groot was the most popular character from the first film,” he didn’t think Marvel would “want to risk a good thing” by transforming him into Baby Groot.
  56. ^ Anderton, Ethan (December 31, 2015). "Don't Expect to See Much of the Mad Titan Thanos in 'Guardians of the Galaxy 2'". /Film. 2016年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月7日閲覧
  57. ^ Hewitt, Chris (February 2016). “Set Phase 3 To Stun”. Empire (United Kingdom: Bauer Media Group英語版): 21. "Guardians of the Galaxy: Vol. 2 (April 28, 2017)... One thing it won't have, though, is Josh Brolin's Thanos, the Big Bad of the MCU, who was formally introduced in the first movie. "I wouldn't look too hard in that movie for Thanos," confirms Feige. So far, though, a being so apparently powerful he could wear the Avengers' heads for hats has been curiously unthreatening, preferring to sit in space on what looks like a floating portapotty. Will that change? "Are you asking if he's going to do more than sit in a chair and smirk?" laughs Feige. "Oh, yes. The next time we see Thanos he will not be messing around. It will be, 'Oh, that's why they've been teasing this villain for five years!'"" 
  58. ^ Sullivan, Kevin P. (November 12, 2014). "'Guardians of the Galaxy 2′ Leads To More Cosmic Movies, Not 'Avengers 3′". MTV. 2014年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月12日閲覧I don't feel beholden to that stuff at all. I think it's really about the Guardians and what they are doing.
  59. ^ a b Marston, George (August 26, 2016). "Updated: Guardians Of The Galaxy Vol. 2's Space Dinosaur Has A Name, Post-Credits Scene Confirmed". Newsarama. 2016年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月27日閲覧
  60. ^ Levine, Nick (2017年3月27日). "Listen to the Guardians Of The Galaxy Vol. 2 mixtape, made by the cast". NME. 2018年8月25日閲覧“There’s a little bit of Earth in this film, but it’s not these characters going to Earth,” [Feige] said.
  61. ^ Nemiroff, Perri (February 6, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2': 40 Things We Learned from Our Set Visit". Collider. 2017年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月6日閲覧
  62. ^ Huver, Scott (December 8, 2014). "James Gunn Has More Than 12% Of A "Guardians of the Galaxy" Sequel Plan". コミック・ブック・リソーシズ. 2014年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月17日閲覧It’s constantly shifting, but I feel like it’s pretty strong. I’m excited about it.
  63. ^ a b Keyes, Rob (April 1, 2015). "'Guardians of the Galaxy 2′ Story Treatment Is Complete". Screen Rant. 2015年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月1日閲覧
  64. ^ Lussier, Germain (February 6, 2015). "Guardians of the Galaxy 2 Story: Marvel Thinks James Gunn's Sequel Idea Was "Risky"". /Film英語版. 2015年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月7日閲覧
  65. ^ Gunn, James [@JamesGunn] (2015年6月2日). "Phew. 1st draft #GotG2. #NoSpoilers #NotEventheTitle pic.twitter.com/Yd6mhpgLNe" (ツイート). 2015年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブTwitterより2015年6月3日閲覧
  66. ^ Khatchatourian, Maane (June 29, 2015). "'Guardians of the Galaxy' Sequel Gets Title". Variety. 2015年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧
  67. ^ White, Brett (June 29, 2015). "James Gunn Confirms Title Of "Guardians of the Galaxy" Sequel". Comic Book Resources. 2015年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧I came up with a LOT of titles for Vol. 2. But because ‘Guardians of the Galaxy’ is already so wordy, it seemed strange to add another bunch of words after it,” explained Gunn in the comment. “I liked Vol. 2 the best, so that’s what I stuck on the cover of the screenplay – and, fortunately, the guys[=Marvel] liked it.
  68. ^ Burlingame, Russ (September 12, 2015). "James Gunn Can't Use A Marvel Alien Spieces in Guardian of the Galaxy 2 For Very Unusual Reason". ComicBook.com. 2015年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月14日閲覧
  69. ^ Romano, Nick (October 7, 2015). "James Gunn Will Sneak This Alien Species into Guardians of the Galaxy 2". Cinema Blend. 2017年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月1日閲覧Sneeper update. A couple weeks back I told you how the Marvel legal department advised against using Sneeper as an alien species in Guardians of the Galaxy because the word is "similar to the word meaning 'clitoris' in Icelandic." Let it be known that I wasn't protesting this decision, I just thought it was funny, so I shared it. But the Marvel legal folks are sweet people and, after all of the online articles about me not being able to use the term Sneeper, they came back and told me that maybe it's not that big a deal after all: Sneeper is cleared for use. So keep an eye out for at least one Sneeper somewhere in Guardians of the Galaxy Vol. 2.
  70. ^ Gerding, Stephen (September 30, 2015). "Feige & Latcham Say "Infinity War" Leads to the End of the Avengers – As We Know Them". Comic Book Resources. 2015年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月30日閲覧
  71. ^ White, Brett (February 17, 2016). "James Gunn Confirms Mantis For "Guardians of the Galaxy Vol. 2"". Comic Book Resources. 2016年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月17日閲覧
  72. ^ Lincoln, Ross (October 29, 2015). "'Compton's Neil Brown Jr. Signs on For 'Sand Castle'; Pom Klementieff Joins 'Guardians of the Galaxy 2'". Deadline Hollywood. 2015年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月29日閲覧
  73. ^ Kroll, Justin (October 28, 2015). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2': Newcomer Pom Klementieff Cast in Mystery Role". Variety. 2015年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月28日閲覧
  74. ^ Rebello, Stephen (December 13, 2016). "Matthew McConaughey Talks 'Gold,' Unbranding and New Twists in a Singular Career". Playboy. 2017年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月6日閲覧I like Guardians of the Galaxy, but what I saw was "It’s successful, and now we’ve got room to make a colorful part for another big-name actor."
