ガールズケイリンコレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガールズケイリンコレクション
概要
開催時期 3月・5月・8月
開催地域 持ち回り
分野 競輪
カテゴリー FII
形態 一発勝負
主催者 持ち回り
歴史
初回開催年 2013年
開催回数 21
初代優勝者 中村由香里
最多優勝者 小林優香(6回)
直近優勝者 石井寛子(2019年8月・ドリームレース)
テンプレートを表示

ガールズケイリンコレクションとは、ガールズケイリン(女子競輪)選手のうち、競走成績・トライアルレース・ファン投票でそれぞれ選抜された7名ないし14名が、一発勝負(一回勝負)で覇を競う特別競走の名称である。格付けはFII

概要[編集]

当レースは、男子の「競輪」における特別競輪GI)に相当するレースであり、「ガールズグランプリ」、「ガールズケイリンフェスティバル」と併せて称される『ガールズケイリン特別レース』の一つでもある。

旬を迎えた選手による競走の名称に、ファッションショーなどで使用される『コレクション』(高級衣装店やデザイナーが、そのシーズン用に発表する作品。またその発表会の意)を用いることで、女性らしさをアピールしている[1]

2013年2月、高松競輪場にて初開催。以降、年3回開催されているが、レースはGIまたはGII開催期間中に組み込まれているため、そのGIまたはGIIレースのスケジュールの影響で開催時期は年次により若干の変動がある。2016年以降はGIレースまたはGIIレース開催期間中の3月・5月・8月に開催されている。

呼称は各回それぞれ、開催年と開催地に合わせて「20●●年(西暦)××(開催地)ステージ」としている。

賞金[編集]

近年の各着順における賞金額は、以下の通り。( )内は副賞(1着に授与)を含んだ金額。

開催年 ステージ名 レース名 1着 2着 3着 4着 5着 6着 7着
2018年 『松山ステージ』(3月)[2] - 203万円(213万円[3][4] 72万円 41万円 35万円 30万円 25万円 20万円
『平塚ステージ』(5月)[2]
『いわき平ステージ』(8月) ガールズドリームレース[5] 203万円(313万円[6]
アルテミス賞レース[7] 45万円 22万円 17万円 14万円 13万円 12万円 11万円
2019年 『大垣ステージ』(3月)[8] - 203万円(213万円[9][10] 72万円 41万円 35万円 30万円 25万円 20万円
『松戸ステージ』(5月)[8]
『名古屋ステージ』(8月) ガールズドリームレース[11] 203万円(313万円[12]
アルテミス賞レース[13] 45万円 22万円 17万円 14万円 13万円 12万円 11万円

2013年[編集]

大まかには、2012年に第一回が行われたガールズグランプリと選考基準が類似しているが、2013年の『高松ステージ』(2月)と『前橋ステージ』(6月)は、5名までが平均競走得点順にそれによって選出されたものの、残る2名は運営調整部会において決定された[14]。『京王閣ステージ』(9月)はオールスター競輪内での開催ということで、ファン投票によって得票上位7名が選考された[15]。なお、ガールズケイリン登録全選手が投票対象となる[16]

優勝賞金は200万円であった[17]

2014年以降[編集]

2014年以降は、各開催によって出場選手の選抜条件は異なっている。また、回数を重ねるごとに開催時期や選抜条件が変更されている。

2017年までは、3月開催では平均競走得点により正選手7名・補欠選手1名を、5月開催では3着以内の回数が多い順により正選手7名・補欠選手1名を、8月開催ではファン投票により得票数の多い順により正選手7名(2016年以前)ないし14名(2017年以降)・補欠選手1名を、それぞれ選抜した。また、夏季オリンピック開催翌年の3月開催・5月開催では、当該オリンピック大会での自転車競技トラック個人種目メダル獲得者は優先で選抜するという条件も付与された。

2018年からは、3月開催・8月開催については変更はないが、5月開催については前もって行われるトライアルレースを勝ち抜いた正選手7名・補欠選手1名が出場できることとなった。

現在の各開催における選考基準については、こちら(「ガールズケイリンコレクション」を選択)も参照のこと。

3月開催[編集]

3月開催は、成績の基準である平均競走得点によって選抜される。2016年までは日本選手権競輪第5日に開催されたが、2017年以降はウィナーズカップ(GII)最終日に開催されている。

