ガーネットステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ガーネットステークス(廃止時)
開催国 日本の旗 日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 中山競馬場
創設 1997年1月12日(重賞格上)
2008年の情報
距離 ダート1200m
格付け GIII[1]
賞金 1着賞金3900万円[1]
出走条件 サラブレッド系4歳以上(国際)(指定)[1]
負担重量 ハンデキャップ[1]
テンプレートを表示

ガーネットステークスは、日本中央競馬会 (JRA) が中山競馬場ダート1200メートルで施行していた中央競馬重賞GIII統一GIII競走である。競走名は、1月誕生石である柘榴石(ざくろいし:ガーネット)に由来。

概要[編集]

1983年までは5歳(現4歳)以上牝馬限定の中山競馬場の芝1600mのオープン特別、1984年から1986年までは5歳(現4歳)以上牝馬限定の同競馬場のダート1200mの1300万下(1986年のみ1400万下)条件戦、1987年から1995年まで同競馬場のダート1800mのオープン特別、1996年東京競馬場のダート1600mのオープン特別として施行されていたガーネットステークスを1997年から重賞競走として新設し、重賞競走としての第1回は同じく中山競馬場のダート1200mで施行され、同様にGIIIに格付けされた。

創設年にGI競走に昇格したフェブラリーステークス根岸ステークスの前哨戦として、ダートの短距離を得意とする競走馬が出走していた。

2008年の出走資格は、サラ系4歳(旧5歳)以上のJRA所属の競走馬外国産馬含む)と、JRAに認定された地方所属の競走馬(4頭まで)及び外国調教馬(8頭まで)[1]

負担斤量条件は、ハンデキャップであった。

2008年の賞金は、1着3,900万円、2着1,600万円、3着980万円、4着590万円、5着390万円[1]

2008年に新設されたカペラステークスにその機能を引き継ぎ、2009年に廃止された。廃止後の2009年からはガーネットステークスと同じ中山競馬場のダート1200mで施行されていたジャニュアリーステークスがオープン特別の競走として施行されている(それまでは1600万下条件)。

歴史[編集]

  • 1983年以前 中山競馬場の芝1600mの5歳(現4歳)以上の牝馬限定のオープン特別、ガーネットステークスとして施行。
  • 1984年
    • 1300万下条件特別に降格。
    • 施行距離をダート1200mに変更。
  • 1985年 1400万下条件特別に変更。 
  • 1987年
    • オープン特別に再昇格。
    • 出走条件を5歳(現4歳)以上の別定重量に変更。
    • 施行距離をダート1800mに変更。
  • 1989年 混合競走に指定。
  • 1996年 福島競馬場の改修工事の調整による振替開催により東京競馬場のダート1600mで施行。
  • 1997年
    • 指定競走に指定。
    • GIIIに昇格。
    • ダート競走格付け委員会にGIII(統一GIII)に格付け。
    • 負担条件がグレード別定重量に変更。
    • 施行距離をダート1200mに戻す。
  • 2001年
    • 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走資格が「5歳以上」から「4歳以上」に変更。
    • ビーマイナカヤマが史上初の連覇。
    • 鹿戸雄一騎手として史上初の連覇。
    • 高市圭二調教師として史上初の連覇。
  • 2002年
    • 東京競馬場の改修工事の調整による振替開催により東京競馬場のダート1200mで施行。
    • ブロードアピールがJRA史上初となる8(旧9)歳牝馬による重賞制覇。
  • 2003年 負担条件がハンデキャップに変更[2]
  • 2006年 混合競走から国際競走に変更。
  • 2007年 田中勝春が騎手として史上2人目の連覇。
  • 2008年 この年をもって廃止。競走機能はカペラステークスに引き継がれる。
  • 2009年 1600万下条件で施行されていたジャニュアリーステークスが当レースと同じ条件で施行され、事実上当レースの機能をカペラステークスと共に引き継いだ。

歴代優勝馬[編集]

重賞格付け以前[編集]

