ガーデニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガーデニングの例

ガーデニング(英語: Gardening)とは、家庭で行われる造園園芸の一種。

概説[編集]

自分が所有する(ガーデン)やベランダにおいて草花を植栽したり、石畳などで装飾するなどして庭造りを楽しむこと。

今日では庭先での花の栽培のほか、家庭菜園を営むといった場合も、この名で呼ばれる。

なお、「園芸」という言葉の英訳「horticulture」は、園芸学などの学術用語で使用され、一般の趣味園芸に関する範囲は「Gardening」である。

イングリッシュガーデンの パーティーの一部

ガーデニングから植物を育て、栽培する習慣となり、庭では観賞用の植物であるリーフが全体的な外観として成長し根菜類 葉菜類 果物ハーブなどの有用な植物は食用、染料として、または薬用もしくは化粧品としての用途で栽培されている。ガーデニングは多くの人々によってリラックスした活動であると考えられている。

ガーデニング範囲はフルーツ果樹園から大通りに一つまたは複数の異なる種類の低木樹木作付けしたもの、草本植物を住宅の敷地の内に外に成長させたり大小容器で育てた植物、芝生と基礎作付けまである。

園芸は、一種類の植物しか生育していない、または混合植栽の中に多数の異なる植物を伴うような、非常に特殊なものもあり得る。それは植物の成長への積極的な参加を含み、そして労働集約的である傾向があり、農業または林業とは区分される。

庭づくりは、与えられた敷地と、建物の配置·構造、そしてまわりの各種の条件や目的に応じて庭を有効に利用し、満足させ、建物を含めて機能と美の調和をはかるように計画することが基本である。

庭の設計は、造園材料(例えば植木·石.コンクリート ·水など)の使い方を示すものだけでなく、庭園を構成している要素を種々組み合わせる技術である。庭園構成の要素となるものには、 「おおう」「くぎる」「さえぎる」「つなぐ」「つなぎ· くぎる」などがある。 「おおう」(地表のグランドカバー) 芝生·ささ·こけ·砂利·コンクリート·水など、 「くぎる」..園路·流れ·いけ垣.植込みなど、 「さえぎる」(空間をつくる) 門い·いけ垣·石垣·たな·日よけなど、 「つなぐ」(動線の有機的なつながり) 園路·通路·飛石·流れ·歩行路など、 「つなぎ·くぎる」階段·橋·水流.園路·歩行路など、 がある。

庭の設計のポイントは限られたスペースのなかにいかに使用者や鑑賞者の希望を盛り込んで、しかもまとまった庭にするかということである。 「明るい、芝生の庭」「花壇を中心とした庭」というようにテーマをはっきりさせて造ることも一つの手法である。

ガーデニングの歴史[編集]

イギリス、 シュロップシャー州のロバートハートの森林公園

古代[編集]

森林ベースでの食料生産システムである森林園芸は、世界で最も古い形態の園芸で[1]森林庭園はジャングルに覆われた川岸に沿った先史時代モンスーン地域の湿った丘陵地帯で始まり、家族が身近な環境を改善する漸進的な過程で、有用な樹木とつるの種が特定され保護されその課程で望ましくない種が排除される方法で改善されていく。最終的には外来種も選択されて庭園に組み込まれた。[2]

最初の文明出現後、裕福な個人は美的目的のために庭園を作り始めた。新王国 (紀元前1500年頃)からの古代エジプト墓画は装飾用園芸と景観デザインの最も初期の物理的証拠を一部提供している。彼らは アカシアヤシの木での対称的な列に囲まれた蓮池を描いているが、古代の装飾的な庭園で注目に値する例は、古代世界の七不思議の一つであるバビロンの空中庭園のハンギングガーデンである。一方、古代ローマには何十もの庭園があったことが知られている。

