キズナ・ロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

KIZUNA ROAD(キズナ・ロード)は、新日本プロレスが主催するプロレス興行。また、同興行を扱うPPVの名称である。

概要[編集]

試合結果[編集]

2012年[編集]

KIZUNA ROAD
イベント詳細
シリーズ NJPW 40th anniversary Tour KIZUNA ROAD
主催 新日本プロレス
開催年月日 2012年7月22日
開催地 日本の旗 日本
山形県山形市
会場 山形市総合スポーツセンター
開始時刻 午後4時
試合数 全8試合
放送局 テレビ朝日
スカパー!プレミアムサービス(PPV)
入場者数 3,500人
イベント時系列
KIZUNA ROAD KIZUNA ROAD 2013
第1試合 20分1本勝負
キャプテン・ニュージャパン
タマ・トンガ
BUSHI
マキシモ
07分48秒
カリビアン・デス・クリップ
→体固め
YOSHI-HASHI
外道
邪道
石井智宏
第2試合 30分1本勝負
KUSHIDA
07分10秒
変形後方回転足折り固め
ロウ・キー
第3試合 60分1本勝負 ■ IWGPジュニアタッグ選手権試合
獣神サンダー・ライガー
タイガーマスク
(第32代王者組)
13分44秒
コントラクトキラー
→片エビ固め
ロッキー・ロメロ
アレックス・コズロフ
(挑戦者組)
※挑戦者組が第33代王者組となる
第4試合 時間無制限 ■ スペシャルイリミネーションマッチ
真壁刀義
永田裕志
プリンス・デヴィット
田口隆祐
16分46秒
ブラックアウト
→片エビ固め
鈴木みのる
ランス・アーチャー
TAKAみちのく
タイチ
【退場順】
  1. ○真壁(9分23秒 オーバー・ザ・トップロープ)タイチ●
  2. ○真壁(9分39秒 キングコングニードロップ→体固め)TAKA●
  3. ●真壁(10分41秒 オーバー・ザ・トップロープ)ランス○
  4. ●永田(14分15秒 両者オーバー・ザ・トップロープ)鈴木●
  5. ●デヴィット(15分41秒 オーバー・ザ・トップロープ)ランス○

第5試合 時間無制限1本勝負 ■ IWGPタッグ王座決定戦
天山広吉
小島聡
13分43秒
ラリアット
→片エビ固め
矢野通
飯塚高史
※天山&小島組が第60代王者組となる
第6試合 30分1本勝負 ■ スペシャルタッグマッチ
内藤哲也
カール・アンダーソン
15分30秒
スターダストプレス
→片エビ固め
オカダ・カズチカ
高橋裕二郎
第7試合 60分1本勝負 ■ ダブルメインイベントI IWGPインターコンチネンタル選手権試合
後藤洋央紀
(第3代王者)
16分50秒
ボマイェ
→片エビ固め
中邑真輔
(挑戦者)
※挑戦者が第4代王者となる
第8試合 60分1本勝負 ■ ダブルメインイベントII IWGPヘビー級選手権試合
棚橋弘至
(第58代王者)
26分15秒
ハイフライフロー
→片エビ固め
田中将斗
(挑戦者)
※王者が2度目の防衛に成功

2013年[編集]