  75. ^ a b Damore, Meagan (December 4, 2015). "James Gunn Pushes For More Gamora Merchandise, Talks "Guardians Vol 2"". Comic Book Resources. 2015年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月4日閲覧
  76. ^ Kroll, Justin (December 15, 2015). "Kurt Russell Eyed to Play Chris Pratt's Father in 'Guardians of Galaxy Vol. 2'". Variety. 2015年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月15日閲覧
  77. ^ Every, Max (January 11, 2016). "James Gunn Says David Bowie Was Under Consideration for Guardians 2". ComingSoon.net英語版. 2016年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月11日閲覧
  78. ^ Collis, Clark (August 4, 2017). "Guardians of the Galaxy director wanted David Bowie to play a member of Yondu's crew". Entertainment Weekly. 2017年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月7日閲覧
  79. ^ Arrant, Chris (January 13, 2016). "'Final Draft' Of Guardians of the Galaxy Vol. 2 Script Done". Newsarama. 2016年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月13日閲覧
  80. ^ Lesnick, Silas (January 11, 2016). "Don't Expect the Collector in Guardians of the Galaxy Vol. 2". ComingSoon.net. 2016年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月11日閲覧
  81. ^ a b Dennis, Catrina (April 17, 2016). "Guardians of the Galaxy 2 Won't Star Benicio Del Toro Or John C. Reilly". Screen Rant. 2016年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月18日閲覧FOX owns so many awesome cosmic villains and minor characters that I'd love to play around with, like Annihilus ... and I think they own Kang ... so there's some great characters over there that we don't own and that sucks.
  82. ^ Bramesco, Charles (February 3, 2016). "Funny Man Steve Agee on Board for 'Guardians of the Galaxy 2'". Screen Crush. 2016年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月3日閲覧
  83. ^ Sciretta, Peter (February 6, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2': Everything We Learned While on Set – Page 3". /Film. 2017年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月6日閲覧
  84. ^ a b c d "Guardians of the Galaxy Vol. 2 Production Notes" (PDF). Walt Disney Studios Motion Pictures. 2017年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ (PDF)。2017年5月5日閲覧
  85. ^ Gunn, James (February 11, 2016). "Today was our first day of the 'pre-shoot.' Next week is official 1st day of photography. Look for something then!". Twitter. 2016年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月18日閲覧
  86. ^ Perry, Spencer (April 3, 2015). "James Gunn Offers Update on Guardians of the Galaxy 2". Superhero Hype!. 2015年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月4日閲覧
  87. ^ "First Film to Shoot on RED's 8K Vista Vision Camera is 'Guardians of the Galaxy 2'". No Film School. January 6, 2016. 2016年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月6日閲覧
  88. ^ Gunn, James (September 21, 2015). "Ben and many others signed on to Dr. Strange. At first we thought they'd be able to do both movies, but Dr. Strange pushed five months, meaning I lost a whole chunk of my crew. Love Henry though". Facebook. 2015年9月22日閲覧
  89. ^ Foundas, Scott (July 24, 2014). "Film Review: 'Guardians of the Galaxy'". Variety. 2014年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月24日閲覧
  90. ^ a b c "Marvel Studios Begins Production on Marvel's 'Guardians of the Galaxy Vol. 2'". Marvel.com. February 17, 2016. 2016年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月17日閲覧
  91. ^ Goundry, Nick (2017-04-28). "Guardians of the Galaxy Vol. 2 filmed in Georgia". KFTV.com. 2018年8月11日閲覧For Guardians of the Galaxy Vol. 2 we needed very big sound stages because our sets are very large, even though a lot of the film is CGI (computer-generated imagery). I like to have as many practical sets as we can and make the environments as real as possible so it balances out the CGI elements.
  92. ^ a b c d e f Mulcahey, Matt (June 8, 2017). "DP Henry Braham on Shooting Guardians of the Galaxy Vol. 2 with the First Weapon 8K Vista Vision Full Frame Camera". Filmmaker Magazine. 2017年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月29日閲覧a) We ended up using a miniature stabilized head that I’d been working with in England called the Stabileye, which effectively gives you a handheld dolly. It has a really interesting feel to it because there’s a spontaneity to the way the camera moves that is different and that felt appropriate for this movie.
    b) [Stabileye is] so small that you can get it in there next to the actors and get angles that you wouldn’t otherwise get unless you handheld the camera.
  93. ^ Kamen, Matt (January 7, 2016). "Guardians of the Galaxy Vol. 2 will be first film shot in 8K". Wired UK英語版. 2016年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月7日閲覧
  94. ^ Inside All the Moving Parts of Guardians of the Galaxy 2's Escape From the Elector. Vulture.. (2017年8月22日). http://www.vulture.com/2017/08/how-james-gunn-shot-gotg-vol-2s-escape-from-the-elector.html 2017年10月29日閲覧。 
  95. ^ a b Lovece, Frank (May 4, 2017). "James Gunn says 'Guardians of the Galaxy Vol. 2' a family affair". ニューズデイ英語版. New York City/Long Island. 2017年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月5日閲覧But I was trying to cram Nova Prime into the second movie as opposed to having it happen organically. Additional on May 5, 2017.
  96. ^ Rosen, Christopher (October 29, 2016). "James Gunn comments on directing Stan Lee Marvel cameos". Entertainment Weekly. 2016年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月30日閲覧
  97. ^ Perry, Spencer (April 25, 2016). "Guardians of the Galaxy 2 Easter Eggs and Set Video Revealed!". ComingSoon.net. 2016年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月2日閲覧
  98. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Seymour, Mike (June 6, 2017). "The fractal nature of Guardians of the Galaxy Vol. 2". fxguide英語版. 2016年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月20日閲覧
  99. ^ a b Hunter, Rob (August 23, 2017). "58 Things We Learned from James Gunn's 'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Commentary". フィルム・スクール・リジェクツ英語版. 2017年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月29日閲覧
  100. ^ Gunn, James (June 16, 2016). "And that's a wrap on #GoTGVol2. WHEW. So much gratitude to my wonderful cast and crew. Thank you all". Twitter. 2016年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月16日閲覧
  101. ^ a b c Ching, Albert (July 23, 2016). "SDCC: Marvel Studios Reveals Latest Phase 3 Secrets". Comic Book Resources. 2016年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月24日閲覧
  102. ^ Peters, Megan (April 17, 2017). "Sylvester Stallone's Mystery Role in Guardians of the Galaxy Vol. 2 Revealed". ComicBook.com. 2017年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  103. ^ Marston, George (July 23, 2016). "Star-Lord's Father Revealed ... James Gunn Explains in Detail". Newsarama. 2016年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月24日閲覧
  104. ^ a b Davis, Brandon (July 24, 2016). "Guardians of the Galaxy's James Gunn Explains The Reveal of Peter Quill's Father". ComicBook.com. 2016年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月27日閲覧Quite frankly, we knew that people were going to figure it out eventually," Gunn says. "People were gonna start testing the movie, we're gonna start testing trailers, and it this point I thought it was better that we took the reigns in our own hands and revealed Ego to the public.[後略]
  105. ^ Keyes, Rob (April 18, 2017). "Guardians of the Galaxy 2 Has 5 Post-Credits Scenes [Updated]". Screen Rant. 2017年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月18日閲覧
  106. ^ Gunn, James (January 31, 2017). "Any comment? I like them, I suppose. Do you mean do I choose them. Yes, all of the Guardians mid and post credit scenes are written in the script and directed by me". Facebook. 2017年1月31日閲覧
  107. ^ Truitt, Brian (May 5, 2017). "'Guardians 2' director decodes all five end-credits scenes (SPOILERS!)". USA Today. 2017年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月8日閲覧“We realize that Gef has been on the ship the entire time mortally wounded," Gunn says. "It ended up being a little confusing.”
