キタシロサイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サンディエゴ動物園で飼育されていたキタシロサイの牡のアンガリフ(2014年12月に死亡)

キタシロサイ(北白犀、英表記:northern white rhinocerosまたは northern square-lipped rhinoceros、学名:Ceratotherium simum cottoni)は、シロサイの亜種である。亜種には2種あり、キタシロサイとミナミシロサイ (enである。

1970年代、酷い密猟により数を減らし、1990年代初頭には個体数が1000以下となる[1]。1990年代後半の内乱後、ほぼ姿を消し、2008年に野生絶滅となる[1]

2018年3月に最後のオス(スーダン)が死亡したが[2]、精子は冷凍保存され残っている[2]。その死によって、生存するキタシロサイの個体はスーダン自身の娘と孫にあたる2頭のメスのみとなった[2][3][4]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • ティム・フラック 『ENDANGERED 絶滅の危機にさらされた生き物たち』 青幻舎、2017年。ISBN 978-4-86152-640-4