キック アンド ラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キック アンド ラン
ジャンル スポーツゲーム
対応機種 アーケード (AC)
開発元 タイトー
発売元 タイトー
プログラマー 石指武
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア 業務用基板
(370.75キロバイト
稼働時期 INT 1986111986年11月
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU Z80 (@ 6 MHz)×2
MC68705 (@ 1 MHz)
Z80 (@ 4 MHz)
サウンド YM2203 (@ 3 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
256×224ピクセル
60.00Hz
パレット256色
テンプレートを表示

キック アンド ラン』 (Kick And Run) は、タイトーから1986年にリリースされたアーケードゲーム。ジャンルはスポーツゲームサッカーゲーム)。

1988年にはファミリーコンピュータ ディスクシステム用ソフトとして発売された他、アーケード版はPlayStation 2用ソフト『タイトーメモリーズII 上巻』(2007年)に収録されて発売された。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

8方向レバー、2ボタン(ボタンA、ボタンB)で自分のチームを操作。

後半戦で点数が同点になると、PK戦が行われる。これに勝利しないとゲームオーバーになる。

登場チーム[編集]

チームは全部で7チームが登場している。

JAPAN
当たり障りの無いチーム。
W.GERMANY
シュートスピードはピカイチ。
ITALY
キックアンドダッシュ!華麗な技を見せる。
ENGLAND
ハイパワーサッカー!元祖サッカー野郎。
BRAZIL
キープが抜群!ドリブルし、1人持っていく。
ALGENTINE
バランスの良いチーム。
U.S.A
フィールドのチーターと呼ぶ。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 キック アンド ラン 日本 198809131988年9月13日
ディスクシステム タイトー タイトー ディスクカード両面 TFD-KIC -
2 タイトーメモリーズII 上巻 日本 200701252007年1月25日
PlayStation 2 タイトー タイトー DVD-ROM SLPM-66649 - アーケード版の移植
3 エターナルヒッツ
タイトーメモリーズII 上巻
日本 200806262008年6月26日
PlayStation 2 タイトー タイトー DVD-ROM SLPM-55017 - 廉価版、アーケード版の移植

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通22/40点 (FC)[1]
Commodore User6/10点 (AC)[2]
ファミリーコンピュータMagazine14.60/25点 (FC)[3]
ユーゲー肯定的 (FC)[4]
ファミリーコンピュータ版
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計22点(満40点)となっている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.00 2.80 2.90 3.00 - 2.90 14.60
  • ゲーム誌『ユーゲー』では、「ボールを浮かせてからのオーバーヘッドや、センタリングに飛び込むダイビングヘッドなど、簡単操作で豪快なプレイを再現できた」、「当時はまだ珍しかった2人協力プレイも魅力」と評している[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b キックアンドラン まとめ [ファミコン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2016年12月30日閲覧。
  2. ^ Kick and Run for Arcade (1986)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2019年3月29日閲覧。
  3. ^ a b 「5月24日号特別付録 ファミコンディスクカード ゲームボーイ スーパーファミコン オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第10号、徳間書店、1991年5月24日、 83頁。
  4. ^ a b 北郷健「総力特集 フォーエバー DISK SYSTEM」『ユーゲー 2003 Vol.09』第7巻第18号、キルタイムコミュニケーション、2003年10月1日、 48頁、 雑誌17630-10。