キェルチャのヴィンツェンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キェルチャのヴィンツェンティ

キェルチャのヴィンツェンティ (ポーランド語:Wincenty z Kielczy、1200年頃 – 1262年以降)は、ポーランドクラクフ律修司祭ラテン語詩人、ドミニコ会士。オポーレ県のキェルチャ村出身とされている。彼の主な業績としては、もっとも有名な中世ポーランドの讃美歌「歓喜せよ、母なるポーランド」を作曲したことや、シュツェパノフのスタニスラウス列聖のための伝記を著したことなどが挙げられる[1]

脚注[編集]

  1. ^ Nora Berend; Przemysław Urbańczyk; Przemysław Wiszewski (2013). Central Europe in the High Middle Ages: Bohemia, Hungary and Poland, c.900–c. 1300. Cambridge, United Kingdom: Cambridge University Press. p. 482. ISBN 978-0-521-78156-5. https://books.google.com/books?id=5eNRAgAAQBAJ&pg=PA482 2015年10月13日閲覧。.