  • 選考期間…前年7月 - 12月、選考…1月、最低出走回数…24出走
    1. 運営調整部会が特に認めた選手。これについては選手選考以前に決定する。
      • 2018年と2019年の小林優香。いずれも最低出走回数は満たしていないが、選考順位は第1位であった[18][19]
    2. 平均競走得点上位者を順次選抜する。
なお、補欠選手は正選手を除く平均競走得点上位者からさらに順次選抜される。

5月開催[編集]

5月開催(2015年までは6月開催)は、2015年は高松宮記念杯競輪最終日に開催されたが、2016年以降は日本選手権競輪第3日に開催されている。

5月開催では、出場権をかけて選考期間中平均競走得点上位者42名によりトライアルレースを行い、そのトライアルレースにおける成績最上位7名が出場する(2018年以降)[20]

  • 選考期間…前年8月 - 10月、選考…2月、最低出走回数…12出走
  • 選考レース…1月毎週末(中〜下旬の3週間)
    1. 14名ずつ、平均競走得点上位順に、A組(1位、6位、7位、12位、13位、18位、19位、24位、25位、30位、31位、36位、37位、42位)、B組(2位、5位、8位、11位、14位、17位、20位、23位、26位、29位、32位、35位、38位、41位)、C組(3位、4位、9位、10位、15位、16位、21位、22位、27位、28位、33位、34位、39位、40位)の3組に組分け
    2. 各組とも選考レースで初日・2日目にポイント制の予選2レース(1レース7名)を実施、予選2レースで獲得したポイント合計の上位7名が3日目の決勝レースに出場
      予選レースにおけるポイントの設定は、通常のガールズケイリンレースと同様(詳細はこちらを参照)
    3. 各組決勝レースにおける1着・2着6名と、①決勝競走の着位上位者②選考期間における平均競走得点上位者の順で1名、の計7名が出場権を獲得
(参考)2017年以前

車券の対象となる3着以内に入ることによって車券に貢献している選手が選抜される。

  • 選考期間…前年8月 - 当年1月、選考…2月、最低出走回数…24出走
    1. 運営調整部会が特に認めた選手
      これについては選手選考以前に決定する。
    2. 3連対率上位者を順次選抜する。
なお、補欠選手は正選手を除く3連対率上位者からさらに順次選抜される。

8月開催[編集]

8月開催(2015年までは9月開催)は、オールスター競輪2日目と4日目(2013年・2014年は4日目のみ、2015年・2016年は2日目のみ)に開催されるため、ファン投票(『ガールズケイリン総選挙』)によって選抜される。この8月(9月)開催ではファン投票による得票数の多い順に枠が割り当てられており、得票数第1位が1番枠、第2位が2番枠、…となっている(2017年以降のアルテミス賞レースでも同様に、得票数第8位が1番枠、第9位2番枠、…の順で決められている)。また、優勝賞金は副賞込みで313万円であり、年3回の開催の中で最も高い賞金額となっている。

  • 選考期間…前年12月 - 当年5月、選考…6月、最低出走回数…24出走[21]
  • ファン投票得票数上位者を順次選抜する。〔ガールズドリームレース〕ファン投票得票数1位〜7位、〔アルテミス賞レース〕ファン投票得票数8位〜14位、で選出。

2013年開催は一発投票で、投票についても2013年は投票用紙での受付であった。2014年から2016年の開催では投票はインターネット上のみ(予選・決戦とも)とされ、予選投票を行い上位14名を選抜した後、さらに決選投票で上位7名を選抜した。補欠選手については、正選手を除くファン投票得票数上位者からさらに順次選抜される。

なお、2019年の『ガールズケイリン総選挙』より、前年下期の平均競走得点が47点未満の選手は投票対象外とされた(2018年ではアルテミス賞レースに選出された山本レナが代謝制度[22][23]により直前の同年7月に引退したため)。

2017年以降[編集]

投票は、これまでのインターネットに加え、競輪場・専用場外車券売場でも実施する。

また、2017年以降の8月開催については、従来のファン投票第1位〜第7位に加え、第8位〜第14位の選手によるレースも行うことになった[24]。レース名称はそれぞれ以下の通り。

  • 「ガールズドリームレース」(ファン投票第1位〜第7位)
    • 男子のオールスター競輪ファン投票第1位〜第9位による「ドリームレース」に該当。4日目第9レースに実施。
  • 「アルテミス賞レース」(ファン投票第8位〜第14位)
    • 男子のオールスター競輪ファン投票第10位〜第18位による「オリオン賞レース」に該当。オリオン座の神話に登場する月の女神・狩りの女神であるアルテミスを引用。2日目第9レースに実施。