KIZUNA ROAD 2013
イベント詳細
シリーズ 吉野家Presents KIZUNA ROAD 2013
主催 新日本プロレス
開催年月日 2013年7月20日
開催地 日本の旗 日本
秋田県秋田市
会場 秋田市立体育館
開始時刻 午後5時
試合数 全10試合
放送局 テレビ朝日
スカパー!プレミアムサービス(PPV)
ニコニコ動画(iPPV)
Ustream(iPPV)
入場者数 4,075人
イベント時系列
KIZUNA ROAD (2012) KIZUNA ROAD 2013 KIZUNA ROAD (2014)
第0試合 20分1本勝負
中西学
本間朋晃
タイガーマスク
KUSHIDA
08分53秒
上からドン!
→エビ固め
高橋裕二郎
YOSHI-HASHI
外道
邪道
第1試合 60分1本勝負 ■ IWGPジュニアタッグ選手権試合
ロッキー・ロメロ
アレックス・コズロフ
(第35代王者組)
17分27秒
コントラクトキラー
→片エビ固め
TAKAみちのく
タイチ
(挑戦者組)
※王者組が2度目の防衛に成功
第2試合 30分1本勝負 ■ スペシャルシングルマッチ
石井智宏 11分51秒
ゴッチ式パイルドライバー
→片エビ固め
鈴木みのる
第3試合 30分1本勝負 ■ IWGPタッグ選手権試合
天山広吉
小島聡
(第62代王者組)
10分19秒
ムーンサルトプレス
→片エビ固め
矢野通
飯塚高史
(挑戦者組)
※王者組が2度目の防衛に成功
第4試合 60分1本勝負 ■ NEVER無差別級選手権試合
田中将斗
(初代王者)
11分50秒
スライディングD
→片エビ固め
内藤哲也
(挑戦者)
※王者が4度目の防衛に成功
第5試合 60分1本勝負 ■ IWGPインターコンチネンタル選手権試合
ラ・ソンブラ
(第5代王者)
13分59秒
ボマイェ
→エビ固め
中邑真輔
(挑戦者)
※挑戦者が第6代王者となる
第6試合 30分1本勝負 ■ スペシャル8人タッグマッチ
棚橋弘至
真壁刀義
獣神サンダー・ライガー
キャプテン・ニュージャパン
12分07秒
ハイフライフロー
→片エビ固め
カール・アンダーソン
テリブレ
タマ・トンガ
バッドラック・ファレ
第7試合 30分1本勝負 ■ スペシャルシングルマッチ
後藤洋央紀 14分52秒
両者K.O.
柴田勝頼
第8試合 30分1本勝負 ■ 桜庭和志復帰戦
永田裕志 10分12秒
腕ひしぎ逆十字固め
桜庭和志
第9試合 60分1本勝負 ■ IWGPヘビー級選手権試合
オカダ・カズチカ
(第59代王者)
19分14秒
レインメーカー
→片エビ固め
プリンス・デヴィット
(挑戦者)
※王者が3度目の防衛に成功

2014年[編集]

KIZUNA ROAD 2014
イベント詳細
シリーズ KIZUNA ROAD 2014
主催 新日本プロレス
開催年月日 2014年7月13日
開催地 日本の旗 日本
福島県郡山市
会場 ビッグパレットふくしま
開始時刻 午後5時
試合数 全6試合
入場者数 2,500人(超満員札止め)
イベント時系列
KIZUNA ROAD (2013) KIZUNA ROAD 2014 KIZUNA ROAD (2015)
第1試合 20分1本勝負
小松洋平 07分48秒
ギターラ・デ・ムエルタ
→体固め
エル・デスペラード
第2試合 20分1本勝負
天山広吉
小島聡
本間朋晃
10分03秒
アナコンダバイス
永田裕志
中西学
キャプテン・ニュージャパン
第3試合 20分1本勝負
矢野通
ロッキー・ロメロ
アレックス・コズロフ
10分07秒
ゴッチ式パイルドライバー
→体固め
鈴木みのる
飯塚高史
TAKAみちのく
第4試合 30分1本勝負
真壁刀義
KUSHIDA
アレックス・シェリー
12分27秒
キングコングニードロップ
→片エビ固め
後藤洋央紀
田口隆祐
BUSHI
第5試合 30分1本勝負
棚橋弘至
獣神サンダー・ライガー
マスカラ・ドラダ
11分54秒
スターダストプレス
→片エビ固め
内藤哲也
タイガーマスク
フエゴ
第6試合 時間無制限スペシャルイリミネーションマッチ
中邑真輔
オカダ・カズチカ
石井智宏
YOSHI-HASHI
外道
25分44秒
ガンスタン
→体固め
バッドラック・ファレ
カール・アンダーソン
ドク・ギャローズ
高橋裕二郎
タマ・トンガ
※1人残りでBULLET CLUBの勝利

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 以前までのシリーズ名は「NEW JAPAN SOUL」。
  2. ^ 2013年1月4日(金)『レッスルキングダム7 in 東京ドーム』開催!! 今後のシリーズ&大会名も続々決定!!”. 新日本プロレス公式サイト. 2012年2月29日閲覧。

関連項目[編集]