  108. ^ @karengillan (2016年11月14日). "Guardians of the Galaxy reshoots today! So excited to be back with the gang! #easiestreshootsever #causethemovieisalreadyinsanelygood" (ツイート). 2016年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブTwitterより2016年11月15日閲覧
  109. ^ Kit, Borys (February 10, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Scores Extremely Rare 100 in Test Screening (Exclusive)". The Hollywood Reporter. 2017年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月10日閲覧Marvel, however, culls from a more select pool of recruits, what it terms “friends and families screenings.” It’s larger than one might think and still a vigorous testing procedure, not a celebratory reception.
  110. ^ アダム・カロラ英語版 (March 16, 2017). "James Gunn and Vinnie Tortorich". The Adam Carolla Show英語版 (Podcast). 該当時間: 1:00:38. 2017年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブEntertainment Weekly Archived from the original on March 18, 2017より2017年3月17日閲覧
  111. ^ Davis, Erik (March 24, 2017). "Exclusive Interview: 'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Director James Gunn On Easter Eggs, Dancing Baby Groot And More". Fandango. 2017年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月27日閲覧Gunn: Yes, I still do all of Groot’s dancing in the film, in a much bigger way [than the first film]. I actually had to do like a full day’s worth of dancing to get Groot’s dance down this time. Last time it was me in front of an iPhone, and this time it’s me dancing on a huge soundstage and shooting it from five different angles.
  112. ^ Chapman, Tom (April 21, 2017). "James Gunn Explains Nathan Fillion's Cut Wonder Man Cameo". Screen Rant. 2017年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月28日閲覧
  113. ^ Sampson, Mike (April 25, 2016). "'Guardians of the Galaxy 2' Casts Nathan Fillion as Wonder Man". Screen Crush. 2017年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月28日閲覧
  114. ^ a b Marston, George (May 17, 2017). "Nathan Fillion Was Cut From Guardians of the Galaxy Vol. 2 – But His Role is Still Canon". Newsarama. 2017年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月17日閲覧
  115. ^ ジェームズ・ガン(2017年5月17日)"As many of you know one of my best friends in the world is Nathan Fillion. Along with Michael Rooker and Gregg Henry he's been in every movie I've directed..." - Facebook 2018年8月12日閲覧。
  116. ^ Webb, Charles (2014-06-23). "James Gunn Confirms Nathan Fillion's GUARDIANS OF THE GALAXY Cameo". Nerdist. 2018年8月12日閲覧
  117. ^ Gunn, James (February 17, 2017). "James Gunn Facebook post". Facebook. 2017年2月18日閲覧So as we rush toward the finish line of #GotGVol2 I want to take a beat and express my appreciation for all the amazing artists and technicians at Framestore, Weta Digital, TRIXTER, Method Studios, Animal Logic, Scanline VFX, Lola, Luma, Cantina Creative, and our in-house VFX professionals who are making this movie something truly special.
  118. ^ a b Failes, Ian (May 17, 2017). "How They Animated Baby Groot in That Epic Opening To 'Guardians of the Galaxy Vol. 2'". カートゥーン・ブルー英語版. 2017年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月22日閲覧
  119. ^ a b c Giardina, Carolyn (May 8, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2': A Digital Kurt Russell and Other VFX Tricks Revealed". The Hollywood Reporter. 2017年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月15日閲覧
  120. ^ a b c d e Landekic, Lola; Perkins, Will (August 23, 2017). "Guardians of the Galaxy Vol. 2 (2017)". Art of the Title. 2017年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月24日閲覧
  121. ^ a b Hogg, Trevor (May 30, 2017). "Weta Digital Confronts the Monstrous Ego of 'Guardians of the Galaxy Vol. 2'". アニメーション・ワールド・ネットワーク英語版. 2017年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月22日閲覧
  122. ^ "『ナイトライダー』デヴィッド・ハッセルホフ、姓を「ホフ」に改名!?". 海外ドラマNAVI. WOWOW. 2015-11-18. 2018年8月13日閲覧
  123. ^ a b c d Seymour, Mike (May 21, 2017). "Guardians of Kurt: Young Kurt Russell & Ego Suppression". Fxguide. 2017年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月23日閲覧a) "We tried morphing to a live action Hoff - but it did not hold up as well. The Kurt version looked better than the Hoff version,..and while we had built a very detailed Kurt digi-double,- we didn't want to go to the same level on the Hoff for just two shots. But in the end we did have to do a partial build digi-double of the Hoff" explained Williams. "The reason we did the Kurt digi-double in the first place was to make sure all the effects stuck correctly to the body, so we weren't trying to do all this pixel level tracking of the effects... so we went with the approach of a full digi-double, the hair, the side of the face everything on Kurt. For the Hoff, we got pretty close, but it is not quite as detailed as for Kurt."[後略]
    b) we needed a big broad jaw, chin, and most importantly the way the laugh lines move and crease as he talks.
  124. ^ a b Nugent, John (March 20, 2017). "Guardians of the Galaxy Vol 2: See Three Exclusive New Images". Empire. 2017年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月21日閲覧“We have over a trillion polygons on Ego’s planet,” says Gunn proudly. “It’s the biggest visual effect of all time. There’s nothing even close to it. Which is cool.”
  125. ^ 中谷直登 (2017年1月29日). "『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』続編なのに邦題『リミックス』?ファン困惑、海外でも賛否". THE RIVER. 2018年8月16日閲覧
  126. ^ D姐 (2017-05-13). "D姐の洋楽コラム:第2回 最強ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの大ヒットと人気の秘密は サントラにありっ!". uDiscoverMusicJP. 2018年8月16日閲覧
  127. ^ Crossan, Ashley (April 14, 2015). "'Guardians of the Galaxy' Director James Gunn Says Sequel's Soundtrack 'Is Better' Than the First". Entertainment Tonight. 2015年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月15日閲覧“But I did feel a little pressure for the soundtrack because so many people loved it and we went platinum and all that other stuff. But I feel like the soundtrack in the second one is better. I feel like it's better, so I'm excited about it.”
