キコ・カシージャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカシージャ第二姓(母方の)はコルテスです。
キコ・カシージャ Football pictogram.svg
Kiko Casilla 2015.jpg
エスパニョール時代のカシージャ (2015年)
名前
本名 フランシスコ・カシージャ・コルテス
Francisco Casilla Cortés
ラテン文字 Kiko Casilla
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1986-10-02) 1986年10月2日(33歳)
出身地 アルコベル英語版
身長 191cm
体重 84kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 リーズ・ユナイテッドFC
ポジション GK
背番号 13
利き足 右足
ユース
2000 スペインの旗 ジムナスティック
2000-2004 スペインの旗 レアル・マドリード
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2006 スペインの旗 レアル・マドリードC 8 (0)
2005-2007 スペインの旗 レアル・マドリード・B 5 (0)
2007-2008 スペインの旗 エスパニョールB 25 (0)
2008-2015 スペインの旗 エスパニョール 115 (0)
2008-2010 スペインの旗 カディス (loan) 66 (0)
2010-2011 スペインの旗 カルタヘナ (loan) 35 (0)
2015-2019 スペインの旗 レアル・マドリード 25 (0)
2019- イングランドの旗 リーズ・ユナイテッド 0 (0)
代表歴2
2005 スペインの旗 スペイン U-19 3 (0)
2008 スペインの旗 スペイン U-21 1 (0)
2014- スペインの旗 スペイン 1 (0)
2010- カタルーニャ州の旗 カタルーニャ 5 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年1月17日現在。
2. 2014年11月18日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

フランシスコ・"キコ"・カシージャ・コルテス(Francisco "Kiko" Casilla、1986年10月2日 - )は、スペイン王国カタルーニャ州アルコベル英語版出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパーイングランドフットボールリーグ・チャンピオンシップリーズ・ユナイテッドFC所属。

2000年から2007年までレアル・マドリードの下部組織に所属していた。2007年にRCDエスパニョールに移籍してプリメーラデビューし、エスパニョールでは公式戦126試合に出場。2015年に古巣のレアル・マドリードに移籍。

経歴[編集]

ユース時代[編集]

カタルーニャ州タラゴナ県アルコベルに生まれた[1]。当初は地元のジムナスティック・タラゴナの下部組織に所属したが、13歳だった1999年に首都マドリードにあるレアル・マドリードの下部組織に移った[1]。2005年にはレアル・マドリードCからセグンダ・ディビシオンレアル・マドリードBに昇格したが、2005-06シーズンはジョルディ・コディーナダビド・コベーニョの後ろの第3キーパーに過ぎず、4試合のみに出場した。2006年には正キーパーだったコベーニョが移籍し、カシージャは出場機会の増加が見込まれたが、2006-07シーズンにはコディーナが正キーパーとなり、年下のアントニオ・アダンがコディーナの控えキーパーとなった。カシージャはシーズン最終戦が唯一の出場機会となり、チームはセグンダ・ディビシオンBに降格した。

エスパニョール[編集]

2007年8月、自由契約となったカシージャは地元カタルーニャ州にあるRCDエスパニョールに移籍した[2]。この際には保有権の50%がレアル・マドリードに残されている[3]。2007-08シーズン当初はRCDエスパニョールBでプレーしていたが、2008年1月20日のレアル・バリャドリード戦でトップチームデビュー。本来の正キーパーであるカルロス・カメニはカメルーン代表の活動で不在であり、先発出場したイニャキ・ラフエンテが後半開始2分後に負傷したことでカシージャに出場のチャンスが回ってきたのだった。同1月にはアーセナルFCがカシージャに興味を示していると報じられた。2007-08シーズンは4試合に出場した[1]

2008年にはクリスティアン・アルバレスが加入し、カシージャはカメニとアルバレスにトップチームから締め出された。2008-09シーズンはセグンダ・ディビシオンBカディスCFに期限付き移籍した。カシージャは出場機会を増やし、カディスはセグンダ・ディビシオン昇格を決めた。2009-10シーズンもカディスへの期限付き移籍が延長され、セグンダ・ディビシオンでもほとんどの試合に出場したが、チームはセグンダ・ディビシオンBに逆戻りした。

