キエフ旅客駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キエフ旅客駅ウクライナ語: "Київ-Пасажирський"クィーイィヴ・パサジールスィクィイ)は、ウクライナ鉄道・南西鉄道の主要ターミナル駅である。ウクライナの首都キエフ中心部に近い北緯50度26分26秒東経30度29分22秒に位置している。通常は単に「ターミナル」と呼ばれるが、「キエフ・パス」 (Київ-Пас) という略称も用いられている。

概要[編集]

開業当時のキエフ旅客駅の風景

歴史[編集]

キエフの鉄道駅は、古く1868年から1870年の間に建設された。キエフ・バールタおよびキエフ・クールスク間の鉄道の中間駅として、1870年に竣工した。駅は、ルィビヂ川によって形成された丘陵地帯の上に位置している。煉瓦造りの駅は、M・V・ヴィシュネヴェーツキイの設計により古イギリス・ゴシック様式で作られていた。

駅は、1927年から1932年の間に新しく建て直された。デザインはO・ヴェルブィーツキイによってなされ、伝統的なウクライナ・バロック様式にロシア構成主義の要素が融合されたものが採用された。2001年には、駅舎はかつての状態に復元された。また同年、まったく新しい近代的な「南ターミナル駅」が近隣に建設された。

現状[編集]

キエフ旅客駅は、キエフの主要旅客駅である。2005年には、1日に17万人の利用者があった。キエフ旅客駅では、国際線を含む長距離列車(ポーイィズド)と短距離電車エレクトルィーチュカ)が発着している。近くにはキエフ地下鉄1号線のヴォグザーリナ駅があり、市内各所への連絡手段となっている。

正式には、キエフ旅客駅は旅客ターミナル、鉄道路線、停車場などすべてとその職員を含んだ総合の名称である。一般に、このような施設はソ連でもソ連崩壊後の各独立国でも「ヴォグザール」(ターミナル駅)と呼ばれており、「キエフ旅客駅」という正式名称は口語では用いられず、たんに切符時刻表に記載されているだけである。

関連項目[編集]

画像リンク[編集]