  128. ^ Peters, Megan (December 12, 2016). "Guardians of the Galaxy Vol. 2 Soundtrack Is More Diverse According To James Gunn". ComicBook.com. 2016年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月13日閲覧
  129. ^ Cabin, Chris (August 20, 2015). "'Guardians of the Galaxy 2′: Tyler Bates Will Return to Score Sequel". Collider. 2015年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月20日閲覧
  130. ^ Dolloff, Matt (January 24, 2017). "James Gunn to Live Stream Guardians of the Galaxy 2 Scoring Session". Screen Rant. 2017年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月24日閲覧
  131. ^ Hiatt, Brian (April 19, 2017). "Inside the 'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Soundtrack". Rolling Stone. 2017年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月19日閲覧
  132. ^ "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Score Album Details". Film Music Reporter. April 20, 2017. 2017年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月20日閲覧
  133. ^ Kaye, Ben (June 6, 2017). "Guardians of the Galaxy Vol. 2 soundtrack coming to vinyl and cassette". Consequence of Sound英語版. 2017年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月8日閲覧
  134. ^ "ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:オーサム・ミックス Vol.1 - ヴァリアス・アーティスト". ユニバーサルミュージック. 2018年8月16日閲覧
  135. ^ "ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス オーサム・ミックス VOL.2(オリジナル・サウンドトラック) - ヴァリアス・アーティスト". ユニバーサルミュージック. 2018年8月16日閲覧
  136. ^ Chandra, Jessica (April 10, 2017). "8 Weird And Wonderful Things That Happened at The 'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Tokyo Premiere". Cosmopolitan. 2017年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月14日閲覧
  137. ^ a b 入倉功一 (2017年4月7日). "ファンの情熱に感服!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』監督、日本が特別な理由". シネマトゥデイ. 2018年8月16日閲覧
  138. ^ ORIVERcinema (2017-04-14). "クリス・プラットはじめ豪華メンバーがノリノリで日本集結!「ギャラクシー・カーペット・イベント」現地レポート". ウレぴあ総研. 2018年8月17日閲覧
  139. ^ ORIVERcinema (2017-04-19). "クリス・プラットがボケまくる!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』ステージ・イベントレポート". ウレぴあ総研. 2018年8月17日閲覧
  140. ^ 竹内みちまろ (2017-04-11). "山寺宏一、初来日のクリス・プラットら"ガーディアンズ"チームに脱帽". cinemacafe.net. 2018年8月17日閲覧
  141. ^ "クリス・プラット、ガーディアンズこと"銀河守護団"のスカジャンに「一生脱がない!」". 映画ナタリー. 2017-04-11. 2018年8月17日閲覧
  142. ^ "【アジア合同記者会見】『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』ゾーイ・サルダナ告白!アベンジャーズ共演の次作の敵はサノス". ムビッキ. 2017-04-11. 2018年8月17日閲覧
  143. ^ "『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』アジア合同記者会見". 海外ドラマNAVI. WOWOW. 2017-04-12. 2018年8月17日閲覧
  144. ^ ウレぴあ総研 (2017年4月19日). "クリス・プラット「日本に住み着きたい!」『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』アジア合同記者会見". livedoor ニュース. 2018年8月17日閲覧
  145. ^ "来日中のクリス・プラット&ジェームズ・ガン監督がマーベル展を訪問! その模様を写真と共にお届け[写真あり]". tvgroove.com. 2017-04-12. 2018年8月17日閲覧
  146. ^ a b "「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」2017年5月12日公開決定! 負け組ヒーローチームがヒット曲に乗って大暴れ". tvgroove.com. 2016-12-16. 2018年8月17日閲覧
  147. ^ "「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」吹替キャストがコスプレ、遠藤憲一の胸中は". 映画ナタリー. 2017-05-08. 2018年8月17日閲覧
  148. ^ 中谷直登 (2017-01-29). "『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』続編なのに邦題『リミックス』?ファン困惑、海外でも賛否". THE RIVER. 2018年8月17日閲覧
  149. ^ "リーダーは永遠の思春期?「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」ポスター10種". 映画ナタリー. 2017-04-04. 2018年8月25日閲覧
  150. ^ "5/12『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』オリジナル・サウンドトラック発売! 第1弾映画のサウンドトラックも日本初発売!". マーベル. ウォルト・ディズニー・ジャパン. 2017-04-21. 2018年8月25日閲覧
  151. ^ Ganz, Jami (April 19, 2017). "Watch the Guardians of the Galaxy Vol. 2 world premiere live". Entertainment Weekly. 2017年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月20日閲覧
  152. ^ "「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」豪華ワールド・プレミア開催! シルベスター・スタローンの役名も明らかに[写真あり]". tvgroove.com. 2017-04-21. 2018年8月17日閲覧
  153. ^ a b c d e Tartaglione, Nancy (April 28, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol 2' Rockets To $22.3M Overseas – International Box Office". Deadline Hollywood. 2017年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月28日閲覧
  154. ^ a b c d e f g Tartaglione, Nancy (May 2, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol 2' Blasts Off With $106M – International Box Office". Deadline Hollywood. 2017年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月2日閲覧
  155. ^ a b c d e f D'Alessandro, Anthony (May 7, 2017). "'Guardians Vol. 2' Soars To $145M Weekend Opening After $51M+ Super Saturday – Sunday Update". Deadline Hollywood. 2017年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月7日閲覧
  156. ^ Han, Angie (April 8, 2015). "'Star Wars: Rogue One', 'Captain America: Civil War', and More Get IMAX Releases". /Film. 2015年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月8日閲覧
  157. ^ a b c d e f Tartaglione, Nancy (May 9, 2017). "'Guardians 2' Branches Out With $431.5M Global; 'Fast & Furious' Franchise Cruises Past $5B WW – International Box Office". Deadline Hollywood. 2017年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月9日閲覧
  158. ^ a b c D'Alessandro, Anthony (May 2, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' To Blast Off Summer With $140M-$160M Domestic Opening". Deadline Hollywood. 2017年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月5日閲覧
  159. ^ a b McNary, Dave (June 16, 2016). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Grows Merchandise Rollout With a 'Much Stronger Focus' on Groot (EXCLUSIVE)". Variety. 2016年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月16日閲覧
  160. ^ Marnell, Blair (June 18, 2016). "Guardians of the Galaxy Vol. 2 Toys Will Include More Women, Says James Gunn". Nerdist. 2016年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月19日閲覧
  161. ^ Busch, Anita (April 28, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Baby Groot Drives Ford And Geico Spots In $80M Promo Campaign". Deadline Hollywood. 2017年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月7日閲覧
  162. ^ a b Mitchell, Gail (April 25, 2017). "Doritos & Marvel Partner for 'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Promotion: Exclusive". Billboard. 2017年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月28日閲覧The centerpiece of the pair’s Rock Out Loud campaign is a custom-designed, limited-edition series of Doritos bags featuring a built-in cassette tape deck-inspired player that plays the full soundtrack. The bags can also be recharged for repeat listening.