施行日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主 クラス
1982年1月6日 コンパニオン 牝5 1:36.3 中島啓之 奥平真治 塩入満男 牝・オープン特別
1983年1月9日 タケノハッピー 牝6 1:36.5 伊藤正徳 尾形充弘 大沢良丈 牝・オープン特別
1984年1月15日 ミホノヒーロー 牝4 1:11.6 平目孝志 二本柳一馬 菅井嘉郎 牝・1300万条件
1985年1月13日 ノーザンキーラー 牝5 1:11.9 安田富男 松永勇 常本梢隆 牝・1400万条件
1986年1月12日 ミスアミット 牝5 1:10.4 増沢末夫 尾形盛次 藤田美屋野 牝・1400万条件
1987年1月18日 マキノハタ 牝5 1:52.7 根本康広 橋本輝雄 橋本一夫 オープン特別
1988年1月9日 シャコーミキスキー 牝6 1:50.5 田村正光 矢野照正 (株)シャコー オープン特別
1989年1月13日 タイガールイス 牡6 1:51.5 岡部幸雄 阿部新生 穴澤正 オープン特別
1990年1月6日 カリブソング 牡4 1:52.7 柴田政人 加藤修甫 (株)荻伏牧場レーシング・クラブ オープン特別
1991年1月7日 タケデンマンゲツ 牡5 1:51.7 増沢末夫 元石孝昭 武市伝一 オープン特別
1992年1月11日 ブリザード 牡4 1:51.3 根本康広 橋本輝雄 高津文博 オープン特別
1993年1月6日 ミスタートウジン 牡7 1:52.3 的場均 福島信晴 藤立啓一 オープン特別
1994年1月6日 ダイカツジョンヌ 牝6 1:52.8 鹿戸雄一 相川勝敏 加藤豊三 オープン特別
1995年1月7日 ダンディテシオ 牡6 1:50.2 加藤和宏 久恒久夫 飯島和吉 オープン特別
1996年1月6日 タイキパイソン 5 1:37.1 岡部幸雄 藤沢和雄 (有)大樹ファーム オープン特別

重賞格付け以後[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1997年1月12日 ストーンステッパー 牡4 1:10.8 熊沢重文 目野哲也 小川勲
第2回 1998年1月10日 スーパーナカヤマ 牡4 1:09.1 武豊 小西一男 (株)信和商会
第3回 1999年1月10日 ワシントンカラー 牡5 1:10.3 柴田善臣 松山康久 (株)テンジン
第4回 2000年1月9日 ビーマイナカヤマ 牡6 1:10.2 鹿戸雄一 高市圭二 (有)中山牧場
第5回 2001年1月7日 ビーマイナカヤマ 牡7 1:09.5 鹿戸雄一 高市圭二 (有)中山牧場
第6回 2002年1月6日 ブロードアピール 牝8 1:10.3 武豊 松田国英 金子真人
第7回 2003年1月12日 ニホンピロサート 牡5 1:10.5 横山典弘 目野哲也 小林百太郎
第8回 2004年1月11日 マイネルセレクト 牡5 1:10.9 武豊 中村均 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
第9回 2005年1月9日 メイショウボーラー 牡4 1:10.2 福永祐一 白井寿昭 松本好雄
第10回 2006年1月8日 リミットレスビッド 牡7 1:10.5 田中勝春 加用正 (有)社台レースホース
第11回 2007年1月7日 スリーアベニュー 牡5 1:10.0 田中勝春 小野幸治 永井商事(株)
第12回 2008年1月13日 タイセイアトム 牡5 1:10.4 吉田豊 矢作芳人 田中成奉

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 第1回中山競馬成績集計表(平成20年1月5日~1月27日 8日間) (PDF)”. 日本中央競馬会. pp. 57-58. 2015年5月4日閲覧。
  2. ^ ダートグレード競走年間予定”. 地方競馬全国協会. 2003年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月18日閲覧。
  • 各回競走結果の出典
    • (1997年-2005年)『中央競馬全重賞競走成績集【古馬関東編】』 日本中央競馬会、2006年、91-110頁。
    • JRA年度別全成績
      • 2008年 (PDF)”. pp. 57-59. 2014年9月1日閲覧。(索引番号:00047)
      • 2007年 (PDF)”. pp. 30-32. 2014年9月1日閲覧。(索引番号:00023)
      • 2006年 (PDF)”. pp. 43-44. 2014年9月1日閲覧。(索引番号:00035)
      • 2005年 (PDF)”. pp. 43-44. 2014年9月1日閲覧。(索引番号:00035)
      • 2004年 (PDF)”. pp. 45-46. 2014年9月1日閲覧。(索引番号:00035)
      • 2003年 (PDF)”. pp. 58-59. 2014年9月1日閲覧。(索引番号:00047)
      • 2002年 (PDF)”. pp. 31-32. 2014年9月1日閲覧。(索引番号:00023)
    • (2001年) 平成13年度重賞競走成績. 日本中央競馬会. (2001). pp. 3-4(索引番号:00035). 
    • (2000年) 平成12年度重賞競走成績. 日本中央競馬会. (2000). pp. 3-4(索引番号:00047). 
    • 1982年 - 「新馬・特別レース勝馬一覧(1回中山・1回京都)」『優駿』1982年3月号、日本中央競馬会、108頁
    • 1983年 - 「新馬・特別レース勝馬一覧」『優駿』1983年3月号、日本中央競馬会、134頁
    • 1984年 - 「新馬・特別レース勝馬一覧」『優駿』1984年3月号、日本中央競馬会、148頁
    • 1985年 - 「新馬・特別レース勝馬一覧」『優駿』1985年3月号、日本中央競馬会、144頁
    • 1986年 - 1999年 JBISサーチ 2015年5月4日閲覧

関連項目[編集]