レース成績[編集]

月日 開催場 レース名 優勝 2着 3着 4着 5着 6着 7着 レース概要 3連単配当 ファン投票第1位
2013年 2月24日 高松 - 中村由香里 加瀬加奈子 中川諒子 増茂るるこ 三輪梓乃 小林莉子 <落棄>山口菜津子 [1] ①③④ 900円 -
6月30日 前橋 - 加瀬加奈子 中村由香里 渡辺ゆかり 中山麗敏 篠崎新純 浦部郁里 中川諒子 [2] ④⑥② 2,480円 -
9月15日 京王閣 - 石井寛子 中川諒子 小林莉子 中村由香里 田中まい <落棄>山原さくら <落棄>中山麗敏 [3] ①④⑥ 19,230円 加瀬加奈子[25]
2014年 3月22日 名古屋 - 石井寛子 加瀬加奈子 梶田舞 中川諒子 中山麗敏 山原さくら 中村由香里 [4] ⑤⑥③ 5,290円 -
6月29日 取手 - 中村由香里 加瀬加奈子 中川諒子 小林莉子 石井寛子 山原さくら 梶田舞 [5] ②①③ 4,240円 -
9月14日 前橋 - 小林優香 石井寛子 石井貴子(106期) 加瀬加奈子 小川美咲 田中麻衣美 <落再>中村由香里 [6] ⑤②① 1,200円 石井貴子(106期)
2015年 3月21日 京王閣 - 小林優香 石井貴子(106期) 梶田舞 加瀬加奈子 奥井迪 石井寛子 山原さくら [7] ②⑤① 18,440円 -
6月21日 岸和田 - 小林優香 奥井迪 小林莉子 加瀬加奈子 石井寛子 <落棄>荒牧聖未 <落棄>梶田舞 [8] ②⑤⑥ 9,330円 -
9月20日 松戸 - 石井貴子(106期) 高木真備 加瀬加奈子 小林優香 梶田舞 石井寛子 長澤彩 [9] ④③⑥ 228,210円 石井寛子
2016年 3月12日 名古屋 - 山原さくら 奥井迪 児玉碧衣 <落再>石井寛子 <落棄>梶田舞 <落棄>石井貴子(106期) <失格>小林優香 [10] ⑦④⑥ 122,360円 -
5月02日 静岡 - 小林優香 小林莉子 山原さくら 尾崎睦 奥井迪 児玉碧衣 石井貴子(106期) [11] ②⑥⑦ 17,850円 -
8月12日 松戸 - 高木真備 児玉碧衣 梶田舞 奥井迪 石井寛子 山原さくら 小川美咲 [12] ①②④ 12,350円 高木真備
2017年 3月20日 高松 - 石井貴子(106期) 児玉碧衣 石井寛子 梶田舞 高木真備 荒牧聖未 奥井迪 [13] ⑥①④ 97,420円 -
5月04日 京王閣 - 長澤彩 荒牧聖未 梶田舞 小林莉子 石井貴子(106期) 奥井迪 児玉碧衣 [14] ④②⑦ 66,110円 -
8月12日 いわき平 ア賞 石井寛子 小林莉子 加瀬加奈子 中川諒子 長澤彩 田中まい 石井貴子(104期) [15] ①②③ 2,000円 児玉碧衣
8月14日 DR 高木真備 小林優香 梶田舞 石井貴子(106期) 奥井迪 児玉碧衣 山原さくら [16] ④②③ 12,960円
2018年 3月21日 松山 - 小林優香 児玉碧衣 高木真備 奥井迪 鈴木美教 石井寛子 尾崎睦 [17] ①④⑦ 1,900円 -
5月03日 平塚 - 石井貴子(106期) 児玉碧衣 鈴木美教 太田りゆ 高木真備 内村舞織[26] 山原さくら [18] ⑥①④ 9,430円 -
8月16日 いわき平 ア賞 長澤彩 鈴木美教[27] 小林莉子[27] 太田りゆ 元砂七夕美 尾崎睦[27] 石井貴子(104期) [19] ②⑦⑤ 4,320円 児玉碧衣
8月18日 DR 児玉碧衣 石井貴子(106期) 石井寛子 梶田舞 奥井迪 高木真備 山原さくら[28] [20] ①⑥③ 2,520円
2019年 3月24日 大垣 - 小林優香 児玉碧衣 石井寛子 梶田舞 山原さくら 石井貴子(106期) 梅川風子 [9] ①②③ 780円 -
5月04日 松戸 - 児玉碧衣 尾崎睦 田中まい 石井寛子 小林莉子 高木真備 佐藤水菜 [21] ①⑥⑦ 24,220円 -
8月15日 名古屋 ア賞 長澤彩 梶田舞 荒川ひかり 奥井迪 佐藤水菜 石井貴子(104期) <落再>小林莉子 [22] ⑤①⑦ 27,690円 児玉碧衣
8月17日 DR 石井寛子 児玉碧衣 小林優香 石井貴子 山原さくら <落棄>高木真備 <失格>太田りゆ [23] ④①② 17,670円