  163. ^ Osborn, Alex (June 16, 2016). "Guardians of the Galaxy Vol. 2 Coming To Comic-Con, Chris Pratt Wraps Filming". IGN. 2016年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月16日閲覧
  164. ^ Anderton, Ethan (October 19, 2016). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Teaser Trailer Is Hooked on a Feeling Again". /Film. 2016年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月22日閲覧
  165. ^ Zuckerman, Esther (October 19, 2016). "Baby Groot kills with cuteness in the first Guardians of the Galaxy Vol. 2 trailer". The A.V. Club. 2016年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月22日閲覧
  166. ^ McNary, Dave (October 24, 2016). "'Guardians of the Galaxy 2' Trailer Gets Fans Hooked With Social Media Buzz". Variety. 2016年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月24日閲覧
  167. ^ Slead, Evan (December 3, 2016). "Guardians of the Galaxy Vol. 2 reveals Star-Lord's 'deepest, darkest secret' and lots of Baby Groot". Entertainment Weekly. 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧
  168. ^ Peters, Megan (December 2, 2016). "Guardians of the Galaxy Vol 2 Trailer To Debut Tomorrow". ComicBook.com. 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧
  169. ^ Couch, Aaron (December 1, 2016). "James Gunn on Trailer Pressures and Nearly Shelving the First 'Guardians of the Galaxy' Teaser". The Hollywood Reporter. 2016年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月2日閲覧With Guardians, people really go through every single little shot and try to figure out what the movie's about. And there's a lot of mysteries in Guardians 2.
  170. ^ Hall, Jacob (December 3, 2016). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Trailer: Marvel's Universe-Saving A-Holes Are Back". /Film. 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧
  171. ^ a b Perry, Spencer (December 5, 2016). "Guardians of the Galaxy Vol. 2 teaser trailer is Marvel's biggest yet". Superhero Hype!. 2016年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月5日閲覧
  172. ^ "Sweetの「Fox on the run」がリバイバルヒット中!". ユニバーサルミュージック. 2016-12-07. 2018年8月17日閲覧
  173. ^ Lussier, Germain (February 5, 2017). "Look Out! The Guardians of the Galaxy Vol. 2 Super Bowl Spot is Here". io9. 2017年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月6日閲覧
  174. ^ Anderton, Ethan (February 5, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Super Bowl Spot: An Awesome Mix of Badass Cosmic Action". /Film. 2017年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月6日閲覧Thankfully, Marvel Studios brought one hell of a Guardians of the Galaxy 2 Super Bowl spot, one that probably overshadows the game itself for people like me who don’t really have an investment in the outcome one way or the other. There’s plenty of badass cosmic action, the humor we all love, a stellar soundtrack, and some great new footage from the sequel.
  175. ^ D'Alessandro, Anthony (February 6, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Super Bowl Spot Is All The Talk on Twitter: PreAct's Most Buzzed About Movies". Deadline Hollywood. 2017年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月6日閲覧
  176. ^ Stedman, Alex (2017-02-28). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' New Trailer Offers First Look at Kurt Russell's Character". Variety. 2018年8月20日閲覧
  177. ^ Foutch, Haleigh (February 28, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Trailer Reveals Kurt Russell's Ego the Living Planet". Collider. 2017年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月1日閲覧As if the hype for this movie wasn’t high enough, it’s just an all-around wonderful trailer, lit up with the wacky humor and irreverent charm that made the first film such a hit, with an extra dose of visual splendor.
  178. ^ Sadlier, Allison (March 11, 2017). "Chris Pratt Gets Slimed at the Kids' Choice Awards After Going Power Mad in the Control Room". ハリウッド・ライフ英語版. 2017年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月11日閲覧
  179. ^ "Guardians of the Galaxy Vol. 2 Rocks a 1980s Infomercial". Newsarama. July 21, 2017. 2017年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月22日閲覧
  180. ^ a b Lesnick, Silas (July 11, 2017). "Guardians of the Galaxy Vol. 2 Comes Home in August". ComingSoon.net. 2017年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月11日閲覧
  181. ^ Macy, Seth (August 21, 2017). "Which Guardians of the Galaxy Vol. 2 Blu-Ray Should You Buy?". IGN. 2017年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月23日閲覧
  182. ^ Katzmeier, David (June 9, 2017). "'Guardians of the Galaxy 2' could be Disney's first 4K Blu-ray". CNET. 2017年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月4日閲覧
  183. ^ a b 中谷直登 (2017年8月7日). "大人の悪ふざけ、ここに極まる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』エンディング曲、豪華ミュージックビデオ公開!". THE RIVER. 2018年8月21日閲覧
  184. ^ Knapp, JD (August 6, 2017). "'Guardians of the Galaxy': James Gunn Shares Retro 'Inferno' Music Video (Watch)". Variety. 2017年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月7日閲覧
  185. ^ Ramos, Dino-Ray (August 6, 2017). "James Gunn Posts New 'Guardians of the Galaxy' Music Video With David Hasselhoff". Deadline Hollywood. 2017年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月7日閲覧
  186. ^ a b c Konrad, Jeremy (2017-08-17). "James Gunn Explains How That Guardians' Inferno Video Came Together". Bleeding Cool. 2018年8月21日閲覧
  187. ^ Dolloff, Matt (August 15, 2017). "Guardians of the Galaxy 2 is Marvel's Most Successful Digital Launch". Screen Rant. 2017年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月15日閲覧
  188. ^ a b "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Claims Second Week as Top Disc Seller". Home Media Magazine. September 7, 2017. 2017年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月7日閲覧
  189. ^ Arnold, Thomas K. (August 31, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Soars to No. 1 Debut on Home Video Sales Charts". ホーム・メディア・マガジン英語版. 2017年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月4日閲覧
  190. ^ Gunn, James (September 7, 2017). "Many thanks to our friends in the UK this week, who bought more copies of Guardians of the Galaxy Vol. 2 on Blu-Ray and DVD this week than they did all copies of all other titles in the top 40 combined! And at #2 on the charts? The Vol. 1/Vol. 2 double pack. Anyway, THANKS!". Facebook. 2017年9月8日閲覧