裕福な古代エジプト人は日陰を提供するために庭を活用、エジプト人は神々が庭によって喜ばれたと信じ、木と庭を神と関連付けている。古代エジプトの庭園は多くの場合、木が並んで植えられた壁に囲まれていた。最も人気のある種の中にはナツメヤシ、シカモア、モミの木、ナッツの木、そしてヤナギであるが、これらの庭園はより高い社会経済的地位の証でありさらにワインは社会的階級の高まりのしるしであったため、裕福な古代エジプト人はブドウ畑を所有した。バラ、ポピー、ヒナギク菖蒲もエジプト人の庭園にあった。

アッシリアはその美しい庭園でも有名であるが、面積は広くて大きくなる傾向があり、そのうちいくつかは狩猟ゲームに使用されていた - 今日のゲームリザーブのように - そして他のものはレジャーガーデンとしても活用され、サイプレスとヤシの木はなかでも最も頻繁に植えられた種であった。

古代ローマ庭園がヘッジ及びブドウとレイアウトの他に草花-多種多様のアカンサスヤグルマギククロッカスシクラメン 、ヒヤシンス、アイリス、ツタ、 ラベンダー 、ユリ、ギンバイカ、水仙、ケシ、 ローズマリーおよびスミレを[3] なども彫像や彫刻だけでなく活用した。花壇は裕福なローマ人宅の中庭を飾るのに人気がありました。

職場の庭師、1607

中世[編集]

中世は、園芸に関して、審美的な目的のために庭園が衰退した時期を表しており、ローマの崩壊後薬草の栽培や教会の祭壇装飾を目的として園芸が行われた。ヨーロッパの中世の間に修道院は庭の設計そして激しい園芸の技術の伝統を続けた。一般的に、修道院の庭のタイプは家庭菜園、診療所の庭、墓地の果樹園、回廊のガースとブドウ畑から成り、個々の修道院はまた「緑の裁判所」馬が放牧することができる草や樹木の区画、ならびに僧院内の特定の役職を持つ僧侶のための地下室の庭園または専用庭園を有していたとされている。

イスラム庭園はペルシャ庭園のモデルに基づいて建てられたもので、通常は壁で囲まれ、水路で4つに分けられていましたが、一般的に、庭の中心にはプールやパビリオンがあります。イスラム庭園に特有のものは、これらの庭園に建てられた丘や噴水を飾るために使用されるモザイクと艶をかけられたタイルである。

13世紀後半までに、裕福なヨーロッパ人はレジャーのため、薬草と野菜を庭で育て始めました。[3]動物から保護し隔離するため壁で庭を囲む次の2つの世紀の間にヨーロッパ人は芝生を植え始め、花壇とバラの花壇を育て始めた。果樹はこうした庭で一般的であり、また芝生の座席がありました。同時に修道院の庭園は花や薬草を育てる場所でしたが、 僧侶たちが自然を楽しんでリラックスできる空間でもありました。

16世紀と17世紀の庭園はレイアウトが対称で均衡がとれており、より古典的な外観とバランスが取れていましたが、これらの庭園のほとんどは中心軸を中心に作庭されたもので、ヘッジによってさまざまな部分に分けられていた。一般的に庭園には花壇が正方形にレイアウトされ、砂利道で区切られていた。

ルネッサンスの庭園は彫刻、トピアリー、噴水で飾られてますが、17世紀になると結び目庭園がヘッジメイズと共に人気になった。この頃には、ヨーロッパ人はチューリップ、マリーゴールド、ひまわりなどの新しい花を植え始めていく。

コテージガーデン[編集]

エリザベス朝時代に出現したコテージガーデンはハーブや果物の地元産地として生まれたようである。[4] ある理論によると、彼らは1340年代の黒死病のせいで、非常に多くの労働者が亡くなり、個人的な庭園のある小さなコテージに土地が利用可能になったのであるが[5]19世紀の伝説によると[6]これらの庭園はもともと装飾のために間に植えられた花で、食品やハーブとを提供するために村のコテージに住んでいた労働者によってつくられた。農場労働者には、小さな庭に設定された建築品質を持つコテージが提供され-約1エーカー (0.40 ha) -食料を育て、豚や鶏を飼うことができる場所であった[7]