【注釈】ア賞=アルテミス賞レース、DR=ガールズドリームレース、優勝者名横の○数字は優勝回数、<落棄>=落車棄権、<落再>=落車再入

今後の開催予定[編集]

  • 2020年福井ステージ(第1戦) - 2020年(令和2年)3月29日(福井競輪場
  • 2020年静岡ステージ(第2戦) - 2020年(令和2年)5月(静岡競輪場)
  • 2020年名古屋ステージ(第3戦) - 2020年(令和2年)8月(名古屋競輪場)
  • 2021年松阪ステージ(第1戦) - 2021年(令和3年)3月 (松阪競輪場

脚注・出典[編集]

  1. ^ ガールズケイリン特別レースの実施及び名称について (PDF)
  2. ^ a b ガールズケイリンコレクション2018(L1C) 副賞を含まない金額
  3. ^ 日刊スポーツ大阪本社版、2018年3月22日付17面
  4. ^ 日刊スポーツ大阪本社版、2018年5月3日付12面
  5. ^ ガールズドリームレース2018(L1D) 副賞を含まない金額
  6. ^ 日刊スポーツ大阪本社版、2018年8月18日付15面
  7. ^ アルテミス賞レース2018(L1A) 副賞を含まない金額
  8. ^ a b ガールズケイリンコレクション(L1C) 副賞を含まない金額
  9. ^ a b これが世界レベルか!小林優香が堂々の優勝/ガールズケイリンコレクション2019大垣ステージ”. morecadence.jp (2019年3月25日). 2019年4月3日閲覧。
  10. ^ 日刊スポーツ大阪本社版、2019年5月2日付14面
  11. ^ ガールズドリームレース2019(L1D) 副賞を含まない金額
  12. ^ 日刊スポーツ大阪本社版、2019年8月17日付15面
  13. ^ アルテミス賞レース2019(L1A) 副賞を含まない金額
  14. ^ ガールズケイリンコレクション2013 前橋ステージ(FⅡ) 参加選手数及び選抜方法 (PDF)
  15. ^ ガールズケイリンコレクション2013京王閣ステージ(FII)の実施日程の決定について
  16. ^ 「ガールズケイリンコレクション」出場7選手はファン投票で選出
  17. ^ ガールズケイリンコレクション2013 前橋ステージ(FⅡ) 賞金表 (PDF)
  18. ^ ガールズケイリンコレクション2018松山ステージ(FⅡ) 出場予定選手 (PDF)”. KEIRIN.JP (2018年1月23日). 2018年1月23日閲覧。
  19. ^ ガールズケイリンコレクション2019大垣ステージ 出場予定選手決定!”. ガールズケイリン情報配信サイト (2019年1月25日). 2019年5月2日閲覧。
  20. ^ ガールズケイリンコレクション2018 平塚ステージ・トライアルレース (PDF)”. KEIRIN.JP (2017年8月11日). 2017年8月12日閲覧。
  21. ^ 小林優香など公務(世界選手権やワールドカップ等に出場)により最低出走回数を満たさない場合は例外。
  22. ^ ガールズケイリンにおける登録審査制度(代謝制度)の概要
  23. ^ ガールズケイリンにおける登録審査制度(代謝制度)の流れ
  24. ^ ガールズケイリンの平成29年度の取組みについて - ガールズケイリン情報配信サイト、2017年3月24日配信
  25. ^ 交通事故誘発による斡旋自粛期間にあたったため出場辞退
  26. ^ 大久保花梨あっせん停止による繰り上げ出場
  27. ^ a b c 小林優香・加瀬加奈子欠場、山本レナ引退による繰り上げ出場
  28. ^ 小林優香欠場による繰り上げ出場