  191. ^ a b Busch, Anita (May 29, 2017). "'Pirates' $209M Overseas Start And $271.4M Global Take Push Disney Franchise Past $4B Mark". Deadline Hollywood. 2017年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月29日閲覧
  192. ^ a b Tartaglione, Nancy (June 4, 2017). "'Wonder Woman' Lassos $122.5M Offshore, $223M Global Debut – International Box Office". Deadline Hollywood. 2017年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月5日閲覧
  193. ^ D'Alessandro, Anthony (March 20, 2018). "No. 9 'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Box Office Profits – 2017 Most Valuable Blockbuster Tournament". Deadline Hollywood. 2018年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月20日閲覧
  194. ^ D'Alessandro, Anthony (May 1, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Beating 'Avengers: Age Of Ultron' In Advance Ticket Sales". Deadline Hollywood'. 2017年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月1日閲覧
  195. ^ D'Alessandro, Anthony (May 9, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Zaps $10M on Monday – Box Office". Deadline Hollywood. 2017年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月9日閲覧
  196. ^ Tartaglione, Nancy (April 25, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol 2': $100M Offshore Bow in the Mix? – International Box Office Preview". Deadline Hollywood. 2017年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月27日閲覧
  197. ^ D'Alessandro, Anthony (April 13, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Hits Tracking: $150M Opening Within Reach". Deadline Hollywood. 2017年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月13日閲覧
  198. ^ D'Alessandro, Anthony (May 15, 2017). "Mothers' Day Halo: Amy Schumer-Goldie Hawn's 'Snatched' Sees 25% Surge; 'Guardians' Lords Over 'King Arthur'". Deadline Hollywood. 2017年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月15日閲覧
  199. ^ D'Alessandro, Anthony; Busch, Anita (May 21, 2017). "Why 'Alien: Covenant' Lost Its Bite At The B.O. With $36M+ Opening, −29% From 'Prometheus'". Deadline Hollywood. 2017年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月22日閲覧
  200. ^ D'Alessandro, Anthony; Busch, Anita (May 29, 2017). "How 'Pirates' & 'Baywatch' Are Casualties of Summer Franchise Fatigue at the Domestic B.O. – Monday AM". Deadline Hollywood. 2017年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月29日閲覧
  201. ^ D'Alessandro, Anthony (June 4, 2017). "'Wonder Woman' Breaks Glass Ceiling For Female Directors & Stomps On 'Iron Man' With $100.5M Debut – Sunday AM Final". Deadline Hollywood. 2017年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月5日閲覧
  202. ^ D'Alessandro, Anthony (June 11, 2017). "'Wonder Woman' Whops Tom Cruise's 'The Mummy' Back to the Stone Ages – Sunday AM Postmortem". Deadline Hollywood. 2017年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月12日閲覧
  203. ^ D'Alessandro, Anthony (June 18, 2017). "'Cars 3' $53M+ Is 3rd Best For Pixar Series; 'Wonder Woman' Wows With $40M+; 'All Eyez on Me' Solid – Sunday AM Postmortem". Deadline Hollywood. 2017年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月19日閲覧
  204. ^ D'Alessandro, Anthony (June 26, 2017). "Why 'Transformers' Is Screaming For Reboot After $68M Start; 'Wonder Woman' Steps On 'Cars 3' In 2nd-Place Fight – Monday AM". Deadline Hollywood. 2017年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月26日閲覧
  205. ^ Tartaglione, Nancy (May 5, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol 2' Heads into 2nd Frame With $167M at Overseas Box Office". Deadline Hollywood. 2017年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月6日閲覧
  206. ^ Tartaglione, Nancy (May 16, 2017). "'Alien: Covenant' Chomps $40M Bow; 'Guardians 2' Crosses $630M WW; 'Dangal' Soars In China – International Box Office". Deadline Hollywood. 2017年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月16日閲覧
  207. ^ Tartaglione, Nancy (May 21, 2017). "'Alien: Covenant' Adds $30M In 2nd Frame; 'Dangal' Pins $100M+ In China; 'Guardians 2' At $733M WW – International Box Office". Deadline Hollywood. 2017年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月22日閲覧
  208. ^ "2017年05月/データ別映画ランキング". CINEMAランキング通信. 興行通信社. 2018年8月21日閲覧
  209. ^ "Guardians of the Galaxy Vol. 2 (2017)". Rotten Tomatoes. ファンダンゴ・メディア英語版. 2018年8月24日閲覧
  210. ^ "Guardians of the Galaxy Vol. 2". Metacritic. CBS Interactive. 2017年5月10日閲覧
  211. ^ a b Gleiberman, Owen (April 24, 2017). "Film Review: 'Guardians of the Galaxy Vol. 2'". Variety. 2017年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月24日閲覧Shot for shot, line for line, it’s an extravagant and witty follow-up, made with the same friendly virtuosic dazzle. Yet this time you can sense just how hard the series’ wizard of a director, James Gunn (now taking off from a script he wrote solo), is working to entertain you. Maybe a little too hard. [中略]The gods of sci-fi spectacle must, of course, be served, and the climax of “Vol. 2” is exorbitant, rousing, touching, and just obligatory enough to be too much of a good thing.
  212. ^ Travers, Peter (April 24, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Review: Marvel Space Opera's Sequel Is a Blast". Rolling Stone. 2017年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月24日閲覧Guardians of the Galaxy, Vol. 2 can’t match the sneak-attack surprise of its predecessor. You can only do that once. The good news, however, is that the followup, while taking on some CGI bloat and sequel slickness, hasn’t lost its love for inspired lunacy.
  213. ^ a b Roeper, Richard (May 4, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' brings the funny and the feels". Chicago Sun-Times. 2017年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月4日閲覧“Guardians of the Galaxy Vol. 2” isn’t quite as much fun, not quite as clever, not quite as fresh as the original — but it still packs a bright and shiny and sweet punch.[中略]And yet even with all the silliness and all the snarkiness, the Guardians can put a lump in your throat when someone suffers a serious setback, or someone does a solid and risks everything to save someone else.