ヨーマンコテージの本格的な庭園には、蜂の巣と家畜、そして多くの場合、豚と巣箱が井戸と一緒にある。中世の農民のコテージは花よりも肉に興味を持っていた。ハーブは美しさよりもむしろ薬用として育てられていた。 エリザベス朝時代になると繁栄が進み、花を育てる場所が増え、初期のコテージガーデンの花でさえも、通常は実用的な用途があり、スミレは床に広がっていた(心地よい香りと害虫を防ぐため)。カレンデュラとサクラソウは魅力的で料理にも使われていたが、スウィートウィリアムや葵など他のものは完全にその美しさの鑑賞用で育てられました。[8]

18世紀[編集]

18世紀には、庭園は壁なしでもっと自然にレイアウトされた。目に見えないように小さな川を堰き止めることによって形成された木、蛇行した湖に散りばめられた、邸宅へまっすぐに走る滑らかな起伏のある草といったこのスタイルは、ランドスケープガーデニングの「みえない庭園」形の新しいスタイルで、これは以前の整形式にパターン化されたスタイルをほとんどすべて一掃。イングリッシュガーデンは通常木々の木立を背景に芝生を湖を含め、多くの場合、shrubberies、洞窟、パビリオン、橋、フォリーなどで牧歌的な風景を再現するために設計されており、そのほかにはモスク寺院、ゴシック様式の遺跡、橋、他に絵になる建築などを導入したこの新しいスタイルが登場してから整形式で左右対称の・ア・ラ・フランセーズガーデンという17世紀を席巻したものからイングランドで18世紀初頭に登場したこのスタイルがヨーロッパの主要なガーデニングスタイルとして席巻。[9] イングリッシュガーデンからは理想的な自然の景色を表す。クロード・ロレーヌニコラス・プッサンによる風景画にインスパイアされたものもあり、中にはヨーロッパの旅行者によって最近著された東の古典的な中国庭園に影響されたものもある[10] ランスロット・ブラウンの作品は特に影響をあたえた。また、1804年に園芸協会が結成され、19世紀の庭園にはサルのパズルやチリの松などの植物が含まれていく。これはまた、いわゆる「ガーデネスク」スタイルの庭園が発展した時期であり、 これらの庭園は、かなり狭いスペースにさまざまな花を咲かせた。そしてロックガーデンは19世紀に人気が高まっていく。

タイプ[編集]

Thornbury、サウスグロスターシャー州の ハンギングバスケット

住宅園芸と呼ばれるスペースで、家の傍らで行われる。庭は通常住宅の立つ土地にあるが、屋根の上、アトリウムの中、 バルコニー上、 ウィンドウボックスパティオやビバリウムの上などにも設ける。

