キックフェイント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

キックフェイント(英: kick feint)は、サッカーにおけるドリブルフェイントの一種である。サッカーゲームなどではシュートキャンセルとも呼ばれる。キックフェイントはボディフェイントに近いものであり、キックモーションを守備者に見せ、あたかもボールを蹴るかのように見せる技である。キックフェイントには特に多用する選手がいるという事は無く、多くのプレイヤーに使用される。過去に、香川真司選手も過去にキックフェイントから得点している。[1]

また、この技の効果については、サッカーのフェイントについての論文によると「相手にシュートやパスの軌跡を予測させ,この軌跡を防ぐ姿形(重心移動)を取らせることで,時間的優位を生む」[2]と説明されている。

参考文献[編集]

1.サッカーキング 『香川が鋭いキックフェイントから今季3点目!…1ゴール1アシストで完勝に貢献』(2020年7月16日閲覧)

論文[編集]

2.高梨 克也、関根 和生『裏をかかなければならないわけではない -フェイント論的サッカー観への異論- Not Necessary to Outwit -An Alternative to Feint-centered View on Soccer-』P.3 表1(2020年7月11日閲覧)