  214. ^ Tallerico, Brian (May 2, 2017). "Guardians of the Galaxy Vol. 2". RogerEbert.com. 2018年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月22日閲覧To be blunt, “Vol. 2” avoids many of the flaws of the first movie, and does several things notably better. It’s fun, clever and a great kick-off to the summer movie season.
  215. ^ a b Stewart, Sara (May 4, 2017). "New 'Guardians' is the antidote to somber superheroes". New York Post. 2018年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月22日閲覧If it’s overstuffed in the way of most sequels, well, at least it’s stuffed with good cheer. [中略] Did I mention it was overstuffed? Gunn’s lighthearted approach makes this matter surprisingly little.
  216. ^ O'Sullivan, Michael (May 3, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2': Bigger, better – and more touching – than the original". The Washington Post. 2018年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月22日閲覧“Guardians of the Galaxy Vol. 2” is a toe-tapping, eye-popping indication that summer is here, and that it might not be so bad after all.
  217. ^ a b Lowry, Brian (June 30, 2017). "'Guardians of the Galaxy' brings fun, daddy issues to sequel". CNN.com. 2018年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月22日閲覧In terms of sheer entertainment value, though, this "Guardians of the Galaxy" ultimately shares just enough with its central quintet -- rather heroically getting the job done, even if the trip from here to there can be a bit disjointed and messy.
  218. ^ Orr, Christopher (May 5, 2017). "Guardians of the Galaxy 2: Twice Is (Still) the Charm". The Atlantic. 2018年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月22日閲覧
  219. ^ McCarthy, Todd (April 24, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2': Film Review". The Hollywood Reporter. 2017年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月24日閲覧But Guardians of the Galaxy Vol. 2 plays like a second ride on a roller coaster that was a real kick the first time around but feels very been-there/done-that now.
  220. ^ a b Turan, Kenneth (May 3, 2017). "Review 'Guardians of the Galaxy Vol. 2' has that familiar feeling, maybe too much of it". Los Angeles Times. 2017年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月3日閲覧Though there are enough reminders of the first "Guardians" to make the sequel an acceptable experience, it's ended up less like itself and more like a standard Marvel production.
  221. ^ a b Dargis, Manohla (May 4, 2017). "Review: 'Guardians of the Galaxy Vol. 2' Wants That Loving Feeling". The New York Times. 2017年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月4日閲覧“Guardians of the Galaxy Vol. 2” certainly has its attractions, but most of them are visual rather than narrative.
  222. ^ a b Lane, Anthony (May 15, 2017). "'Guardians of the Galaxy Vol. 2' and 'Chuck'". The New Yorker. 2018年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月22日閲覧It is at this point that the movie, which has been motoring along nicely, fuelled by silliness and pep, begins to splutter. [中略] Let’s hope that Vol. 3 recaptures the fizz of the original, instead of slumping into the most expensive group-therapy session in the universe.
  223. ^ Nordyke, Kimberly (August 13, 2017). "Teen Choice Awards: Complete Winners List". The Hollywood Reporter. 2017年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月14日閲覧
  224. ^ Liptak, Andrew (August 4, 2017). "The 2017 Dragon Awards are a far-ranging sci-fi and fantasy reading list". The Verge. 2017年9月6日閲覧
  225. ^ Beachum, Chris (November 3, 2017). "Hollywood Film Awards 2017: Complete list of winners for Sunday's ceremony includes Kate Winslet, Jake Gyllenhaal, Allison Janney, Sam Rockwell". Gold Derby. 2017年11月4日閲覧
  226. ^ Pond, Steve (October 26, 2017). "Hollywood Music in Media Awards Announces Nominees in Film, TV, & Video Game Music". Shoot Online. 2017年10月26日閲覧
  227. ^ Amidi, Amid (December 12, 2017). "Annual StLFCA Awards". St. Louis Film Association. 2017年12月12日閲覧
  228. ^ "The 2017 WAFCA Awards". ワシントンD.C.映画批評家協会. December 7, 2017. 2017年12月6日閲覧
  229. ^ "'The Shape of Water' Leads 2017 Florida Film Critics Awards Nominations". Florida Film Critics Awards. December 23, 2017. 2017年12月20日閲覧
  230. ^ Amidi, Amid (December 4, 2017). "Walt Disney Company Picks Up 33 Annie Award Nominations, Including 13 For 'Coco'". カートゥーン・ブルー英語版. 2017年12月4日閲覧
  231. ^ "Sufjan Stevens, 'Greatest Showman,' 'Girls' Among Guild of Music Supervisors Awards Nominees". Variety. January 11, 2018. 2018年1月12日閲覧
  232. ^ Giardina, Carolyn (January 16, 2018). "Visual Effects Society Awards: 'Apes,' 'Blade Runner 2049' Lead Feature Nominees". Hollywood Reporter. 2018年1月16日閲覧
  233. ^ Giardina, Carolyn (January 5, 2018). "Makeup Artists and Hair Stylists Guild Awards: 'Darkest Hour,' 'Wonder' Lead Feature Nominees". Deadline Hollywood. 2018年1月5日閲覧
  234. ^ "The 90th Academy Awards 2018 Nominees". Academy of Motion Picture Arts and Sciences. January 23, 2018. 2017年12月4日閲覧
  235. ^ McNary, Dave (March 15, 2018). "'Black Panther,' 'Walking Dead' Rule Saturn Awards Nominations". Variety. 2018年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月15日閲覧
  236. ^ Hammond, Pete (2018年6月27日). "'Black Panther' Tops 44th Saturn Awards With Five; 'Blade Runner 2049' , 'Shape Of Water', 'Get Out' Also Score". Deadline Hollywood. 2018年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月28日閲覧
  237. ^ "Here Are All the Winners From the 2018 Billboard Music Awards". Billboard. May 20, 2018. 2018年5月20日閲覧
  238. ^ Kiang, Jessica (November 6, 2014). "Interview: James Gunn Talks 'Guardians 2,' Small Vs Big Budgets And Being "Betrayed" By 'Lost'". IndieWire英語版. 2015年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月14日閲覧
  239. ^ Lussier, Germain (April 11, 2016). "Avengers: Infinity War Parts 1 and 2 Will Be Very Different Movies". io9. 2016年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月12日閲覧And it is still a big chess board for 2020 and beyond, but certainly I would say Guardians 3 is [one film that’s] up there. I don’t know what exactly the order will be.