  • ガーデニングは公園、公共または半公共の庭園( 植物園または動物園 )、遊園地、交通回廊沿い、観光名所やガーデンホテルなどの非住宅緑地でも行われ、このような状況では、庭師またはグラウンドキーパーのスタッフが庭を維持する。
  • 観葉植物、住宅や建物内のコンサバトリーまたは温室が、屋内園芸の成長に関係してくるが、屋内の庭は時々 エアコンまたは暖房システムの一部として組み込まれており、室内園芸は秋から春にかけての生育期間を延長し、冬の園芸に活用することができます。
  • 在来の植物園芸野生生物生息地を作り出す意図があるかどうかにかかわらず、 在来植物の活用に関係している。目標は与えられた地域と調和し、それに適応した庭園を作ることで,この種の園芸は通常、水使用量、維持費、および受精費用を削減しながら、本来の動物相の関心を高めていく。
  • 水のあるガーデニングはプールや池に適応した植物の成長に関係していく。湿地庭園もウォーターガーデンの一種と見なされこれらはすべて特別な条件と考慮事項を必要とするが、単純なウォーターガーデンは水と植物を含む浴槽のみで構成される。アクアスケープでは水槽内に庭がつくられる。
  • コンテナガーデニングは屋内または屋外のいずれかのタイプのコンテナで植物を栽培することで、一般的な容器は鍋、吊り下げバスケットやプランターがあるがコンテナガーデニングは通常アトリウムやバルコニー、パティオ、屋上などで活用されている。
  • 堆肥は高床式ガーデニングや現場での堆肥化の一形態として、腐った木の山の上で植物を育てること。 [11] ドイツ借用語のそれは「マウンドガーデン」を意味する。Toby Hemenwayは パーマカルチャー作家であり教師であると述べ、溝に埋められた木材もまた死んだ木材のaleと呼ばれる巨大な文化の一種であると考えている。 [12]HugelkulturはSepp Holzerによって森林園芸とアグロフォレストリーの方法として、そしてGeoff Lawtonによる乾燥地農業砂漠緑化の方法として実践されている。[13]大量の廃木材や木質の破片を処理する方法として使用するとhugelkulturは炭素の隔離を実現。[11]これはゼロキャスティングの一種。
  • コミュニティガーデニングは、土地の区域が人々のグループによって園芸される社会活動であり、新鮮な食材や植物へのアクセス、ならびに満足のいく労働力、近隣地域の改善、コミュニティ意識および環境への接続アクセスを提供します。 [14] [15] コミュニティガーデンは通常、地方自治体または非営利団体によって信頼されて所有されています。 [16]
  • 庭を共有することは土地を必要としている庭師と土地所有者をパートナーにします。 これらの共有庭園、一般的に前面または背面ヤードは 、通常2つの当事者間で分割された食品を製造するために活用される。
  • 有機園芸では、自然で持続可能な方法、肥料、農薬を使って、遺伝子組み換え以外の作物を栽培している。

庭の特徴とアクセサリー[編集]

ガーデニングはプロとアマチュア両方が創造性を行使するため、市場で利用可能な機能や、アクセサリーも広範囲にあつかう。 これらは装飾や機能を追加するために活用され、銅、石、木、竹、 ステンレス鋼粘土ステンドグラス、コンクリート、鉄などの幅広い素材から作られており、例としてはトレリス、アーバー、彫像、 ベンチ噴水、壷 、バードバスやフィーダー、ならびにキャンドルランタンや石油ランプなどの庭の照明が挙げられる。こうしたアイテムの活用は、庭師や園芸人自身の表現の一部になることがある。

農業との比較[編集]

ハンドガーデニングツール

美のためにおこなっているガーデニングは実際には耕作とほぼ同じくらい古いが、大多数の人にとって歴史の大部分では食料や他の有用な製品の必要性から栽培を切り開いたので、本当は区別はなかったし、逆に小規模の自給自足農業(牧畜と呼ばれる)なら園芸とほとんど区別がつかない。個人的なことのためにペルーの農家やアイルランドの小規模農家によって栽培されたジャガイモのパッチが庭または農作業のいずれかとして説明することができうるが、一般人のみるガーデニングは、裕福さと遊園地の影響を受けて美やレクリエーション、レジャーなどをより重視する別分野として発展していった[17][要出典]一方、農業が発展してきた方向に先進国で商業化規模の経済性及び単作がある。

その食料生産の目的に関しても、主に規模と意図により農業は園芸より際立って[誰によって?]いるが、農業はより規模が大きく、販売可能な商品の生産が大きな動機となっており、一方ガーデニングは主に喜びと庭師自身の家族やコミュニティのために商品を生産するため小規模で行われている。市場ガーデニングと呼ばれることが多い中程度の大きさの野菜栽培が、どちらのカテゴリにも当てはまるという点で、用語間にはいくつかの重複がみられる。