2010-11シーズン開幕戦はエスパニョールのトップチームのベンチで迎えたが、2010年8月31日にセグンダ・ディビシオンのFCカルタヘナに期限付き移籍した。シーズン終了後にペリコに戻ると、2011-12シーズンはアルバレスと正キーパー争いを繰り広げた。2013年にこのアルゼンチン人キーパーが去ると、カシージャは不動のスターターとなった[2]。プリメーラ・ディビシオンで完全にポジションをつかんだのは27歳になってからだった[1]。2015年2月にはプリメーラ通算100試合出場を達成[1]。2015年2月1日のセビージャFC戦ではペナルティエリア外でイアゴ・アスパスのシュートを手で弾いて退場処分を受けたが、2014-15シーズンは出場停止試合以外の37試合に出場した[2]。2013-14シーズンと2014-15シーズンのセーブ数の合計ではリーグ1位(209セーブ)だった[1]。エスパニョールとは2018年までの契約を結んでおり、契約解除金は2000万ユーロに設定されていた[3]

レアル・マドリード[編集]

2015年7月17日、カシージャはレアル・マドリードと5年契約を交わした[2]。エスパニョール移籍時にもレアル・マドリードはカシージャの保有権を50%所有しており、買い取りオプション行使の可能性を予告していた[4]。エスパニョールは一度400万ユーロのオファーを退けており、これを受けてレアル・マドリードはオファーを600万ユーロまで増額したとされている[5]。移籍金は420万ユーロとも報じられているが、正式な金額は明らかにされていない[2]。レアル・マドリードはイケル・カシージャスが退団し、信頼のおけるキーパーを探していた[2]。しかしレアル・マドリードではケイロル・ナバスの控えに留まり、2018年夏にティボー・クルトワが加入すると第3GKという扱いになり、退団が報じられた。

リーズ・ユナイテッド[編集]

2019年1月17日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズ・ユナイテッドに完全移籍。契約期間は4年6ヵ月[6]

代表歴[編集]

2014年8月29日にはビセンテ・デル・ボスケ監督によってスペイン代表に初招集され、9月に開催されるフランス戦とマケドニア共和国戦の23人のスカッドに選ばれた[7]。この際はイケル・カシージャスダビド・デ・ヘアの後ろの第3キーパーという位置づけだった。10月のEURO予選、スロバキア戦とルクセンブルク戦にも招集されたが、この際にも出場機会はなかった。11月18日にビーゴで行われたドイツとの親善試合では、77分にカシージャスとの交代でカシージャがピッチに入り、3度目の招集機会でスペイン代表デビューした[1]。89分にはトニ・クロースにミドルシュートで決勝点を決められ、このデビュー戦は0-1で敗れた[1]

プレースタイル[編集]

ハイボールに強く、守備陣より前でクロスを処理することも多い[1]。セービング技術に優れ、反射神経やローボールに対応できる柔軟性も持つ[1]

タイトル[編集]

レアル・マドリード

個人成績[編集]

  • 2015年8月4日現在[8]
クラブ シーズン リーグ カップ ヨーロッパ 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
RMカスティージャ 2005–06 4 0 0 0 0 0 4 0
2006–07 1 0 0 0 0 0 1 0
通算 5 0 0 0 0 0 5 0
エスパニョールB 2007–08 25 0 0 0 0 0 25 0
エスパニョール 2007–08 4 0 0 0 0 0 4 0
カディス 2008–09 35 0 0 0 0 0 35 0
2009–10 31 0 0 0 0 0 31 0
カディス通算 66 0 0 0 0 0 66 0
カルタヘナ 2010–11 35 0 0 0 0 0 35 0
エスパニョール 2011–12 16 0 5 0 0 0 21 0
2012–13 21 0 2 0 0 0 23 0
2013–14 37 0 4 0 0 0 31 0
2014–15 37 0 0 0 0 0 27 0
エスパニョール通算 115 0 11 0 0 0 126 0
レアル・マドリード 2015–16 0 0 0 0 0 0 0 0
キャリア通算 246 0 11 0 0 0 257 0

脚注[編集]