  240. ^ a b Tharpe, Frazier (March 15, 2017). "'Guardians of the Galaxy' Director James Gunn Teases The Guardians' "Integral Part" In 'Infinity War'". コンプレックス. 2017年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月15日閲覧There will be a Guardians 3, that's for sure. We're trying to figure it out. I'm trying to figure out what I want to do really, that's all it is.
  241. ^ Polowy, Kevin (March 16, 2017). "James Gunn Explains What He Really Meant About 'Guardians of the Galaxy: Vol. 3'". Yahoo!. 2017年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月20日閲覧There are no specific plans for Guardians of the Galaxy Vol. 3,” he said. “But we know unless something goes horribly — which is always possible, you never know — I think that Marvel would want to make another movie.
  242. ^ Couch, Aaron (April 17, 2017). "'Guardians of the Galaxy 3': James Gunn Returning to Write and Direct". The Hollywood Reporter. 2017年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月25日閲覧
  243. ^ Tigani, Andrew (2018-06-25). "James Gunn Has Finished Guardians of the Galaxy Vol. 3 Script Draft #1". screenrant. 2017年8月24日閲覧
  244. ^ Nattrass, JJ (2018-06-26). "James Gunn reveals he's finished The Guardians Of The Galaxy Vol. 3 script – and it sounds emosh". メトロ英語版. 2018年8月24日閲覧
  245. ^ a b Agar, Chris (May 3, 2018). "Chris Pratt Confirms Guardians of the Galaxy 3 Films Next Year". Screen Rant. 2018年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月7日閲覧
  246. ^ Weintraub, Steve (May 29, 2018). "Dave Bautista Talks 'Avengers: Infinity War' Spoilers and Working with Jodie Foster in 'Hotel Artemis'". Collider. 2018年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月30日閲覧
  247. ^ Marston, George (September 7, 2017). "Guardians of the Galaxy Vol. 3 Coming in 2020, According To Gunn". Newsarama. 2017年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月8日閲覧
  248. ^ a b Kit, Borys; Couch, Aaron (July 20, 2018). "James Gunn Fired as Director of 'Guardians of the Galaxy Vol. 3'". The Hollywood Reporter. 2018年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月20日閲覧
  249. ^ 稲垣貴俊 (2018-06-20). "『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』後の物語に ― 監督が認める". THE RIVER. 2018年8月24日閲覧
  250. ^ Fleming Jr., Mike (July 20, 2018). "James Gunn Fired From 'Guardians Of The Galaxy' Franchise Over Offensive Tweets". Deadline Hollywood. 2018年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月20日閲覧
  251. ^ 稲垣貴俊 (2018-07-21). "『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』ジェームズ・ガン監督が降板 ― 過去の発言が問題視される【コメント全文和訳】". THE RIVER. 2018年8月24日閲覧
  252. ^ 中谷直登 (2018-07-22). "【解説】ガン監督、10年前ツイートなぜ発覚?半日後に解雇の背景 ─ 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』出演者らコメント". THE RIVER. 2018年8月24日閲覧
  253. ^ Stedman, Alex; Lopez, Ricardo (July 30, 2018). "'Guardians of the Galaxy' Cast Says It 'Fully Supports' James Gunn". Variety. 2018年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月30日閲覧
  254. ^ "RE-HIRE JAMES GUNN". Change.org. 2019年4月5日閲覧
  255. ^ ""Rehire James Gunn" Billboard Appears Near Disneyland". The Hollywood Reporter (英語). 2019年4月5日閲覧
  256. ^ 稲垣貴俊 (2018-08-06). "デイヴ・バウティスタ、ガン監督解雇問題に再び強い意思示す ― 「ガン監督がいない作品は僕が契約した映画じゃない」". THE RIVER. 2018年8月24日閲覧
  257. ^ Magazine, Shortlist (2018-08-06). "EXCLUSIVE: Dave Bautista has threatened to quit Guardian's of the Galaxy is James Gunn's script isn't used". ShortList (英語). 2019年4月5日閲覧
  258. ^ Lang, Brent; Kroll, Justin (2018-08-01). "Disney Unlikely to Rehire 'Guardians of the Galaxy' Director James Gunn (EXCLUSIVE)". Variety. 2018年8月24日閲覧
  259. ^ 中谷直登 (2018-08-10). "マーベル・スタジオ、ジェームズ・ガン監督復帰に向け米ディズニーと交渉中か". THE RIVER. 2018年8月24日閲覧
  260. ^ 稲垣貴俊 (2018-08-09). "『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』ジェームズ・ガンの脚本を使用する可能性が浮上 ― 将来的に別作品で復帰説も". THE RIVER. 2018年8月24日閲覧
  261. ^ 稲垣貴俊 (2018-08-16). "ディズニー&マーベル、ジェームズ・ガン監督を復帰させない意向強める ― 脚本は改稿の可能性大、米報道". THE RIVER. 2018年8月24日閲覧
  262. ^ Borys Kit, Aaron Couch (2019-03-15). "James Gunn Back On as 'Guardians of the Galaxy 3' Director". ハリウッド・レポーター. 2019年3月16日閲覧
  263. ^ Mike Fleming Jr (2019-03-15). "Disney Reinstates Director James Gunn For 'Guardians Of The Galaxy 3'". Deadline.com. 2019年3月16日閲覧
  264. ^ JamesGunnのツイート(1106633508657651712)公式Instagram - 2019年3月16日閲覧。
  265. ^ 中谷直登 (2019-03-16). "『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』ジェームズ・ガン監督が復帰 ─ 降板後初のコメントに「おかえり」と祝福の声". THE RIVER. 2019年3月16日閲覧
  266. ^ アクトンボーイ (2017年5月16日). "デヴィッド・ハッセルホフって誰だよ!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』鑑賞前に知りたい『ナイトライダー』の話". THE RIVER. 2018年8月13日閲覧
  267. ^ Reyes, Mike. "The 10 Funniest Moments In Guardians Of The Galaxy Vol. 2". Cinemablend. p. 8. 2018年8月26日閲覧
  268. ^ 稲垣貴俊 (2017年9月6日). "『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』あの「メリー・ポピンズ」のセリフ、脚本に当初書かれていなかった". THE RIVER. 2018年8月26日閲覧
  269. ^ WATERCUTTER, ANGELA (2017年5月14日). "『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は素晴らしいけれど…:『WIRED』US版レヴュー". Wired. 2018年8月25日閲覧

参考文献

  • 『アベンジャーズ マーベルヒーロー超全集 (てれびくんデラックス愛蔵版)』小学館、2019年。ISBN 978-4-09-227211-8。

各種データベース