庭に植える

こうしたガーデニングと農業の主な違いは、本質的には規模の違いでありガーデニングは趣味やサプリメントになることができうるが、農業は一般的に知られるように[誰によって?]フルタイムまたは商業的な活動として通常はより多くの土地を必要とし、とまったく異なる慣習を伴う。また1つの違いは、ガーデニングは労働集約的で、インフラストラクチャーの資本などはほとんど使わずバスケットじょうろなどの道具はほんの数本しか必要としない。これとは対照的に、大規模農業では灌漑システム、化学肥料収穫機や少なくとも梯子で果樹に手を差し伸ばすことがよくある。しかしこの区別は小さな庭でも電動工具の使用が増えるにつれて曖昧になっていく。

部分的には労働集約度と審美的動機のためか、ガーデニングは農業よりも土地の単位当たりの生産性がはるかに高いことがよくある。ソビエト連邦では、食料の半分は小さな農民の農園にある小さな農民の農園から供給されていた。[要出典] 資本主義にたいして幾人か[誰?]が優位性の証拠としてこれを主張し以来、コルホーズは農産物を売ることができ、その他[誰?]それがコモンズの悲劇の証拠だと考えてしまっている。

Monty Donは、現代の庭師と近世の農民との間の不可解なつながりを推測している。[18]

精密農業という言葉が時々使われ特に有機栽培品種中間技術(道具以上、収穫機以下)を用いた園芸について説明で、ガーデニングは効果的に拡大され、100人を超える人々が集まる村全体を専門の農園から養うことができる。変種は、都市居住者に場を提供するコミュニティガーデンがある。貸し農園を詳しくは参照。

芸術としての庭園[編集]

ドイツ、 ノルトライン=ヴェストファーレン州 、 メッティンゲンSchultenhofの庭園

ガーデンデザインは一般的に庭のメンテナンスを意味するガーデニングとは区別され、ほとんどは文化芸術であると考えられているが、庭のデザインには多年生、蝶、野生生物、日本語、水、熱帯、または日陰の庭など、さまざまなテーマを含めることができうる。日本では過去サムライ禅僧がしばしば装飾的な庭を造っているが、生け花として知られているフラワーアレンジメントのような関連スキルを体得することをも要求されていた。18世紀のヨーロッパでは、フランスのヴェルサイユやイギリスのストウのように、田園地帯は造園家によって整形式庭園や美しい公園に改装されていった。今日ではランドスケープアーキテクトガーデンデザイナーはプライベートガーデンスペースのための芸術的で創造的なデザインを生み出し続けており、米国ではプロのランドスケープデザイナーはランドスケープデザイナー協会によって認定されている。[19]

社会的側面[編集]

意図的であろうとなかろうと、人々は自分の政治的または社会的見解を庭園で表現することができうる。庭の問題として芝生の問題がよく再生され、これは都市計画をめぐる議論として土地倫理を決定する土地利用計画をさだめて衛生条例(例えば雑草防除)を適用かまたは土地は自然や野生の状態で一般的に存在することが許されるべきかというものがある。

有名なカナダ人権憲章の訴訟でサンドラベル対 "トロント市"は1997年、すべての在来種を栽培する権利は、有害であるかアレルギーがあると疑われる品種でさえも表現の自由の一部として支持された。

コミュニティガーデニングは、土地と庭園を共有するための多種多様なアプローチから成るが、このとき人々は自分の家や庭を生け垣で囲むことがよくある。一般的なヘッジ植物はイボタノキサンザシブナイチイレイランドヒノキツガニオイヒバメギボックス、ヒイラギ、キョウチクトウレンギョウラベンダーなどであるが、生け垣のないオープンガーデンのアイデアは、プライバシーを享受する人々にとっては不快かもしれない。

スローフード運動は、いくつかの国では食用の校庭や庭の教室を学校に追加しようとしている。例えば、オンタリオ州のファーガスでは公立学校に導入されて台所の教室が増えている。

都市の土地所有者が収穫の分け前と引き換えに庭師が自ら財産で成長を可能にする庭の共有は、自分の食物の品質を管理し、そして土と共同体と再接続したいという欲求と関連している。[20]

また、有機栽培の肥料や農薬を使って植物を栽培し、それによって生産される花や果物が環境や人々の健康に悪影響を及ぼさないようにする「グリーンガーデニング」の概念も人気を集めています。

米国および英国の用法では、建物の周りの観賞用の植栽の生産はlandscaping(造園工事)landscape maintenance(維持)またはw:grounds keeping(グラウンドキープ)と呼ばれているが、国際的な用法はこれらの同じ活動のためにgardeningという用語を使用している。

庭の害虫[編集]

庭の害虫は一般に、庭師が望ましくないと考える活動に従事する植物真菌または動物(しばしば昆虫 )で、害虫は自分の望ましい植物を密集させ、土壌を乱し、若い実生の成長を妨げるか果物を盗むかまたは損傷する、あるいはそうでなければ植物を殺し成長を妨げ外観を損なう、または植物の食用または装飾用部分の品質を低下させる。アブラムシクモダニナメクジカタツムリアリそしてさえもが一般的に庭の害虫であると考えられている。

庭師らはそれぞれ異なる目標を持っているかもしれないので「庭の害虫」と考えられる生物は庭師それぞれに異なり、例えばTropaeolum speciosumは、望ましい観賞用の園芸植物と考えられてもよいし、望まれていない場所にが植えられて成長し始めたら害虫と見なされることもある。別の例として芝生でコケが支配的になり根絶することがある可能性がある。芝生では幾つか地衣類、特にPeltigera lactucfoliaP. membranaceaなどの非常に湿った芝生地衣類は防除が困難になり、害虫と見なされることがある。

庭の害虫駆除[編集]

不要な害虫を庭から取り除く方法は多くあり、そのテクニックは害虫、庭師の目標、そして庭師の哲学によって異なる。例えばカタツムリは化学農薬、有機農薬、手摘み、障壁または単に成長しているカタツムリ抵抗性植物の活用を通して対処され得る。

有害生物防除はしばしば有機農薬または人工合成で製造される農薬の使用を通して行われる。農薬は標的種と非標的種の両方の個体群に及ぼす影響があるため、庭の生態に影響を与える可能性がある。例えば最近のミツバチ個体数の減少の要因として、ネオニコチノイド系農薬への意図しない曝露が考えられている。[21]ほくろバイブレーターは庭のほくろ活動を抑止することが可能。[22]

制御の他の手段は、より良い攻撃に耐えるように植物の健康と活力を向上させるために肥料とbiostimulantsを使用して、感染した植物の除去、輪作使用して害虫のビルドアップを防ぐためにコンパニオンプランツ[23]と、消毒や害虫をかくまう可能性がある破片や雑草除去などの衛生面で対策を打つ。

ガーデンガン[編集]

#12ショットを搭載したCCI。22 LRスネークショット

「 ガーデンガン 」は0.22口径の ヘビショットを発射するよう特別に作られた滑らかな口径のショットガンで、庭師や農家によって害虫駆除のために一般的に使用されており、15ヤードを過ぎてもほとんど害を及ぼさないほか近距離武器で15ヤードから20ヤードまで、そして標準的な弾薬と比較してヘビショットで発射されたとき比較的静かであり、屋根や壁穴に撃つ、もっと重要なのは家畜など傷つけないようにこれらの銃は納屋や小屋の内部に特に有効で、また空港倉庫、ストックヤード等での害虫防除のために活用される[24]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Douglas John McConnell (2003). The Forest Farms of Kandy: And Other Gardens of Complete Design. p. 1. ISBN 9780754609582. https://books.google.com/books?id=QYBSfUJPQXcC&lpg=PP1&pg=PA1#v=onepage. 
  2. ^ Douglas John McConnell (1992). The forest-garden farms of Kandy, Sri Lanka. p. 1. ISBN 9789251028988. https://books.google.com/books?id=G3QPo7lThXsC&lpg=PP1&pg=PA1#v=onepage. 
  3. ^ a b A Brief History of Gardening”. 2010年6月4日閲覧。
  4. ^ Ryrie, Charlie (2004). The Cottage Garden: How to Plan and Plant a Garden That Grows Itself. Collins & Brown. p. 7. ISBN 1-84340-216-5. https://books.google.com/books?id=8VfO_WIAx0wC&pg=PA7. 
  5. ^ Scott-James, Anne; Osbert Lancaster (2004). The Pleasure Garden: An Illustrated History of British Gardening. Frances Lincoln Publishers. p. 80. ISBN 978-0-7112-2360-8. https://books.google.com/books?id=IbhwIo3m3mQC&pg=PA80. 
  6. ^ アン・スコット・ジェームス コテージガーデン (ロンドン:レーン)1981、英語コテージガーデンの起源を解除mythologised、およびその秘蔵トピアリー野菜や花の間では、一般に17世紀からの家宝を表すことに
  7. ^ A Biographical Dictionary of British Architects, 1600–1840, Howard Colvin, Yale University Press, 2008 ISBN 0-300-12508-9, p 659
  8. ^ Lloyd, Christopher; Richard Bird (1999). The Cottage Garden. Jacqui Hurst. Dorling Kindersley. pp. 6–9. ISBN 978-0-7513-0702-3. 
  9. ^ Yves-Marie AllainとJanine Christiany、 ヨーロッパの城塞、CitadellesとMazenod、2006
  10. ^ Boults, Elizabeth and Chip Sullivan (2010). Illustrated History of Landscape Design. John Wiley and Sons. p. 175. ISBN 0-470-28933-3. 
  11. ^ a b hugelkultur: the ultimate raised garden beds”. www.richsoil.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  12. ^ Hemenway, Toby (2009). Gaia's Garden: A Guide to Home-Scale Permaculture. Chelsea Green Publishing. pp. 84-85. ISBN 978-1-60358-029-8.
  13. ^ Greening the Desert II” (2009年12月11日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  14. ^ What is a community garden?”. American Community Garden Association (2007年). 2007年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  15. ^ Hannah、AK&Oh、P.(2000)都市貧困の再考:コミュニティガーデンズの展望。 科学技術と社会の紀要。 20(3)。 207-216。
  16. ^ Ferris、J。、Norman、C。およびSempik、J。(2001)人、土地および持続可能性:コミュニティガーデンおよび持続可能な開発の社会的側面社会政策と行政 35(5)。 559-568
  17. ^ Mickey, Thomas J. (2008) [2003]. Deconstructing Public Relations: Public Relations Criticism. Routledge Communication Series. Mahwah, New Jersey: Routledge. p. 43. ISBN 9781135652210. https://books.google.com/books?id=wxaQAgAAQBAJ 2018年1月21日閲覧. "The number-one leisure activity in the United States is gardening." 
  18. ^ Swift, Joe (2012). “Summer at the plot”. Joe's Allotment: Planning and planting a productive plot. Random House. ISBN 9781409070139. https://books.google.com/books?id=6c3UyYKo1EEC 2018年1月20日閲覧. "I suppose it is an atavistic connection with the land and the completely honourable peasant mentality, that was lost in Britain with the Industrial Revolution, yet persists in our gardens and allotments." 
  19. ^ APLD.org
  20. ^ 2008年9月4日、都市の共有作家 The Guardianに [1]
  21. ^ A Common Pesticide Decreases Foraging Success and Survival in Honey Bees”. 2012年3月29日閲覧。
  22. ^ Mole-ested”. 2014年5月28日閲覧。
  23. ^ The Self-Sufficient Gardener Podcast--Episode 24 Companion Planting and Crop Rotation”. 2010年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月13日閲覧。
  24. ^ Eger (2013年7月28日). “Marlin 25MG Garden Gun”. Marlin Firearms Forum. Outdoor Hub LLC. 2016年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月17日閲覧。
サンフランシスコのかつての中央高速道路の傾斜路にある、コミュニティで建てられた農場、Hayes Valley Farmにソラマメの木が植えられた